テンプレートの新しい活かし方

テンプレートを使えば上手くいくとか嘘じゃないですか?

テンプレートを買った失敗談

当時コミュニケーションをとるのが苦手だった私は、そういったネットにあるノウハウやツールを買っていたことがありました。
自分で営業をしなければと思っていた頃で、しかし営業ってどんなことをすれば良いかもわからず、そもそも普通に人と喋れてなくない?
みたいな状況でどんな話をすれば良いのか皆目見当もつなかい時でした。
ネットで情報を漁っていると、そういったノウハウやテクニックが転がっていたのです。

「これに当てはめれば、必ず上手く行く」そんな触れ込みだったと思います。
・80%以上の人が耳を傾けるトークスプリプト
・質問しなくてもいい。質問される方法10選
・コミュ障流の質問をされるテクニック構築術

滅茶苦茶困っていたのもあり、ついポチりとしてしまいました。
PDFと動画講座のセットになっているその商品は、聞いてる時は絶対上手く行くというような感じでした。
まとまっているし、ボリュームもありましたし。何となく新しい発見もありわくわくとした満足感は非常にあったと思います。

しかしダメでした。
フレームワーク状になっているテンプレートを活用しようとしたのですが、上手く行きませんでした。
実際は、人と対面するとその人の性格や話し方の雰囲気からテンプレートに当てはまっていないと感じてしまい、スクリプト上に話を運べず挫折。
あれ? どうやって応用して使えばいいの? みたいな感じになってしまったのです。

テンプレートの弱点

テンプレートって凄く勝手がいいのですが、その分応用するには難しいという難点があります。
その原因が分かりました。
それは、本質を理解せずにテクニックなフレームワークに頼っていたからでした。
フレームだよりになると、応用が出来ません。
ちょっと違うことでも全然違うようなことに思えてしまい、使い方のイメージに落とし込みが出来なくなっていたのです。

テンプレートの新しい活用方法

テンプレートはそのノウハウの概念を理解するためのツール。
幾つかのパターンでテンプレートを活用することでその概念の本質が理解出来ませんか。
私はそう思いました。

テンプレートの良さは効率的に全体を捉えて、当てはめることで全体のフローを理解するのに最適なのではと思います。
多くの人に使ってもらうには、どんな状況にも当てはまるようにしなければなりません。
そのために、概念を枠組み化し落とし込む必要があるなと気付きました。

なのでテンプレートを活用するのは、使うのではなく理解のために活かすのが良いのでは。
そしてその先に実際に使うという流れで捉えていくのが良いのではと思いました。

関連記事

  1. どんでん返しの作り方/構造について

  2. 栃木の動画制作ならソラノウエクリエイティブワークス

  3. インタビュー撮影で恥をかかないコツ

  4. BlackmagicDesign URSA Mini4.6Kの導入

  5. プロジェクトXに学ぶ感動ストーリーの作り方

  6. 口コミマーケティングを活用する方法

  7. 物語の構成、起承転結の作り方

  8. ユーチューブCMを解析し、使える広告に。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP