商品を宣伝するのもストーリーを活かした方が良い

ストーリーは人の心を動かすのに一番パワーがあるからです。
何故なら誰しも感じている悲しみや不安に共感することが出来るからです。
そして視聴者の不安を掻き消すようにその先にある希望、成功した姿を心の中に描くことが出来からです。
ストーリーには心を動かす力があるのです。

少しだけ以下の質問について考えてみて下さい。
今、応援している人はいますか?
好きな映画やドラマ、小説などありますか?
そしてあなたが尊敬する人はいるでしょうか。

何人か出てきたでしょうか。その方々を好きになった理由について思い返してみて下さい。
何故その人を応援したくなったのでしょうか。何故その人を尊敬出来るのでしょうか。

その人のバックボーン、これまでの物語を知っているから応援や尊敬を感じるのではないでしょうか。

テレビでアイドルの密着取材の中そのアイドルを応援しているファンのコメントを見ていた事があります。
ファンの人はすべからず、「頑張っているから」というメッセージを残していました。

「頑張っている」というメッセージの中には沢山の意味が込められていると感じました。
頑張っているという言葉の中には、アイドルとしての苦労の歴史があり
更に高みの夢を叶えたいとひたむきに頑張っている姿勢に胸を打たれているからだと思っています。

意見、商品の紹介にストーリーが関係ないように感じますが
そもそも商品を開発しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。
誰かの助けになるようなものだったからなのではないでしょうか。

商品にそのような魅力を今はみいだせなくても、
商品の利用者にはきっとその商品を買った理由があり
そこにはドラマが潜んでいる可能性があります。

そのドラマを活用し、本当の意味での共感を描くのは商品として正しい宣伝なのではないでしょうか。

関連記事

  1. 映像の弱点の本質と新しい解決のアイデア

  2. 感動の作り方

  3. ソラノウエクリエイティブワークスの意味

  4. ストーリーの起承転結を関係ない分野にも簡単に組み込む方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP