凡人が持っている才能とは

凡人だから出来ることがある


尖った才能がない君へ

全員が全員天才でいる必要があるのだろうか?
天才とはどんなものなのだろうか?

突き抜けた才能を持っている事が
どこまで大切なのだろうか。

そんなことを考えたことはないだろうか。
僕はずっと考えていた。
天才を嫉んでいたとも言えるだろう。

しかし、それは僕だけではないはず。
一握りの天才ばかりが脚光を浴びる姿を
見るのはとてもつらい。

何故なら、僕らもひとしきり頑張っているからだ。
頑張っているが、天才的な何かが足りない。
そんな君にも出来ることがあるのではないか。

そう思ったのです。

凡人力を鍛える

凡人が持っている才能とは
それなりに様々な仕事に対応できるマルチパワーなのではないか。

その力を底上げしていくことが
大切なのではないか。

人並み以上の力をそれぞれの方面でマルチに
展開するのがポイントなのだと思う。

周囲の人よりも少しだけ優れている事が
ポイントになってくる。

そして次ぎなるライバルを見付け
次のライバルを越えるように行動し続けるしかない。

関連記事

調べる技術
映像クリエイター向け営業戦略

関連記事

  1. 不安商法に立ち向かう方法

  2. 映像クリエイター向け営業戦略〜一般向の企業向け〜

  3. 社内で動画制作を内製化するときのカメラ選びで一眼系のカメラをすすめしな…

  4. センスを磨く方法

  5. ダビンチリゾルブでステレオ音声をモノラル2本に分ける方法

  6. クリエイターの成功速度について考える

  7. HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

  8. 苦手を克服してきて分かったこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。