ダビンチリゾルブ16.2.6が発表されました。

マイナーアップデートですが,気になる要素もありあました。

主なアップデート内容

DaVinci Resolve 16.2.6の新機能
Blackmagic RAW SDK 1.8.1のサポート。
Final Cut Pro X XMLバージョン1.9のサポート。
複数のパフォーマンスと安定性の改善。

気になるところ

Final Cut Pro X XMLバージョン1.9のサポートです。
一人のクリエイターであるならばあまり使うことはない機能ですが
今回のアップデートでは XMLバージョン1.9のサポートがされているようです。

XMLは主に、プロジェクトの移動をする時に書き出すファイルで
他の動画編集ソフトに移動しても編集データを移管できる優れ物のファイルなのですが
期待しているほど出来ることは多くないというものでもあります。

とはいえ、ダビンチリゾルブからプレミアに移行したり、ファイナルカットに移動させたりと
協力プレイには必要なファイルでもあります。

今回のアップデートではFCPX XML1.9ですので、使えるのはファイナルプロXの方になります。

ファイナルカットが7からXにアップデートした際
実は、開発環境が違うソフトからXが開発されているためXMLの仕様も違うのです。

そのためプレミアプロにプロジェクトを移動させたい場合には
FCP7の方の古いタイプのXMLファイルを使用する必要があります。

それで今回のアップデートはFCPX XML1.9なのですが
調べてみてもFCPX XML1.9の情報がなくもしかしたら
FCPXでも新しいファイル形式なのかもしれません。

という事で少しだけ期待したいです。
この辺りは詳しくないので間違っているかも知れません。

FCPX XML1.8は2018年辺りのフォーマットのようですし
それを考えると結構時間が経っているような印象を感じます。

今回サポートされているFCPX XML1.9ですが
できればプレミアプロに対応しているとか、カラー情報まで引き継げるなど
使いやすさの向上や、バグが少なくなっていることを祈りたいです。

関連記事

  1. ダヴィンチリゾルブ16.2.2が発表されました

  2. Apollo soloは動画クリエイターのパフォーマンスを底上げする

  3. Canon EOS1DXⅢは動画クリエイターの夢を叶えるか

  4. RED Komodoの最新情報/購入方法も判明

  5. Waves無料プラグイン Maxx volumeが使える【動画クリエイ…

  6. Kinfinity Terra4K中華版REDの力を試す。

  7. Mavic air2はドローンの未来を救えるか

  8. カメラバックの種類と特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP