不安が胸を締め付ける時は

クリエイターという不安定な仕事をしていると
時々不安が胸を締め付けてくることがあります。

そんな時の対処法について考えたいと思います。

この世は不安がいっぱい

不安が消えることはありません。
クリエイターには様々な不安があります。

・仕事の失敗による不安
・重責によるプレッシャー
・システム化への不安
・生活の不安
・未来への不安
・体力低下への不安
・若手クリエイターへの不安
・子どもや両親、家族の不安

クリエイターではなくても感じる不安かもしれません。
しかしクリエイター職はこれらの不安をより強く受けやすい環境にあると感じています。

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス

クリエイターは自由率が高い

クリエイターはクリエイターとしてのオンリーワンの仕事が多いため
会社に属していない人が多いのではないでしょうか。

会社に属していても作り出すものは、常に新しさは驚きなど
既存のルーティーンワークをするだけでは満足を作り出すことが難しく
常に神経を磨り減らしているため、不安を感じることが多いと思います。

自由業であれば、会社に属しているわけではないので常に収入が不安定です。
太いつながりがあったとしても、毎月一定の収入があるわけではありません。

不安的な収入は先行きを読みづらくし、不安を増大させます。
不安が継続的に続いてしまうと、心身に影響を及ぼし仕事のパフォーマンスも低下してしまうので
注意しなければなりません。

才能が感じられない時どうすればいいのか、解決までの3ステップ

仕事の重責や失敗という不安

クリエイターは仕事において少なからず挑戦の要素が含まれています。
クライアントを喜ばせるためにどのような要素がいいのかを考えています。
そのため、そのアイデアが時には奇抜であったり、難易度を高めることも少なくありません。

そのため仕事が始まる前から失敗する可能性が高い方の仕事だと言えます。
これらの不安と常に闘っていく必要があり、不安に押し潰されないようにしていく必要があります。

仕事の不安は、自分のスキルを高め自信に変えることで解消することができます。
確実にできるようになったことについてめを向けてみるのが良いでしょう。

常に挑戦をしているのであれば必ず成長しています。
表面化されていないスキルを振り返ることで表面化し確認していくのが大切です。

とはいえ、プロジェクト中に成長が見込めない場合も考えられます。
そんな時は技術的な相談ができる友人や先輩
後輩を持つように努力するのも不安を解消する手立てだと思います。

技術は多種多様です。
全ての面をカバー出来ている人はいません。
それぞれの面で専門分野の示唆が得られるような人がいると
理想的だと思います。

クリエイターが落ち込む時の対処法

システム化、若手クリエイターの登場による不安

クリエイターは二つの面で闘っていかなければなりません。
今まで手作業でやっていた技術はシステムのサポートや
テンプレートによる簡易化がされるようになりました。

そのため、今まで持っていた技術がシステムによって
全て誰でもできる状況になることもあります。
※クライアント目線では同じように見える

システムの進化による不安はこれから生活していくという面で
楽になるという一方、価格競争やライバルとの激化による
不安に晒されることになります。

若手クリエイターの登場も同様です。
年齢の違いはクリエイティブの仕事にとって大きな影響を受けません。
若い人には未来というアドバンテージがあり、クライアント側にも若さ特有の期待値があります。

そして成長の早さについても恐怖を感じることはないでしょうか。
彼らの成長速度を垣間見た時にすぐに追い抜かれてしまうような危機感や
彼らのような若手が毎年のように現れて、市場が激化していくことを考えると
ぞっとするといったような不安です。

これらの不安は、自分と対峙するしかありません。
冷静に分析する力が大切だと考えます。

クリエイティブだけが仕事ではありません。
関わり方やコミュニケーションも仕事においては重要な評価基準です。

今まで築き上げてきた信頼関係もあなたが持っている資産になるはずです。
これらを客観的に冷静に、現状の自分を評価し
思いのほか多くのもを持っていることを再認識することでこれらの不安と闘っていきましょう。

凡人のための基本戦略

生活や家族、未来の不安

不安定な収入が未来を不鮮明にします。
計画を立てづらいというのは不安を募らせます。

収入の不安定さが生活や家族、未来の根源ではないでしょうか。
安定した収入源を確保すると安直な回答がトートロジーになっていることは理解しています。

ですから、まずは収支を支出を抑えていくのが大切だと思います。
収入の不安定さは支出の量に影響してくると感じています。
支出が少ないということは、長期的な戦略を練ることができます。

計画を立てることができれば、未来に希望を持つことができます。
希望があれば不安に打ち勝つこともできるでしょう。

計画の中でアクションを起こすことが出来れば
抱え続けるような不安は少なくなります。

諦めかけたその時、何をすれば良いか

体力の不安

一定の年齢を越えてくると体力の不安が出てくるようになります。
体力の衰えは、未来同じように働けるか。
無理が利くかなど不安が湧いてきます。

今までの働き方では通用しなくなるという不安は
代替が難しい作業のクリエイターにとっては不安のもとだと思います。

体力の不安には働き方をどのようにシフトすべきかを
明確にしていくしかありません。

体力の衰えは確実にやってきます。
全盛期の体力を取り戻すのは難しく、いかにパフォーマンスを保つかが焦点です。

体力の不安には、計画とパフォーマンス維持の側面を日々意識して
行動する必要があるでしょう。

不安が胸を締め付ける時は

不安が胸を締め付ける時はどんな不安かを分類するのが大切です。
不安はどんな不安か分からないで不安になっている可能性があります。
不安の原因が見えてくればできることが見えて来ます。

そこから考えたり、行動したりすることで
不安は解消できるのではと思います。

それでも不安が解消出来ないと思うのならば
誰かにまずは心情を打ち明け
気持ちをすっきりさせることが大切なのではないでしょうか。

ストレスを操るメンタル強化術

関連記事

  1. 動画クリエイター向けアイケア/TERASOブルーライトカットメガネレビ…

  2. マイクの指向性とは

  3. Youtuber系動画編集者生き残れるのか

  4. DaVinciresolveのノイズリダクションが凄い件

  5. クリエイター向け、パソコンの性能を知る方法

  6. 動画クリエイター向け自分の弱さとの戦い方

  7. 動画クリエイター向けクレクレ君対処法

  8. 撮影した動画を美白にする方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP