CP+2019に参加してきました。

先週の話になりますが、CP+2019に行って来ました。
写真機器のショーですが、とても面白かったです。
最新機器が右も左も列んでいて、見ているだけで楽しい。

市場の流れを感じるのも重要ですね。
定番のCanonさんやSonyさんのブースは、スペースの占有率が違いましたね。
ソニーさんのブースは、足下がカーペット地の素材で枠組みされていて、高級感の演出がすごかった。

ソニーさんはCP+に合わせてきたと思われるαⅢが注目を集めている感じでしたね。
ソニーのカメラは青が良い感じに出るので好きですね。
個人的には青が深く出過ぎている感じもありますが、もう少し淡い青が好きなんですよね。

使っているのはキャノンのカメラですね。
色合いはソニー製の色合いの方が好きという……

キャノンはEFマウントの凡庸性の高さが魅力的です。
レンズの回しが効くのも良いですね。
あとシグマのシャープネスが好きなので、シグマレンズを使えるキャノンは凄く魅力的でした。

どうやらソニーでもシグマレンズが使えるアダプタを発表してますし
ソニーのFマウント版も出し始めているしαの勢いが凄すぎる。

そんなことよりも注目のメーカー

Small rigが出店しておりました。
small rigはリグメーカーの中でも作りはしっかりしているけれど、安いという中国メーカーです。
最近の中国メーカーはサポートも悪くないですし
細かい部分の不満を除けばコスパとのバランスでとても優良なメーカーだと思っています。

Blackmagic URSA mini4.6Kも全てSmall rigで構成しています。
パーツの種類も豊富なので、高級なレゴブロックをやっている気分で楽しい(笑)

CP+にも動画ブースがあり、生でREDのカメラを触れたのは良かったです。
あのダイナミックレンジの広さと質感の美しさは代えがたい魅力。
いつかはREDを持ちながら仕事をしたい。

とは言え、全てが魅力的に映ったわけではありません。
ちょっと驚いたのがREDもOSは重かった。反応が意外と鈍い。
そしてISO6400以上は思いのほかノイズが目立った感じでした。
この辺りは、そもそも機材スペック云々の前にゲインを上げたことによる根本的なノイズの問題なのかなと感じました。

少人数でのオペレーションでは、OSの重さは考えものなので一考すべき材料だなと。
OSの安定性はやはりキャノンなどのメーカーは優秀だなと改めて思います。
雑に扱っても、ひねくれないタフネスさは素敵です!

デジシネ機でいうとブラックマジックデザインが一番安定しているようにも感じましたね。
素早く早く切り替わる。
挙動に関してはとても好感が持てます。
だからiso感度をもう少しだけあがる機材にして欲しい。
そこだけ解決出来ればもっと需要が伸びるはずなのにと。

関連記事

  1. エーデルクローンWing PROの最速レビュー[edelkrone w…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP