Macbookpro16が素晴らしい件

Appleの本気を感じました。

プロ向けに動き出したMac

今回の大型アップデートによってMacの本気を感じました。
それはGPUの大幅な進化です。

動画クリエイター市場を意識してか
CPUのスペックアップよりもGPUのスペックアップに
力を注いだのはAppleの英断と言っても過言ではありません。

そしてSSDが512GBベースとなりハイクラスのベースが
1TBとなっているのも次の時代の動きを捉えた
選択モデルとなっていると言えます。

動画を編集する人口増加を予想した動き

今までのAppleは最新のIntelCPUを導入することに
力を入れていました。

これは以前の開発ベースと製品スペックの発表を見れば分かる事です。
何故なら、AppleはIntelの
最新CPUを発表の時に発信しいてる流れがあったからです。

しかしMacbookpro16は最新のCPUよりも
最新のGPUを優先的に入れ込む事を大事にしたようです。

何故なら、CPUのクロックアップよりもGPUのコア、メモリ量の方が
クリエイティブ系のソフトを使う際に大きな影響を与えるからです。

得に動画編集ソフトはGPUの能力が重要になってきます。
動画の処理はGPUの処理機能が高ければ高いほどもたれずに機能します。

動画クリエイターが増えている証拠

YouTuberの台頭や拡大しつづける
動画コンテンツ市場に合わせた
動画クリエイターの増加に対する
Apple側の戦略ととっても良いでしょう。

そしてこれからも
動画クリエイターが増えるという証拠でもあります。

それはこれからも同業者が増え続けるという
リスクを考えなければなりません。

これからクリエイターを目指す人にとっては
とても有用なMacになっていることは間違いありませんが
その分、ライバルとの競争になっていることも
計算する必要があるでしょう。

過去を一瞬でレガシー化した16インチ

今回のMacbookpro16は2019年モデルから
大きな進歩をし過ぎて2019年以前のモデルを
全て陳腐化してしまいました。

陳腐化の最大の理由は
コストパフォーマンスの高さです。

性能とコストのパフォーマンスが非常に高い。

2019年のハイスペックCTOモデル
50万近くだったMacが
35万円前後で買えてしまうのです。

非常にコスパが高く
買い換えにも非常によい製品になっている点です。

多くの人がキーボードや画面サイズに
気を取られているようですが

何よりもスペックのコスパの良さに
注目すべきなのではと私は感じました。

関連記事

目利きになり説明する力
カメラを止めるなに学ぶ成功法則

関連記事

  1. 効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

  2. Canon EOS 5D mk3の撮影モードの変更、操作方法の解説

  3. ダビンチリゾルブの導入前、導入後のデメリットを考える

  4. 動画ディレクターになるために必要なこと

  5. 動画クリエイター向け コンプレッサーってどう使うの?

  6. Canon EOS 5D mk3の表示内容の解説

  7. ストーリーはもう古い、新しい物語の活かし方

  8. ビデオ用のレコーダーの最適なセットアップとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP