クリエイターとして苦しい時をどう乗り越えてきたか

クリエイターとしてやってくる壁の参考になるのでは?

苦しい時

辛い事っていっぱいある。
だけど、どうにか乗り越えていくことが素晴らしい。
その方法は人それぞれだと感じた。

ポジティブになる

ポジティブになるのはとても大事だと思う。
ネガティブになってしまうと全ての
状況が悪く見えてしまうだろうから

その状況を越えて
ポジティブになり視野を広げる事で
新しい展開を作る事が出来る

周囲に愛される

周囲の人に愛されるように
行動するのが一番大切かもしれない。

損得だけで生きていこうとすると
苦しくなったときに
助けの手を貸して貰えない

だからこそ
常に愛される人であろう。

乗り越えた先を想像してみる

苦しい時こそ、成長の機会であり
自分のステップアップのために必要な事なのだ。
だからこそ、そこへ挑み成功を勝ち取ろう。

苦しい時を乗り越える
モチベーションの一つになるだろう。

人生の主人公になろう

漫画の主人公が一番輝くのはピンチの時だ。
苦境こそが人を輝かすのだから。

君は人生の主人公になっているだろうか。
今君が人生の主人公ならば
きっと漫画のような展開が

この後にやって来て
最高に格好いい
ハッピーエンドがやって来るだろう。

その物語を今作っていると
思えば、楽しくなってこないか。

関連記事
動画クリエイターとして生きて行く

関連記事

  1. スマートな社会が成功を阻んでいる

  2. 「強みを伸ばす」説はスタートアップの段階では嘘

  3. カメラを止めるなに学ぶ成功法則

  4. 法人向け営業戦略

  5. オンライン動画配信、自宅収録のオススメ機材

  6. 効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

  7. Canon 5Dmk3 ホワイトバランスの設定

  8. お客様ファーストを動画クリエイター視点で考える。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP