栃木の動画制作ならソラノウエクリエイティブワークス

栃木で4K画質を実現したシステム

栃木では数少ない本格4K撮影システムを導入しました。
デジタルシネマカメラによる本物の4K画質。

近年注目されている動画マーケティングでは、iPhoneなどでも簡単に撮影出来てしまう話もあります。
実際動画マーケティングの手法の一つとしてiPhoneの映像は有効です。しかし、それはターゲットを限定したやり方です。多くの場合はしっかりとした映像で見てもらう方がブランドイメージを傷付けなくて済みます。

細部にわたる映像の繊細さは、商品価値のイメージに大きく影響します。
栃木の美しい自然をありのままに映し出すことも可能です。
自然溢れる栃木は緑を活かしたロケーションや広い土地を活用し、ダイナミックなシーンの作成も出来ます。

より高いブランドイメージを引き出す秘訣

高級感、透明性、公共性これらの言葉のイメージには色が強く結びついています。
一例をあげると「高級感」を演出するのであれば黒です。
ゴールドやシルバーではありません。

黒色は物の立体感を強調させます。
商品や製品の輪郭を浮き立たせディティールが増すことで詳細に映し出す効果を得られるのです。
それは商品に対する自信の表れであり、どっしりとした安心感を与えられます。
高級車のPRに黒い背景使われることが多いのはこのためです。

引き締まった黒を引き出すカラーグレーディング

印象に残るような黒を引き出すにはカラーグレーディングが必須になります。
通常の撮影では、明るすぎず暗すぎずという中で撮影しなければなりません。

しかし、その場合黒の色合いはやや濃いグレーのような色合いになりがちです。
黒い色であっても全体の引き締まりが少なく浮いてしまうような映像になってしまいます。

そこで専門のソフトウェアを使うことで、黒の部分を引き立たせどっしりとした黒色に整えます。
高級感のあるブランドを演出する方法として一流のブランドが軒並み取り入れていました。
これはもっと良心的な価格に抑え、提供致します。

イメージを高揚させる色彩表現

よりよく見せる。どのように売り出して行くかによって色合いを調整します。
やり方は様々です。商品を見せるのか、ストーリーを見せるのか。

人物背景によっても影を強く出すべきか、薄く明るい感じにするかなど多彩な手法があります。
綿密な打ち合わせにより、どこにフォーカスしたカラーにするかを検討しプランを提案します。

栃木では色彩について意見を言える人は少ないでしょう。
北関東、栃木周辺で直接意見の交換やイメージのやり取りが出来るのは大きなメリットとなります。

高い色彩を再現するには、その機能を発揮出来るカメラで収録する必要があります。
デジタルシネマカメラのURSA mini 4.6Kならば高い色彩再現が可能です。
よりよい再現のためにURSA mini4.6Kとても優秀なカメラと言えます。

肌の補正技術

肌のくすみや皺を除去します。
高画質な映像の唯一の弱点は、人の肌も繊細に写しだしてしまう点です。

多くの企業はイメージ向上のため女性を起用することが多くあります。
特に社内で活躍している女性にスポットライトが当たりがちです。

そこで問題になるのが、女性の肌の質感です。
女性の肌を補正し適正な肌に仕上げます。

明るく健康的な肌に整えることでシーン全体を華やかにできます。
これらの処理は肌補正に特化した海外の専門のソフトウェアを活用することにより実現しました。

デジタルシネマカメラとカラーグレーディング

高い価値感のイメージは画質と色質感。
カラーグレーディングとは質感をコントロールする作業です。

繊細な映りに見えていてもどこかクオリティーが高いように感じない。
それは、色による質感が上手に表現出来ていないからです。

映画が美しく感じるのは、カラーグレーディング専門のスタッフが色をコントロールし、整えているからです。
しかし、これらの作業やクオリティーを発揮するには、東京のスタジオで専門のプロフェッショナルなスタッフを起用する必要があります。

制作費用はテレビCMを作るように増えてしまうでしょう。
栃木でこのような作業が出来る場所はほとんどありません。
栃木という立地を活用し制作費を抑え、高画質な仕上がりを実現しました。

栃木県という立地を活かしたダイナミックな映像

都市部では肖像権の問題で広い絵を使うことがあまり出来ません。
栃木県ならばそう言った問題は少なく、背景を活用したローケーションでの撮影も可能になります。

広い世界観は企業の強さ、大きさをアピール出来る心理的要素があります。
地域への貢献生などの社会的立場をアピールするには広い景色を活用するのが有用です。

次世代の広告になりつつある映像

効果のある広告は今や映像が主体になりつつあります。
理由はスマートフォンの普及率が80%を越えたからです。

誰もがスマートフォンを持ち、常に持ち歩く時代になりました。
地域差はまだありますが、栃木も同様に利用者の殆どはスマートフォンです。
スマートフォンの利用者は街頭広告やチラシを見ている時間よりも、携帯を見ている時間の方が長いのです。

SNSやホームページは今や広告主戦場になっています。
他の企業も続々とムービー使用のサイトやSNSにシフトしています。

東京などの企業だけでなく栃木県や関東、全国を含めた規模での流れです。
時代に乗り遅れないように動きのある広告を定期的に発信してゆく必要性があるでしょう。

地域再生の切り札として

視覚を利用した発信力は、他のどの媒体よりも優れています。
それは視覚と聴覚、人間の感覚の93%の割合に影響を与えているからです。

インターネットという世界中からアクセス可能な場所に発信することで新しい顧客やユーザーの発掘にも繋がります。
商品のレビューなどは透明性を増し、新規顧客の安心感に繋がるでしょう。

定期的な発信と効果的なプロモーションの継続

継続的にPRをし続けることが大切です。
今後の時代、広告戦略はスピードと量の時代になるでしょう。

インターネットコンテンツ制作は年々比重を増やしています。
動画制作能力もWEBに強いものが求められているのです。
注目を集めるためにそれぞれがコンテンツを量産し続けています。

しっかりとした立ち位置を築くためには、同業者よりも早く動画制作を活用したコンテンツを取り入れる方法が最良です。
WEB上でもリピーターを掴み確固たるブランドを築く必要があるでしょう。

WEBでのメリットは地域差が無い点です。
北関東、栃木と言った枠組みから解放され、本当に良い情報が表示されます。

インターネットで注目されるSEO

検索で正しく評価を得るシステムがSEOです。
SEOとは検索エンジンの最適化の意味ですが、検索時に上位表示させる方法になります。
栃木などの県民性や地域別で注目度が違うようにWEBでも同様に注目のレベルや度合いがあるのです。

YouTubeなどのメディアを活用し検索時に検索欄に上位表示されるような処理を施します。
制作した動画が検索されなければ、結果に繋がりません。

そこでYouTubeにもSEOを施し、適正な評価順位にする処理を加えます。
SEO対策は動画マーケティングの手法の中の一つです。

ただ動画を準備するだけでは、中々成果が上がらないのはこれらの対策が足りていないのでしょう。
これらの複合した技術が、今後動画を活用するために求められています。

このような内容をトータルでサポートすることが出来ます。
栃木で映像のことならソラノウエクリエイティブワークスへ

関連記事

  1. ユーチューブCMを解析し、使える広告に。

  2. 動画マーケティングとはを示すグラフ

    2017年の動画マーケティングとは

  3. BlackmagicDesign URSA Mini4.6Kの導入

  4. インタビュー撮影で恥をかかないコツ

  5. 口コミマーケティングを活用する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP