尊敬している先輩の話

尊敬出来る人に出会えて幸せです。

絶望の淵で救われた

その先輩とは追い詰められた時に出会いました。
何もかもが上手く行かなかった時に、偶然の紹介で出会ったのです。

原因は全部自分の問題だったのですが
問題すら気付けずに追い詰められていた時に出会いました。

正直何も出来ていない僕に正面から誠実に色々教えて貰ったので
本当に心が救われました。

まずは与える精神

利他の心というべき精神をその先輩は体現している事に感銘を受けました。
その時の僕は本当に業界の事など何も知らない無知で無謀や人間でした。
そんな僕に真摯に接してもらい時給を払ってまで教えてくれました。

まずは自分から与えていく。
僕はその先輩から与えられて本当に救われた。

なにで僕も多くのことは出来ないけれど与える人でありたい。
そんな先輩のようになりたい。
今できる事は少ないけれど
与えられる物は誰かに届けていきたいと思ってる。

何も出来ない自分

当たり前のビジネスマナーすら知らない状況でした。
何が正しいかも分からない。
身勝手な思い込みだけで生きてきたので
名刺やメールの作法すら知らなかった。

クライアントワークなんてものも知らず、
「良い動画が作れれば何でも良いだろう」
くらいの甘い考えを持っていました。

結局、そんな状況では全く上手くいかず
首が絞まっていく感覚を味わいました。

勘違い野郎、口だけ野郎だなと
自分が嫌になりました。

人生から逃げ出したい時に出会ったのが
先輩なのです。

大きな後悔も自分の成長のためだった

苦痛を味あわなければ、成長しない。
優しくはありたいですが、失敗や痛みがなければ
人は大きな成長が得られないのも事実だと感じました。

今は全てのことにありがたいと思えるようになりました。
まだまだ日々自分の足りない部分に
目がいって反省はしてます。

しかし成長するためには、大きな精神的きっかけが不可欠です。
もしかしたらそういったきっかけを与えるのも
使命なのかもしれないと最近思いました。

関連記事

  1. 楽しさが分からない時は

  2. 私の挫折体験 幼稚園失神事件編

  3. ジャーナリズムはクリエイティブだ。

  4. 丸の内で撮影してきました。

  5. 成功者が隠していること

  6. 宣伝会議賞2次選考を通過しました

  7. Davinchiresolve16が発表されました。

  8. 体調を崩しまして

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP