ネガティブになってしまう君へ

ネガティブになって落ち込んでしまう時
寝てないんじゃないんですか?

睡眠不足になるとネガティブになる

個人的な経験感ですけど
寝てないとネガティブになりませんか?

そのネガティブは寝ることで解決します。

勘違いネガティブ

睡眠不足や短時間睡眠を分割でしている人。
深夜まで起きてしまってそれが当たり前になってしまってる人いませんか?

そんな生活の中で、つい意識がネガティブになっている時
それは本質な問題に対するネガティブではなく

睡眠不足による身体的ダメージからくるネガティブ感情かもしれません。
このネガティブな気持ちを信じてしまうと、空回りを始めて後悔し

本当のトラブルを巻き起こしかねません。
それを回避しましょう。

まず寝てみる

まず寝てみる。
強制就寝です。

全てを忘れて寝ましょう。
不安で眠れない場合は、睡眠不足から来るネガティブではないです。
それは不安連鎖のネガティブです。

まず寝てみるはこの二つのネガティブ思考の要素を分離できるので
オススメです。

睡眠不足ならばすぐ眠れるはずです。
そして十分に回復した状態で同じ事を考えてみましょう。
「なんとかなりそう」と思えたら、改善している証拠です。

不安連鎖からくるネガティブは
根本的な不安に対してアプローチする必要があります。

睡眠不足は不安から連鎖しているので不安が解消されれば
睡眠不足も解決へと向かっていくでしょう。

不安は、物事を具体化出来ていない場合に起こります。
想像から来る不安は客観的な物事の分離を行い整理すると小さくなります。

小さくなった問題を行動で以てアプローチすることで
大きな変化を得られるでしょう。

まずは寝てみるだけで色々分かるのでやってみてください。

関連記事

  1. ある一定の解決について

  2. 映像制作のバイトで重宝される人とそうでない人の違い

  3. 脳内マルチタスクがヤバい

  4. 失敗した方が得

  5. 手早く成功するために当たりを付けて考える

  6. 効率の良い学習方法は環境を変えることだった。

  7. たいして凄くない自分です。

  8. 正しいがむしゃらの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP