不安商法に立ち向かう方法

不安はクリエイターには必ず訪れてしまうようなもの。
だからこと不安商法に対して対策をしておかなければなりません。

クリエイターは状況が様々なので全てを理解し、的確なアドバイスができる人が
近くにいない人も多いのではないでしょうか。

だからこと前知識で武装することで
不安商法に立ち向かう武器にしましょう。

不安がやってくる瞬間

経済の動きの変化でクリエイターは打撃を受けてしまいます。
経済状況の変化で買いたたきにあい、苦しい思いをしていませんか。
そんな時も不安がやってきます。

・経済的な不安を感じる
・仕事が少なくなる
・買いたたきが激しくなる
・収入が安定しない
・友人や知り合い、先輩などの撤退
・家族、友人との問題
・恋人などとのトラブル

これらのトラブルが一つかもしれないですし
複数抱えている人もいるかもしれません。

不安は突然胃から込み上げてくるように湧き出すものです。
テレビのニュースを見る瞬間かもしれませんし

仕事のメールかもしれません。
悪い方向の話しが連続してきたりすると
非常に不安を感じたりしてしまいます。

一度不安を感じると中々解消できないのも事実です。

動画クリエイターのための睡眠障害対処術

不安はダムの水が溢れるようなもの

不安は急に溢れ出るように感じますが実は
心の中にダムがありそれまでに蓄積しているものです。

不安に強い人はダムが大きく沢山の不安を抱えても決壊することはありません。
しかし不安を感じやすい人は、ダムがそれほど大きくはなく豪雨などが降ると
途端に耐えられなくなりダムが決壊してしまうのです。

こうなると、気持ちが一定の解決を実感できるまで落ち着くことは難しいでしょう。
不安がわき上がると、そのモヤモヤを常に抱えていかなければなりません。

そのような中で生活していると、必ず出会うのが不安商法の誘惑です。

HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

不安商法とは

人の不安な気持ちを利用し、その気持ちを救う存在を提供するビジネスです。
一昔前は、御利益のあるツボも不安を解消する理由で売られています。
これは手を変え品を変え存在しているものです。

何らかの磁場を発する機械かもしれませんし、水かもしれません。
悪いエネルギーを吸着する石かもしれませんし、祈祷かもしれません。

こういったものは詐欺に近い商品として知られるイメージになり
最初から警戒している人もいるはずです。

しかし不安商法の商品はそれだけではありません。
最近に感じる不安症法の商品はこんなものもあると感じています。

・新しいビジネスのやり方
・儲かる秘訣
・新しい仮想通貨
・IPO投資案件
・不動産の購入、売却
・仕事の斡旋も謳うオンラインコミュニティー
・最新ビジネスと体験をセットにしているコミュニティー
・社長が集まるビジネスコミュニティー

これらは一見すると不安商法ではないようなものもあるかもしれません。
しかし考えていただきたいのは、全てが不安を解消するものではなくても
これらのPRの中には不安を解消するための解決策を示すようなアイデアが含まれています。

不安商法は善悪問わず存在していることを覚えておかなければなりません。

才能が感じられない時どうすればいいのか、解決までの3ステップ

不安だから購入するというリスク

不安を解消したいという思いでいると冷静な判断が出来なくなります。
それが優良の商品や商材と呼ばれるものでも取り返しを考えることで
リスク域に踏み込んでいってしまう可能性があります。

例えば、月額1000円以下のオンラインでもサロン内でより密度の高い情報や
自分を救ってくれるコンサルにはオプジョンで支払う必要があるとか。
別額で幹部コミュニティーに入る権利など、入口の先にあるオプションによる誘惑があります。

不安を抱えている場合、多くはその状況で自分の不安を解消されないことに
更なる不安を覚えるでしょう。

私に直接アドバイスしてほしい。そのためにはどうすればいいのか。
そういった気持ちが心を駆り立てます。

すると冷静に判断できなくなってしまう場合があるのです。
オンラインサロンなどの新しいものは法律の整備がされていません。
ルールはサロンのオーナーが決めたルールを承諾する形になります。
そしてクーリングオフなどのような仕組みは該当しないので

基本かけすてであることが前提になります。

不安な気持ちのままでいると
このようなエンド商品やアップセルと呼ばれるような入口の先ある商品に
手を出しやすくなってしまうのです。

リーダーシップを発揮できない原因 ラジオオフトーク3月

不安商法に立ち向かう方法

不安商法に立ち向かうには
自分が冷静でいることが大切です。

客観的な判断できる状況で判断するのが望ましいです。

オンラインサロンでは、すでに幹部やエンド商品を購入した人達との交流があり
より購買意欲がそそられてしまいます。

購入はそのようなグループメンガーいる所で決めるのは避けましょう。
一度ひとりになり、家族や大切な人がいる場所で考え購入しましょう。

たとえ商品が良質な内容であっても不安な状況では
その商品や情報を使いこなせない可能性が高いです。

理由はこれら良質な商品の中身は結局、自分達が思い描いているような商品ではないからです。
良質な商品はいたってロジカルで地道なものです。

真実の道のりの遠さを知って膝が折れてしまう
これが良質な商品です。

どちらにせよ不安な状況では価値を為さないというのが結論です。

だからこそ、そのような状況ではこれらの商品やサービスの購入を控え

本当に今やるべきことに時間を使ったり
冷静になる環境作りに取り組みましょう。

冷静になった上で、自分の計画、戦略に必要な知識情報
ネットワークだと判断できたのなら、その商品やサービス
コミュニティーはあなたを救う財産になるでしょう。

動画クリエイター向けストレス状態から早く回復する方法

関連記事

  1. 動画クリエイターのための音を良くする機材選び

  2. ダビンチリゾルブの有料版で楽出来ること

  3. クリエイターが落ち込む時の対処法

  4. 営業活動中の失敗談

  5. センスを磨く方法

  6. Macbookpro16が素晴らしい件

  7. 動画クリエイター向け コンプレッサーってどう使うの?

  8. ダビンチリゾルブの導入前、導入後のデメリットを考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP