PR動画制作専門に制作致します。

集客、売上、求人のプロモーションを映像で効果的に解決

効果的な動画にするための3つの理由

伝わる動画はいつも短い

人は流れている映像がCMと認識した時点で不快感を覚えます。何故ならCMとは自慢大会だからです。テレビの前で商品の押し売りをされているようなもの。なので、人はCMを見ると不快感を感じて射しまうのです。そして2分を越える映像の平均離脱率は80%を越えてしまう結果もあります。特殊な方法を除き長いプロモーションは効果的ではありません。不快に感じ始める前にCMを修了する必要があります。動画はより短く、重要な要素をコンパクトにまとめる力が求められています。

商品が悪いのではなく、伝え方が悪い

プロモーションは、商品とお客様を繋げなければなりません。何故なら新しく生み出される商品は、常に困っている人のために生まれてくるからです。開発、改善はそのためにあったはずだと思います。プロモーション映像で起こりがちなミスは、商品を紹介しているだけのものです。映像の制作者は撮影のプロでも伝える視点では足りない人が多く満足のいく映像が納品されない可能性があります。お客様の視点に立ち、商品があればどんな素晴らしい未来があるのかをイメージしていただくことを大切にしています。

生き残りを賭けた時代だからこそ

他社に差を必要があります。それは興味関心を引き出す技を仕込んでいるかです。効果的な動画は、その方法を的確に埋め込んでいます。例えば言葉です。ターゲット、ペルソナにはある一定層には特定の言葉に強く共鳴する傾向があります。このパターン分析術はIBMヨーロッパやSERNヨーロッパ原子核研究機構にも取り入れられているのです。この技術を応用しプロモーションに盛り込むことで、理想の見込み客がお客様に変わります。生き残りを賭けた時代だからこそ、徹底して効果的な動画にする必要です。

購買率を高める影響言語LABプロファイルの導入

言葉による問いかけが最後の購入決断を左右する

理由は簡単です。営業マンが高い直接的な成約を結びつけているのは、顧客への問いかけがあるからです。
広告のキャッチコピーがまさにそれと同じと言えるでしょう。

問いかけ方を言語的に検証し、心理的解析を合わせ顧客の心理状態に響くパターンを分類化したものがLABプロファイルです。
LABプロファイルの言語解析と動画のマーケティング市場に合わせた映像を組み合わせると、高い効果が望めます。

青春時代を思い出して下さい。夢を語り、将来を羨望している時に掛けて欲しい言葉とは何だったでしょうか?
「失敗しないようにしっかりとした目標を立てた方がいい」と言われることでしたか?
何か違う。心のどこか引っかかりを感じたと思います。
本当はこんなふうに言われたいと思っていませんでしたか?
「未来を実現するために目標を立てた方がいい」
心のどこかに着地感があり、胸の中で嬉しい感じがしますよね。

これはLABプロファイルの相反するパターンを取り入れた簡単な例です。
より複雑な仕組みがLABプロファイルには存在します。顧客の購入パターンを解析し動画と組み合わせることで確実な集客に繋げます。

LABプロファイル開発者のシェリー・ローズ・シャーベイ氏から
直接学んだトレーナーがプロファイリング

売上を向上させる映像心理アプローチ

商品のプロモーション効果を最大化するには、映像の視覚効果を活用しましょう。
インターネット上には、数万という商品プロモーションが点在しています。
そのため後追いの場合、インターネットの中に埋没しまうリスクがあります。
横並びの商品紹介のCMをしても、集客効果はありません。
視覚効果を適切に活用することで、映像の注目点を作り視聴者を飽きさせることを防ぎます。
視覚的な「注目」と「誘導」のプロセスをCMやプロモーションの中に盛り込み
見込み客の興味関心を自然に沸き起こすのを可能にしました。
新商品を市場に投入する最初のアプローチで失敗させない場合に有効です。

プロファイリング結果を反映させることで変化を起こせる項目
・動画のテロップ
・ナレーション
・インタビュー質問
・ストーリー構成
・役者の台詞
・フォントの見せ方図案
・情報の密度
・SEやサラウンド
・ヴィジュアルイメージ

3分の動画を実現させるさまざまな戦略的アプローチ

インターネット時代の見込み客の心を掴むSNS・WEB連動動画

日本国内のスマートフォン普及率は70%を超えました。
新時代の80%以上の見込み客は、商品の検索にインターネットを使います。

常時インターネットに接続する環境が、チラシや新聞の広告効果を減少させました。
チラシの効果は期待出来ません。CM効果の薄い広告はもうやめましょう。
コストを削減し、浮いた資金で次ぎの投資や集客にシフト。

注目を集めるには、コミュニティーの中で注目を集めなければなりません。
WEBとSNSを活用したマーケティング戦略で見込み客の心を掴みます。

スマートフォンに対応した動画戦略

利用率の高いスマートフォンにプロモーションを限定し、効果を上げます。
現在では、パソコンよりもスマートフォンの利用が高くなりました。
スマートフォン対応のCMは格安で効果が高いのです。
時代性を素早く把握し、集客や売上のボトルネックとなる問題点を解消します。

これらのCMは、パソコン上でも問題無く活用出来るため
パソコン、スマートフォンの両方のメディアに対応したクロスアプローチが可能。
あらゆるフォーマットに幅広く対応しているメリットがポイントです。

地域分析システムRESASの活用

過去の定量情報からの基礎的情報を軸にプロモーションの糸口を解析します。
地域のリソースを発掘や創出に役立てられるでしょう。
動画のコンセプトをRESASの分析結果から導き出し、継続的な効果のあるプロモーションを実施してゆくことも可能。
映像によるマーケットアプローチにも活用します。

過去の経済情報を把握し、今後の戦略にも役立てられるでしょう。
プロモーションの糸口は実際の数値です。
そして流動的な流れを把握する必要があります。
普遍的な強みにフォーカスし、失敗しない戦略の基礎を把握。
次ぎの市場予測から動画のプランを案出してゆきます。

電話でのお問い合わせ
050-3567-5065

メールでのお問い合わせ

会社・事業名

電話番号(必須)

映像制作に関するカテゴリーを選択して下さい。(必須)

お問い合わせの概要に当てはまるものにチェックを入れて下さい。(複数選択可)
お見積もりご相談制作内容に関して制作期間に関して制作依頼に関して納期に関してWEBへの対応・セキュリティーに関して動画マーケティングに関してその他

PAGE TOP