ダヴィンチリゾルブ16.2.2が発表されました

ダビンチリゾルブの最新アップデート情報です。
直訳しましたので、参考までに。

DaVinci Resolve 16.2.2の新機能

Macでハードウェアアクセラレーションで
H.265 Main10でレンダリングされるようになりました。

Blackmagic RAWクリップのLUT名を
クリップメタデータで表示できるようになりました。

YouTube、Vimeo、Frame.ioレンダリングで
フレームレートを割り当てる機能が追加されました。

マーカー内のFrame.ioコメントを完了して
マークするサポートの追加

ナッジキーボードアクションは
同期クリップダイアログで使用できます。

フォーマットせずに.srtファイルを
エクスポートするためのサポートの追加

RED 7.3.1 SDKのサポート

Rec.709-QuickTimeプレーヤーの
互換性のためのガンマオプションのサポート

Rec.709クリップを自動的に
Rec.709-Aとしてタグ付けする設定

Macシステムで一部の短い
H.264クリップを再生する際のレベルシフトに対処しました。

タイムラインでクリップをトリミングするときの
オーディオ遷移の損失に対処しました。

インスペクターで安定化が利用できない問題に対処しました。

オーディオ波形表示のチャネル順序が
正しくない問題に対処しました。

プロキシモードでのFusionでの
プレビューに関する問題に対処しました。

タイムラインワイプでの
参照サイズ設定の使用に関する問題に対処しました。

一部のMXFレンダリングのアスペクト比
メタデータの問題に対処しました。

macOSでの最低システム要件

macOS 10.14.6 Mojave
16 GBのシステムメモリ。
Fusionを使用する場合は32 GB
Blackmagic Designデスクトップビデオバージョン10.4.1以降
2 GB以上のVRAMを備えた統合GPUまたはディスクリートGPU
MetalまたはOpenCL 1.2をサポートするGPU

Windowsでの最低システム要件

Windows 10アップデート
16 GBのシステムメモリ。 Fusionを使用する場合は32 GB
Blackmagic Designデスクトップビデオバージョン10.4.1以降
2GB以上のVRAMを搭載した統合GPUまたはディスクリートGPU
OpenCL 1.2またはCUDA 10をサポートするGPU
NVIDIA / AMD / Intel GPUドライバーのバージョン– GPUでの必要に応じて

Linuxの最小システム要件

CentOS 7.3
32 GBのシステムメモリ
Blackmagic Designデスクトップビデオバージョン10.4.1以降
2GB以上のVRAMを備えた離散GPU
OpenCL 1.2またはCUDA 10をサポートするGPU
NVIDIA / AMDドライバーのバージョン– GPUでの必要に応じて

MacへのDaVinci Resolveソフトウェアのインストール

DaVinci Resolveインストーラーアイコンをダブルクリックし
画面の指示に従います。

システムからDaVinci Resolveを削除するには
Uninstall Resolveアイコンをダブルクリックします。

WindowsへのDaVinci Resolveソフトウェアのインストール

DaVinci Resolveインストーラーアイコンをダブルクリックし
画面の指示に従います。

システムからDaVinci Resolveを削除するには
[プログラムと機能]コントロールパネルに移動し
[DaVinci Resolve]を選択して
[アンインストール]をクリックし、画面の指示に従います。

WindowsでレガシーFairlightプロジェクトをDaVinci Resolveに移行する
従来のFairlight DR2プロジェクトをDaVinci Resolveにインポートするには
Windowsシステムに次のユーティリティをダウンロードしてからインストールします。

downloads.blackmagicdesign.com/ DaVinciResolve / Fairlight-Project-Importer.zipユーティリティをインストールすると
「 DaVinci ResolveのFairlightメニューのFairlight Projectをインポートします。

LinuxへのDaVinci Resolveソフトウェアのインストール

DaVinci Resolveインストーラーアイコンを
ダブルクリックし、画面の指示に従います。

システムからDaVinci Resolveを削除するには
インストーラーの実行後にアンインストールオプションを選択します。

追加情報

サードパーティ製ハードウェアの認定ドライバーバージョンを含む
プラットフォームの詳細なサポートについては
最新のDaVinci Resolve構成ガイドを参照してください。
www.blackmagicdesign.com/supportから入手できます。

また、Blackmagic Designビデオハードウェアで監視するには
最新のBlackmagic Designデスクトップビデオソフトウェアをダウンロードして
インストールする必要があります。
デスクトップビデオはwww.blackmagicdesign.com/supportから入手できます。

H265 main10とはなんだ

H265main10とは8〜10bitのデータプロファイルのようです。
H265はH264の8ビットから10ビットに拡張したキャパシティを持っているので
これからの10bit時代に必須のコーデックと言えます。

HEVC規格なので、放送、広告ともに幅広い映像で
10ビット映像が標準の時代が来る予感。

H265の詳細はこちらが参考になります。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej/67/7/67_553/_pdf

Frame ioの脅威

オンライン編集、遠隔編集の草分け的存在
フレームioが段々と勢力を伸ばしてきている印象です。

ダビンチリゾルブはいままでも、サーバーを使った
遠隔編集機能を持っていましたが
プロダクションレベルでの機能が必要でした。

昨年からフレームioとタッグを組んでいる印象で
サーバーなどの設備を使わずに誰もが利用出来る仕組みが
Frame.ioと言ったところでしょう。

どんな人でもプロジェクトの編集に関われる時代になってきている印象です。
Frame.ioは、ネットワークソフトなので別途月額の料金が掛かります。

とは言え、コロナ禍もあり在宅ワークのフレームとしては有効ですし
オフィスを持たなくても良い仕組みにも一役買いそうです。

時代に合っていると言う状況なので
これからの発展が期待できそうです。

ダビンチリゾルブの対応OS範囲の狭さ

OSの最低条件のを見ると、MacOS10.14となっています。
一世代前のOS以下はサポート外になっている点です。

ダビンチリゾルブの安さの秘密は、古いOSのサポートはしないという点です。
アドビ製品はソフトやOSに対しても幅広く対応しています。
各バージョンでのサポートを強くメンテナンス開発を続けている点が
サブスクリプションでの金額の高さと言えるでしょう。
業界標準ソフトとしてはある意味必要な要素です。

ダビンチリゾルブは永久ライセンスを破格の3万で購入できるので
安い理由の一つと考えるべきなのでしょう。

OSを常にアップデートする必要があり
ヒヤヒヤしたくない人はダビンチリゾルブはリスキーなソフトなのかもしれません。

関連記事

  1. EOS R5に動画性能の発表があったので沸いてみる

  2. RED Komodoの最新情報/購入方法も判明

  3. Kinekinity mavo Edge 8kの登場

  4. Sonyの新開発AI機能搭載イメージセンサーが凄そう

  5. Canon C300mk3が発表されました。

  6. CP+2019に参加してきました。

  7. Mavic air2はドローンの未来を救えるか

  8. Kinfinity Terra4K中華版REDの力を試す。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP