フレームレートって何?

フレームレートってよく分からないって質問があったので回答します。

動画は連続した写真で出来ていた

動画は静止画を連続して再生させるで動画にしています。
パラパラ漫画の原理と同じです。

なので、動画には何枚の静止画を
1秒間に撮ることにしますか?
という設定があるのです。

フレームレートは1秒間のパラパラ漫画の原画枚数

フレームレートは1秒間に何枚フレームを入れるかの設定です。
多ければ、よりヌルヌルした動きを体験できます。

高フレームレートのメリット

・スローでも使える。
高フレームレートのメリットは動画を後で
スローモーションにしたいときにも自然な映像になります。

・手ブレをごまかせる
高フレームレートの動画は
ゆっくり再生させることで
手ブレのある映像を誤魔化しながらオシャレにさせる技があります。

ウエディング系の映像は60Pで撮影し
ゆっくり再生させることで手ブレを誤魔化し
オシャレ雰囲気を出せる技として重宝しています。

・コマ飛びしない
スポーツなどの動きの速い被写体の場合は
低フレームレートの場合、コマ飛びを起こしやすくなります。

コマ飛びとは前の1枚と
次ぎの1枚の動きの差が大きく、漫画のようになってしまう現象です。

高フレームレートのデメリット

・データ量が膨大になりやすい。
1秒に入る情報量が増えるので当然です。
低容量のメディアを使用している場合、撮影時間が短くなります。

・使用出来るメディアが限られる
本来はカメラの仕様となっている部分もありますが
メディアの読み込み速度
書き込み速度の仕様を確認する必要があります。

求められている仕様よりも低い場合
駒落ちした素材になったり
カメラ側がエラーを吐き出す原因になります。

しっかりとメディアの規格を確認しましょう。

オススメのフレームレート設定

オススメのフレームレート1
29.97 or 30P

10%ダウンまで使える

オススメのフレームレート2
60P

30%ダウンまで使える

この辺りがスタンダードでオススメです。
24fpsの場合スロー処理がほぼ使えないので
内容が確定してい撮影の場合は避けた方が良いでしょう。

関連記事

  1. 映像制作向けデスクトップとラップトップどっちが良いの問題

  2. Canon EOS 5Dmk3の電源の入れ方

  3. Canon EOS 5D mk3の撮影モードの変更、操作方法の解説

  4. Canon EOS 5D mk3の表示内容の解説

  5. 何で、カメラのISO下げて撮れっていつも怒るの?

  6. Canon 5Dmk3 ホワイトバランスの設定

  7. トラブルシューティングの方法

  8. マイクの指向性とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP