クリエイター向け、パソコンの性能を知る方法

パソコンの性能を知ることで色々と得なんです。

CPUはパソコンのエンジンです。
クロック数が大事です。
クロック数は○○GHzの部分です。
数字が高い方が高性能です。

クリエイターの人はコア数ではなく
クロック数の方が大事です。
クロック数が高いと、もたつきが少なくなります。

GPUは画像出力に関するエンジンです。
ターボエンジンだと思って下さい。
CPUのエンジン+GPUのエンジン=処理速度
こんなイメージです。

GPUは複雑なので端的には言えませんが
数値が高い方が高性能です。
クリエイターによっては最優先事項ではないので注意も必要です。

メモリは車でいう所の乗り心地
スピードが出ても乗り心地が最悪では楽しく運転出来ないのと一緒です。
メモリも容量が大きい方が性能が高いと言えます。

関連記事

  1. 何で、カメラのISO下げて撮れっていつも怒るの?

  2. 楽しいなんて最初は分からない

  3. 動画編集ソフトはダビンチリゾルブが優秀なのでお勧め

  4. ダビンチリゾルブのデメリット

  5. 「強みを伸ばす」説はスタートアップの段階では嘘

  6. 令和の時代に古臭い恩返しの事を考えてみた。

  7. カメラの外付けマイク、内蔵マイクどっちがいいの問題

  8. 動画クリエイター向けストレス状態から早く回復する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP