3分以内のPR動画制作専門
企業の3つの問題点を解消し、更なる成長を応援

集客、売上、求人、3つのボトルネックを経済的かつ効果的に解消

3分以内の制作である3つの理由

伝わる動画はいつも短い

CMやWEBでは3分以上の動画は誰も見ません。映画やテレビドラマなどを除き、80%以上は3分以上の時間は苦痛に感じてしまいます。2015年以降、CMやPR映像の再生時間が3分を越えるだけで内容に関わらず、視聴を避ける人が増えていました。動画はより短く、重要な要素をコンパクトにまとめる力が求められています。3分以内にまとめる、視聴者の関心を維持し、効果的なプロモーションや集客が出来るようになりました。

不要な要素を削ぎ、メリットを最大に

効果的なプロモーションCMは、内容の絞り込みに掛かっています。多くの要素は視聴率を低下させるだけでした。そこで3分以内という短い時間設定しました。時間を短く設定した結果、もっとも重要な要素に注力出来るのです。映像はチラシ広告などよりも情報量が多く、情報を洗練する必要があり、テーマがずれてしまうとたちまち内容の理解しづらい動画になってしまうリスクがあります。テーマを一つに絞り込み、より洗練された動画に仕上げられます。

3分以内の制約でコストを削減

3分以内に絞り、企画段階でのプランニングコストを削減を実現。時間的制約を設けたため、企画段階での打ち合わせを短くスマートに行えます。制作側も3分以内の条件がつくたため、必要以上の労力を掛ける必要がなくなりました。結果、総合的なパフォーマンスの向上に繋がっています。低コストを実現し、一つのテーマに絞った映像を簡単に複数種類準備でき、バリエーションのあるプロモーションやCMで継続的なアプローチが可能になったのです。

3分の動画を実現させるさまざまな戦略的アプローチ

地域分析システムRESASの活用

過去の定量情報からの基礎的情報を軸にプロモーションの糸口を解析します。
地域のリソースを発掘や創出に役立てられるでしょう。
動画のコンセプトをRESASの分析結果から導き出し、継続的な効果のあるプロモーションを実施してゆくことも可能。
映像によるマーケットアプローチにも活用します。

過去の経済情報を把握し、今後の戦略にも役立てられるでしょう。
プロモーションの糸口は実際の数値です。
そして流動的な流れを把握する必要があります。
普遍的な強みにフォーカスし、失敗しない戦略の基礎を把握。
次ぎの市場予測から動画のプランを案出してゆきます。

スマートフォンに対応した動画戦略

利用率の高いスマートフォンにプロモーションを限定し、効果を上げます。
現在では、パソコンよりもスマートフォンの利用が高くなりました。
スマートフォン対応のCMは格安で効果が高いのです。
時代性を素早く把握し、集客や売上のボトルネックとなる問題点を解消します。

これらのCMは、パソコン上でも問題無く活用出来るため
パソコン、スマートフォンの両方のメディアに対応したクロスアプローチが可能。
あらゆるフォーマットに幅広く対応しているメリットがポイントです。

インターネット時代の見込み客の心を掴むSNS・WEB連動動画

日本国内のスマートフォン普及率は70%を超えました。
新時代の80%以上の見込み客は、商品の検索にインターネットを使います。

常時インターネットに接続する環境が、チラシや新聞の広告効果を減少させました。
チラシの効果は期待出来ません。CM効果の薄い広告はもうやめましょう。
コストを削減し、浮いた資金で次ぎの投資や集客にシフト。

注目を集めるには、コミュニティーの中で注目を集めなければなりません。
WEBとSNSを活用したマーケティング戦略で見込み客の心を掴みます。

購買率を高める影響言語LABプロファイルの導入

言葉による問いかけが最後の購入決断を左右する

理由は簡単です。営業マンが高い直接的な成約を結びつけているのは、顧客への問いかけがあるからです。
広告のキャッチコピーがまさにそれと同じと言えるでしょう。

問いかけ方を言語的に検証し、心理的解析を合わせ顧客の心理状態に響くパターンを分類化したものがLABプロファイルです。
LABプロファイルの言語解析と動画のマーケティング市場に合わせた映像を組み合わせると、高い効果が望めます。

青春時代を思い出して下さい。夢を語り、将来を羨望している時に掛けて欲しい言葉とは何だったでしょうか?
「失敗しないようにしっかりとした目標を立てた方がいい」と言われることでしたか?
何か違う。心のどこか引っかかりを感じたと思います。
本当はこんなふうに言われたいと思っていませんでしたか?
「未来を実現するために目標を立てた方がいい」
心のどこかに着地感があり、胸の中で嬉しい感じがしますよね。

これはLABプロファイルの相反するパターンを取り入れた簡単な例です。
より複雑な仕組みがLABプロファイルには存在します。顧客の購入パターンを解析し動画と組み合わせることで確実な集客に繋げます。

LABプロファイル開発者のシェリー・ローズ・シャーベイ氏から
直接学んだトレーナーがプロファイリング

プロファイリング結果を反映させることで変化を起こせる項目
・動画のテロップ
・ナレーション
・インタビュー質問
・ストーリー構成
・役者の台詞
・フォントの見せ方図案
・情報の密度
・SEやサラウンド
・ヴィジュアルイメージ

売上を向上させる映像心理アプローチ

商品のプロモーション効果を最大化するには、映像の視覚効果を活用しましょう。
インターネット上には、数万という商品プロモーションが点在しています。
そのため後追いの場合、インターネットの中に埋没しまうリスクがあります。
横並びの商品紹介のCMをしても、集客効果はありません。
視覚効果を適切に活用することで、映像の注目点を作り視聴者を飽きさせることを防ぎます。
視覚的な「注目」と「誘導」のプロセスをCMやプロモーションの中に盛り込み
見込み客の興味関心を自然に沸き起こすのを可能にしました。
新商品を市場に投入する最初のアプローチで失敗させない場合に有効です。

PAGE TOP