最終的に勝てばいい【リアルストーリーで生きて行く】

負けが込んで前に進めない時ってありますよね。

負けてもいいじゃないか

漫画やアニメと違って、勝率は低いものです。
一回の大勝ちが目立つから他の失敗が目立たないだけです。

大抵は負けます。
どんな負けかは色々あると思います。

大敗してしまうこともあるでしょう。

それでも、最終的に勝ちと言えるのなら今日の負けは
相手にくれてやりましょう。

勝つ為には負けることも必要

負けを知らずして勝つことはありません。

多くの人は負けない方法を求めてしまいます。
色々やってみて見えて来たものは
負けてみないと勝ちへの道筋が見えて来ないという事でした。

僕は不器用だからかもしれません。
相手の動きだけを見て失敗を避けられるほど
ラーニング力は高くないのだと思います。

自分の中でやって上手く行かないという状況にならなければ
光明に気付けないほど鈍感なのです。

そういった泥臭い人間なので、ある程度の失敗は許容するようになりました。
失敗してそこから見えて来たものを活かしていこうと。

なので大なり小さいなり、失敗をしています。
小さな事を考えればほぼ毎日レベルで失敗をしています。
頭を悩ませています。

それでも次ぎは勝てると信じて新しい試みをやってみたり
アプローチを変えてみたりするのです。

負けた時の気持ちが大切

負けて悔しい。負けて悲しい。
この気持ちを感じられるのはあるいみ幸せかもしれません。

何故なら、この憤りや失望感が想像力になるからです。
この想像力は誰かに優しくなる力になります。

辛い時に優しく出来るのは、単純な優しさよりも
辛さを知っている者だから共有できる
心遣いの方が沁みたりします。

負けて得られる良いことだなと思いました。

関連記事

  1. 手早く成功するために当たりを付けて考える

  2. 音楽作りのポイント、大事にしていること

  3. 東京都北区で動画を依頼したいのならソラノウエクリエイティブワークスに

  4. 私の挫折体験 幼稚園失神事件編

  5. 話し方のポイント/ワンランク上の喋りに繋げるために。

  6. 凡人が天才を出し抜く方法。クリエイターの思考法の参考に。

  7. 人生をRPGに例えて活かすには

  8. 体調を崩しまして

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP