150万円を越すテレビCMのクオリティーを約2/3の価格で

¥898,000から制作可能な格安動画で異業種からの信頼を獲得
詳細情報・お見積もり

3つの選ばれる理由

見込み客に響く動画を作成

美しいシーンより効果のあるCMを作成。大切なのはどのような結果を出すかです。キー局で流れている映像の多くは、企業にとって最適なものとは限りません。何故なら、芸能と動画業界の縛りにより多くの制限を受けているからです。それらの縛りを全て取り払うことに成功しました。これにより集客に繋がるCMを作成出来ます。クオリティーはハリウッド御用達の機器を使い、質感や雰囲気はきめ細やかで美しい仕上がりです。商品の紹介やストーリーのあるメッセージにはより深味のある内容を視聴者に与えられるでしょう。動画マーケティングを駆使し、最適な市場に効果的なシーンを届け他社よりも見込み客の関心を引きつけられるのです。シーンの中に自然と視線が向いてしまうような仕掛けを施し、つい見てしまうような作品作りを行っています。ですから、通常のCMよりも20%も効果の高いものが制作出来るのです。

人件費の削減で費用を格安に

格安で作れます。通常CMを作る場合には¥1,500,000以上の費用が必用です。費用の問題で多くの中小企業は製作を断念していました。そこで人件費を極力抑え、浮いた人件費を料金から差し引きし低価格を実現。下位のプランではソラノウエクリエイティブワークスのロゴ解除料金が必用ですが、このプランではロゴを解除致します。今まで費用が高く映像広告に乗り出せなかった中小企業の敷居を下げ、日本経済の活性化に貢献出来る筈です。テレビに流せるクオリティーを発揮し、CMとして十分使える使用になりました。WEB動画としてホームページやその他、SNSの広告動画としても現在は有効な手段です。ターゲットに響くチャンネルに効果的CMを流せる時代だからこそ、格安にて多くの企業が新しい市場開拓の大きな一歩に映像はなると確信しています。

ハリウッドレベルのクオリティー

大手の動画会社と同等のレベルでの納品が可能。映像の質感は会社のブランドイメージに大きく影響します。低いクオリティーの画質では企業の信頼を損なってしまうリスクがあるのです。ルイヴィトンなど大手海外ブランドなどはブランドイメージを守るために、美しい画質にこだわっています。会社のブランドはそ一瞬のイメージ、雰囲気に大きく影響しています。画質のクオリティーに妥協した瞬間に、65%の視聴者は二流のブランドイメージを持たれかねません。そこで高いクオリティーを発揮するために、¥750,000以上の映画専門のシネマカメラを導入。肌や商品の質感をハリウッドレベルで捉え、商品のブランドイメージを高めます。色合いの補正を行い、商品にマッチした高級感ある演出も可能。高額な商品や高級感を必要とするサービスに最適。どっしりとしたイメージで会社の揺るぎない信頼を構築します。

 
 

ターゲットに伝わる企画構成とシナリオ

見込み客が見たくなるシーンを作ります。そのために面白い企画を立てる必要があります。その中に自社のメッセージや商品の紹介を混ぜましょう。多くの反響を得られるはずです。

見込み客の視線を誘導する映像心理

映像の視覚効果を活用し、見た人の視線を離しません。2015年以降効果的な印象でなければ視聴者は映像を飛ばしてしまいます。記憶に残るシーン作りのため映像心理を活用しましょう。最後まで目を離さず、自社の商品のPRに繋げます。

見込み客の心を揺さぶる影響言語

商品を欲しいと感じさせる言葉作りをします。人は必ず言葉の影響を受けています。その言葉の影響を如何にして効果的にアプローチするかが大切です。商品価値、集客に繋げる場合にも同様です。

色彩補正で商品を魅力的に

商品の質感をよくする映像を作ります。商品のPRで一番大事なのは質感です。第一印象であるシーンで、印象を悪くしてしまっては商品を手にとってもらえません。商品の質感を最大限きれいに魅せるような質感調整を行います。

ハリウッドクオリティーで迫力を

シネマカメラと呼ばれる映画専門のカメラを活用し、キー局で流れるような大手動画会社と同等レベルの質感でCMを作る事が出来ます。ハリウッド映画のような質感で他のCMを圧倒出来るでしょう。

詳細情報・お見積もり

PAGE TOP