MV制作会社の選び方

MVが大事にされているもの
アーティストのプロモーションには
MVはほぼ必須と言う状況です。

しかしどれほど予算をかけて制作すれば良いのか
MV制作にはどのような形で予算が必要なのかを理解し
MV制作会社の選び方の方法を紹介したいと思います。

MVにとって大事なこと
美しいビジュアルが一番重要になります。

しかし、MVに相応しいビジュアルを再現するためには
少ない予算では実現しません。
その理由を紹介したいと思います。

照明費

何故照明費が掛かるかと言うと
美しいビジュアルを再現するためには
多くのライトや光の演出が必要になるからです。

確実に必要になる役職として照明さんがいます。
照明さんにも様々な現場で活躍されている方もいますが
一定の業界で働いている人もいて、環境は様々です。

・ビジュアルの雰囲気は照明で決まる
・アート表現にはライトは必須
・カメラマンとは別のスキル

そのため一概に照明が出来るからと予算を削るのは
避けた方が良いでしょう。
MVの質感や雰囲気は主に照明の力によって左右します。

MV制作が得意や知見のある照明さんをアサインして
貰うように調整してもらう必要があります。

そしてMVのワンシーンを実現するためには
大がかりなライトを何灯も必要になり
それら全ての光のコントロールを任されているのが
照明さんになります。

撮影においてカメラの次ぎに重要となるのがライティング

特にMV撮影ではカメラとライティングは
手を抜いてしまうと、雑然とした動画になってしまい
せっかくのMVも失敗になりがちなのです。

アートディレクター

アートディレクターとはセットや美術などに関する責任者です。
他には衣装やメイクに及ぶ方もいます。

歌詞や音楽のイメージに合わせて映像の背景美術などを担当し
映像全体の雰囲気を構築する仕事になります。

アートディレクションが行われない場合、アーティスト自身または
レーベルの担当者自身がそれらの指示や
コントロールを行う必要が出てきてしまうでしょう。

・全体の世界感には美術センスが必要
・色の質感やセットなどの指示が必要
・衣装とのバランスも大切

ワンシーンの映像のカットの作り込みは
雰囲気などのイメージは
アートディレクターの感性や
感覚が重要になってきます。

この部分が疎かになるとMVとしては
雰囲気が完成しない映像となってしまいがちです。

制作進行

制作進行は撮影場所の調整は
スケジュール管理などを主に行います。

撮影には様々な機材を使用する場合もあり
機材の手配やアシスタントの調整
出演者、ヘアメイクなどのアサインも含まれています。

撮影スケジュールを考えて1日で
どのようなスケジュール感で制作を進めるかも
大きな役目になり全体の進行調整を担います。

・滞りなく撮影を進めるために必要
・主に調整業務
・スタッフの管理連絡などハブになるポジション

MVでは撮影場所などロケ地やセットが重要になるため
ロケ地の利用調整や予算管理など
進行管理の重要度が高くなります。

ロケ地

ロケ地は様々な場所が考えられます。
主にMVの時間が3分~5分以内と想定しても
撮影場所には2ヶ所以上が必要になります。

バンドサウンドであっても
演奏場所とイメージカットの場所の2ヶ所です。

・一ヶ所では映像的な飽きを作りがち
・演出的効果を作りやすい
・イメージと演奏を切り分けられる

ロケーションの場所の考え方ですが
屋内であれば1ヶ所と考えて問題ないですが
屋外の場合は建物単位でロケーションの場所が変わると
考えるのが良いでしょう。

理由はロケーションのレンタル費や
調整費用が個々に発生したり機材の移動や
準備なども考えられるからです。

これらの移動や準備には
30分~2時間単位で掛かります。

撮影時間が短くても撮影準備には
膨大な時間が掛かるため
MVの制作会社によってはチームを組み
ロケーションの移動や変更については
先回りし準備させる場所も存在します。

・準備は最低でも2時間は掛かる
・大所帯では動きが重くなる
・機材の搬入など所用は大きくなる傾向

すると人権費や追加の機材など様々掛かるため
そのような進行が難しい場合には
MV制作会社の方針ややり方などを確認して
必要な部分に対して
調整をするように心がけましょう。

MV制作会社の選び方

MV制作にはいくつかのパターンがあります。
パターンを知り、アプローチ先の検討材料としましょう。

大手レーベルから依頼されるMV制作会社

大手のアーティストなどの
MVを制作している制作会社のパターンは
機材や人権費には大きな予算をかけています。

大手の制作会社が手がける動画は
携帯のCMなども担当する事もあります。
これらのCMをヒットの分析は下記の記事を参考に。

一度に動く人数も多く、アーティスト一人一人に
ヘアメイクやスタイリストがあてがわれる事もあります。

・高いクオリティー
・高額な予算
・理想的なMVの制作には最適

アーティスト一人一人の準備室なども
用意されそのための
レンタルスペースも予算に組み込まれます。

人や機材を十分に投入しているため撮影時間は
比較的短い
はずです。

裏側で何倍もの人が動いているので
その部分の費用が掛かっている
イメージを持っておくと良いかもしれません。

・マンパワーで制作期間は平均値
・CGなどの演出も可能
・全行程3〜5ヶ月ベースでの進行

編集期間については通常通り
1ヶ月程度を想定して問題ないと思います。
場合によってはCGクリエイターなどと
連携して同時並行的に
作業を進めていく形になるでしょう。

選定基準は予算になります。
基本的には30人以上の単位で人が動きます。
その分の予算は最低限掛かるでしょう。

大手のアーティストのようなMVを作りたいのなら
クオリティーや安心感も非常に高く
良い提案を受ける事が可能です。

10人規模の制作会社

会社全体が10人規模の制作会社も
検討材料に入れられます。

予算は大手の制作会社よりも割安で
制作出来る可能性が高いです。

・過度な演出はいらない
・予算を大きくかけたくない
・しっかりと魅せる部分を作りたい

このような制作会社はMV以外にも
色々な動画の制作を行っている可能性があり
MVだけを行っているわけではありません。

選定基準としては広告物の制作を行っている
制作会社の方がMVなどのクオリティーの高い動画を
制作してもらえる可能性が高いのです。

制作実績や取引先の情報などで
どのような動画を作っているのかを
確認すると良いでしょう。

・広告系の制作実績はデザイン力がある証拠
・美容系などの実績はビジュアルセンスがある
・質感は実績などを参考に

ここで検討すべきは広告物も様々存在していて
美容系、衣料系の動画を制作している会社などが良いはずです。
何故なら、このような動画にはアートディレクションを行える人が
在籍しているからです。

広告的な撮影が出来たとしても
空間の演出はカメラマンの本分ではありません。

雰囲気やイメージが完成していないというのは
イメージに対してディレクションが得意ではないかもしれません。

MVの実績を探るよりも広告物として
オシャレな世界感を作りだしている
広告を制作されているかがポイントになります。

2〜3人のチーム型

予算を抑えながら雰囲気の
良いものを作りたい時に有効です。

小規模で動いているチームや
会社のような場所ですが
元々制作会社で働いていた人などがで
組みしている場合が多く
力を持っているチームも存在します。

・クリエイター集団の場合はお勧め
・大がかりな撮影には不向き
・それぞれの癖などが出やすくなる

予算によって必要な人材をアサインすることも可能なので
フレキシブルに対応出来る体系と言えるでしょう。

アーティスト性が強いチームもいるのでイメージと
合わないような提案もあるかもしれません。

同じような作例が多く
イメージと違う場合には注意が
必要になります。

大がかりなセットやダンサーなど
MVの中で様々な人が動くような撮影は苦手になります。

小規模で演出出来るような内容のプランなら制作可能な
制作会社が多いでしょう。

撮影スタジオを持っているMV制作会社

主にスタジオ運営を行っている
会社の動画制作部でMVを作る場合です。

予算をあまりかけたくない場合に
行う事が多いでしょう。

ライティングなどの光演出が
得意ではない
可能性があります。

・低価格で制作出来る
・バンド演奏だけを魅せるのなら良い
・特殊な演出、見せ方は得意ではない

場所の雰囲気が良く、バンドサウンドが中心ならば
十分かもしれません。
主な業務はスタジオ運営です。

動画制作部でたくさんの人を
抱えているわけではありません。

出来る事が限られている可能性が高く
ご自身で指示や調整が出来る人ならば
良い選択になると言えます。

・時間管理などは自分達持ちの可能性が高い
・要望に対してはオプション料金の可能性大

主に時間利用でのプランの可能性が高く
指示や納得が出来ないからと時間を掛けすぎてしまうと
失敗する可能性が出てくるので注意しましょう。

フリーランスのカメラマン

予算を抑えてシンプルな雰囲気で作りたい
そんな方にお勧めです。

フリーランスカメラマンの方には様々な人がいます。
クオリティーの高い映像を撮れる方もいますが
そうでない方もいます。

・低予算で作りたいならば選択肢としてあり
・失敗してもリスクヘッジできない
・得意分野など

当たり外れと呼ばれるなようななどもあり
応用が利かない方もいます。

打合せ段階や企画段階で
イメージ通りのものが出来るかは
常に判断をしておいた方が良いでしょう。

作りたい動画のイメージと完全に合致しているのなら
お願いするのが良いでしょう。

ロケーションの手配や申請手続きが苦手な方がいるので
権利関係をしっかり出来る人や知見を持っている人なども
選定材料の一つになると思います。

複数のメンバーで協力制作経験が少ない人もいるので
一ヶ所で歌うようなシンプルなMVのイメージの以外は
チーム型の方が良いと思います。

制作見積もりを知るために必要な情報の出し方

MVの制作予算の見積もりが欲しいですよね?
ですがどんな動画を作りたいかで
見積もりも大きく変わってきます。

MVはアーティストの持っている世界感が重要なので
常に別途お見積もりの場合が高くなってしまうのです。

ここで事前に見積もり予算を知りたい場合に
以下の内容を伝えておくと
概算で出して貰いやすいので参考にしてみて下さい。

・屋外ロケーションのシーン、何ヶ所入れたいか
※ イメージの画像などがあると具体的な金額を出しやすい
・屋内ロケーションシーン、何ヶ所使いたいか
※ イメージの画像などがあると具体的な金額を出しやすい
・バンド演奏などの演奏シーンはどこでやりたいか
・ダンサーや役者などの出演を考えているか
・CGやエフェクトの演出を考えているか
※ イメージの画像などがあると具体的な金額を出しやすい
・提供出来るリソースはあるか。
※ 役者や場所などアーティスト側で提供できるものがあると予算を抑えやすい

ミュージックビデオを作りたい

とはいえ、相談したいけども見積もりの話しになってしまい不安。
やりたいイメージをしつこく聞かれるのは嫌。
何か提案してほしい。

そんな時はソラノウエクリエイティブワークスにご相談下さい。
では、小回りの利く体制でミュージックビデオの制作を行っています。

ご相談は画像をクリック。

関連記事

  1. ストーリーの起承転結を関係ない分野にも簡単に組み込む方法

  2. 感動の作り方

  3. ソラノウエクリエイティブワークスの意味

  4. 映像の弱点の本質と新しい解決のアイデア

  5. 商品を宣伝するのもストーリーを活かした方が良い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP