この世界のもっとも複雑で簡単な問題への解答

この世界のもっとも複雑で簡単な問題への解答

どうして社会がこんなに混乱してしまうのか。
多分その答えがここにあると思います。

問題の結論

この世界をもっとも複雑にしている問題への回答
結論、他者を理解するのを簡単にしたいという意識を排除すること。
これがもっともシンプルな結論だと思います。

この世界をもっとも複雑にしている問題は
他人を簡単に理解したいという脳の構造や意識です。
他人を自分に置きかえてみてください。

自分の人生を簡単に表現できる人はいるでしょうか。
多分いないでしょう。

簡単に表現できる人は、部分を要約し
削り落としているにすぎません。

本来、生活している中で感じる
様々な感情や情報があってそれをその人が見ている視点で判断し
答えを出しているプロセスがあります。

その人が持つ答えも常に変化しています。
だから最初にいっていたことが変化することは多々あるはずです。

しかし、その変化を許容すると受け手はその人のことが分からなくなります。
理由は簡単です。その人のことを知らないからです。

これが全ての問題で全ての答えだと思います。

Youtuber系動画編集者生き残れるのか

社会の混乱の原因

社会の混乱の原因は、脳が処理できないほどの人数に
常時触れられるようになってしまったこと。
ひとりひとりの意見に価値ができてしまったことです。

もちろん反対の良い面も存在しますが良い面については割愛します。

インターネットやスマートフォンを誰もが持つことで
数千、数万の人と接することが可能なりました。

しかし人は時間の中で生きています。
沢山の人に触れられるということは
一人当たりに関係できる時間を分割しなければならないことを忘れてはいけません。

24時間の中でどのように時間を分配していくか。
著名人の何人もが、現在人が持つ資産は「時間」だということを言っています。
いま時間の取り合いを様々なサービスが行いシェア率が価値となっています。

数千、数万の人と接し続けるためには
効率的に人を判断する必要があります。
そのために、人はどうするのか。

関わる人をキャラクター化しラベル付けを行います。

ラジオオフトーク コメント社会の闇

他人をキャラクター化する要素

他人をキャラクター化するのに用いられる要素はその人の「思考」「性格」です。
思考や性格はその人が発する言葉によってラベル化されていきます。

他人をキャラクター化することは、脳にとっては大切です。
生きるためには自分が考えて判断する余裕を作っておく必要があります。
結局のところ、自分の生死は自分の生活です。

プライオリティー(優先順位)は自分の生活に直接関わる人(対面する関係性)が上位にあり
自分の生活に良い影響を与えてくれる人が次段に存在しています。

8月ラジオオフトーク【フォートナイト紛争は戦争の始まり?】

人の情報を間引きするプロセス

データを間引きするためには
その人の経験や経緯を排除し、結論の言葉だけにフォーカスします。
そして、言葉と言葉を繋いで概ねどんな性格の人間なのかと勝手にカテゴライズします。

人はどんな人にもこの効率化を行っていて
カテゴライズしています。
問題は、このカテゴライズが完了してしまうと修正をしたがらないのです。

理由は簡単です。再びその人のカテゴリーを当てはめ直すには
その人の生い立ちを振り返り、どんな考えの変遷を辿ってきたのかを調べなければならないからです。

そんなの脳にとっては全くプラスになりません。
その人を理解するために膨大なデータを叩き込み
自分の意志をもって判断を下さなければならないからです。

データが増えれば増えるほどカテゴリーするのは難しくなります。
投じるコストに対して結果が見合わないことを脳は知っています。
だから、面倒がり変更していくことを拒みます。

それが意識にも反映されます。

自分の気持ちに置きかえてみる

自分自身を自分で理解できている人っていますか?
その多くがいないと思います。
理由は自分の人生が他から比べれば凡庸かもしれないけれど
沢山の経験の中で色々な感情が湧いて揺れ動いているからではないでしょうか。

常に揺れ動いている中でその時の考えや気持ちがあり
色々な人と会話していると思います。

だからこそ、そんな一言で言い表せるような人間ではないと思っていませんか。

ひとりひとりの人生があるので簡単ではないのです。
でも、他人についてはものすごく簡単に捉えたいと思っています。

自分の人生が自分にとっては一番大変だからです。

特殊詐欺に注意の話し【ラジオオフトーク】

他者を理解することはできない

理解できないからこそ、歩み寄り理解し続けようという
配慮を意識し続けるのが大切です。

数千、数万の人に触れる機会が増えたことで
ラベル化のタイミングが早くなりました。

より簡潔に、よりシンプルに漫画の登場人物みたいに
自分の意志は一切曲がらないそんな人間だと思いたいのです。

その人のごく一面を見て
こんな人というキャラクターづけを行い処理していきます。

社会の混乱の原因は、ラベル化のタイミングが早くなったこと、
脳のキャパシティーを抑えるために一言で表現できるキャラクター化で
判断するようになったために柔軟性を失ったことです。

そのためその人が思っているカテゴリーから外れた発言一言で、
その人の人格が分からなくなりショックや
裏切られた気持ちでネガティブな感情が支配されてしまう。

背景の延長化

もう一つ社会の混乱を招いている原因は背景が延長しすぎてしまったことだと思います。
一人一人の考えや発言は、社会の影響を受けています。
その社会的背景が複雑化し長くなりすぎたことで発言の意図を特定できなくなっている点です。
様々な組織の政治的な動きや意図を持った発言の介入も含めて情報の整理が難しくなっている点も

自分のカテゴリー化されたキャラクターの逸脱を優先してしまう原因かもしれません。

楽をしすぎたことで自分自身を苦しめている

人を理解することを楽しようとしたことで
社会が混乱し自分自身の生活がより苦しくなっていると思います。
他人を理解することは簡単ではありません。

大切な人との関わり思い返せば
それを思い返せるのではないでしょうか。

だからこそ、関係性の遠い人でも勝手にキャラクター化して
判断をし過ぎないこと。
複数の同調意見の影響を受けすぎないことが大切だと思います。

関連記事

  1. 私の挫折体験 自転車に乗れなかった編

  2. お酒を飲まないという節約術ってありですか

  3. 現代の錬金術からみる時代の流れ【ラジオ10月オフトーク】

  4. 2020年あけましておめでとうございます。

  5. 最近の配信方法について

  6. 特殊詐欺に注意の話し【ラジオオフトーク】

  7. クリエイティブスペース訪問 旅する動画プロデューサーあさひさん

  8. 辛いことにどう向き合うべきか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP