「強みを伸ばす」説はスタートアップの段階では嘘

強みを伸ばすのは後でいい

初動で強みを伸ばすのは無駄

残念ですが、初動で強みを伸ばすのは無駄です。

何故ならあなたがスタートアップで一人ならば
事業の推進の全てを
あなたが担っているからです。

結論ですが、その時あなたの苦手な部分が
必ず事業の推進部分の弱点でありボトルネックに
なるでしょう。

制約理論

制約理論とはボトルネックと
同義の意味で扱われますが

一ヶ所弱点となっていれば
そこが事業の一番の足かせとなり

良い部分を伸ばすよりも
弱点部分の改善をした方が
全体の効率があがるというものです。

強みを伸ばす嘘の真実

強みを伸ばす状態とは全てのフローがある一定以上
回るようになってから使うべき手でです。

1億総クリエイター時代に
特別なオリジナリティーを打ち出せるのは
1%程度でしょう。

強みを伸ばして成果が出せるのは
結果と信頼あってのもの

殆どの人は競合としのぎを削るための
行動をとるべきです。

それはまず弱点を少なくしていくこと
そして最低限事業が回る程度の行動が
出来る様になることです。

関連記事

カメラを止めるなに学ぶ成功法則
無料動画編集ソフトの決定版が決まった件

関連記事

  1. 効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

  2. オンライン動画配信、自宅収録のオススメ機材

  3. カメラマンの新しいメリットを発見

  4. クリエイターとして苦しい時をどう乗り越えてきたか

  5. 撮影した動画を美白にする方法

  6. ビデオ用のレコーダーの最適なセットアップとは

  7. 既成概念どんでん返し ストーリーの作り方

  8. 怒る時に気を付けること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP