1月ラジオオフトーク

今月のオフトークは情報過多な時代に情報を見極める
といった話しをしていました。

今月のオフトークはその続きです。

本編ラジオはこちら

http://radikita.tokyo-oji.jp

負担倍増の時代

情報過多でおこる現象はシンプルに自分のやるべき事が増えたということです。
そして正しい、正しくないといった精度も不鮮明になり

一つ一つを消化するためには自身で学び、知識を深めアップデートをしながら
善し悪しを決めなければならず情報を受け取った後の方に負担が大きくなり
心身が重くなるという状況になりました。

負担軽減の方法

このような状況で誰しも本能的にやってしまいがちなのが
これらの処理や思考が面倒だから、もっと単純(考えず)に情報を受け取る方法として
「お金」がありました。有料の情報は優良である。

お金を払っているのだから、精度の高い情報だ。
そのような意識が働いてしまいますが現在はかなり曖昧な状況になっていると言えます。

優良な情報も無料で発信されていますし
有料な情報に間違いがないかと言われるとそうでもなく
詐欺的なものも横行しているため一つ一つを正しいとするには
自身で慎重に判断する必要が出てきています。

もう一つの判断方法として
人としての信頼関係による信頼で情報を受け取るという方法です。

何か信頼できる要素があり、その人を慕っている。
尊敬している場合、その人からもたらされる情報は価値があると断定してしまうことです。

信頼しているので、考える必要がなく
手っ取り早く受け入れられるため
脳のカロリーを消費せず
脳としては楽できると思う方法です。

ですが注意点も十分にあるので盲信するのは避けた方が良いと思います。

信頼できる人だから情報も信頼できるというものです。
極端な言い方をすれば宗教的な側面があると言えなくありません。

その人の一言が絶対であるような関係性であるとすれば
それは宗教的と言えると思います。

この状況は宗教だけでなく、オンラインサロンやコミュニティでも言えます。
カリスマ性があり信じ切ってしまうと全ての発言が正しく思えてしまうのは分かります。
自分自身が不安で救いの手を差し伸べてくれる人の言葉は信じたくなります。

ですが、その人も人間であることを忘れないでください。
完璧ではないですし全てに精通しているわけではありません。

その人の得意領域以外の発言は、精度が極端に落ちるという前提で
客観的に捉えるのが大切です。

軽減負担の方法は
情報過多の時代には損や失敗に繋がると言えます。

ですので楽が出来なくなった時代に突入すると感じています。

この先の未来について

多くの人が楽をしたいと思う中、情報を探すと思いますが
情報過多な時代ではそれがより心身の負担を増大させる未来になると予想できます。

そして楽をするために信頼できる人の情報を「正しい」と受け止め
閉鎖的コミュニティの情報の方が価値が高いものになっていくのではと思います。

すると数十年前の村的な意識が強くなり自身の判断による
情報隔絶が起こるのではないでしょうか。

となると生き残るには自身で動き情報を集め判断する
一人一人の情報サバイバル術が必要になると感じています。

関連記事

  1. 失敗した方が得

  2. 睡眠をとった方が働ける

  3. 【ウィルスの生存戦略】ラジオ11月オフトーク

  4. セットアップは大切です

  5. ジャーナリズムはクリエイティブだ。

  6. ファーストステップで躓いてしまう時は

  7. 最速で成功したいと思う人が陥る罠

  8. 印象戦略のメリットデメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP