動画編集ソフトはダビンチリゾルブが優秀なのでお勧め

ダビンチリゾルブ16がお勧めな理由
シンプルに無料なのに多機能
業務に対応できるスペックを持っているからです。

無料なのに無料とは思えないほど
十分な機能を無料で開放しています。

他のソフトと比べても不足は

現在見当たらないのが現状です。

それでは具体的にどこが
素晴らしいのかを説明していこうと思います。

編集機能はプレミアプロと同等

Adobeが誇る動画編集ソフトプレミアプロと
ほぼ同等の機能を有しています。

編集機能を高速化させるショートカットキーや
編集ツールの効率も含めて同等程度でしょう。

・ショートカットキー
・調整レイヤー
・オーディーオプラグイン
・編集機能ツール

ショートカットキーやツールの種類などで
動画編集ソフトを選ぶ傾向にあると思います。

実際ダビンチリゾルブ16では
他の動画編集機能が持つ必要十分な
ツールを有しています。

・カットツール
・素材のロールツール
・インアウト挿入
・ブランクスペースの簡単削除

ショートカットキーも
ファイナルカットプロ仕様のパターンから
プレミアプロ仕様などにも変更可能です。

最新のアップデートでは
キーボードショートカットキーの
カスタマイズも行えるようになりました。
現在の状況で、ツールや編集方法などでの
差はほとんどないと言えます。

ネスト化も簡単に行える

プレミアプロでは様々な
素材をトラックごとにまとめて
一つのクリップのように扱う
ネスト化という機能があります。

・クリップをまとめられる
・まとめたクリップを解凍できる
・VFX用にも変換できる

様々なタイムラインや素材を扱う時の
管理や効率化のためにプレミアで使用しますが
ダビンチでも似た機能を
扱えるようになったので
非常に便利と言えるでしょう。

調整レイヤーが使える

プレミアプロの調整レイヤーが
ダビンチでも使えます。

カラー調整をプレミアでは調整レイヤーで
やる方が多いですよね。

調整レイヤーとは
・空白の素材レイヤー
・色やエフェクトを付加できる
・下の層に影響を与える事が可能

ダビンチリゾルブは元々カラーを
調整するためのソフトなので
調整レイヤーは安直な感じなのですが
様々な要望に応えるように実装されました。

使い勝手はプレミアユーザーからは
親しみがあるので良いです。
ある程度まとまったクリップごとに
調整出来るので簡易的にやりたい時に便利です。

バグが減った

ダビンチリゾルブを嫌煙する理由として
バグがありました。
他にもネガティブな要素がありました。

ダビンチのバグは有名
・クラッシュを起こしやすいソフト
・PCの相性を求められていた
・要求するスペックが高くて動かない

開発の考え方だと思いますが
他の編集ソフトよりもバグが多く
業務用としては耐えないというのがある
一定のユーザーからのコメントがありました。

ブラックマジックデザインに移ったばかりは
他のソフトの買収や組み込みなどで
より不安定さが目立っていました。

そもそも
・カラーを編集するためのソフトだった。
・プロダクションソフトだったためハイスペPC仕様だった。
・UIが業務用すぎて理解されづらかった。

PC側のクラッシュやキャパシティーの
様々なネガティブなイメージがあったのですが
ブラックマジックデザイン社はその状況を諦めず
現在では、基本的な部分でのバグはほとんど感じず
PCのスペックや価格帯が落ち着いてきたので
快適に使用する事が出来ます。

Macに最適化

MetalというAPIが世界を変えた。
GPUを繋ぐMetal、APIが効率的で
ダビンチが快適に動きます。

・プレビュー素材が軽く乗るようになった。
・4K素材も問題なくなった。
・Proressも重くない。

クリエイティブ系で人気のMacユーザーにダビンチリゾルブを
活用して貰える機会が増えたため
認知度もあがってきているような印象です。

増え始めたチュートリアル

市民権を得始めてきたことで
日本語のチュートリアルも増えました。

3年前まではほとんど異端児的なソフトだったため
チュートリアルも日本語のものはほとんどなく
海外のユーザーが紹介しているものを
見よう見まねで行うしかありませんでした。

最近では若手クリエイターが使用する機会が
増えてきたため日本語のチュートリアルも多くなり
存在感を高め、さらに情報を得やすくなっていると言えます。

約4万で永久ライセンスが手に入る

プレミアプロ半年分で今後のアップデートに関係なく
全ての機能を使用できる権利が簡単に手に入ります。

・永久ライセンス
・業務用ソフトではコスパ最高クラス
・アップデートが早い
・ツールが使いやすい

ファイナルカットプロなどの編集ソフトもありますが
近年のアップデートは
最小限で魅力的なソフトでは
なくなってきています。

クリエイティブな編集をするには
Adobe製のソフトにするかダビンチリゾルブという
感触になってきているのが2020年の感触です。

無償のオーディオプラグインが優秀すぎる

プレミアプロとは正直レベルの違う
クオリティーのプラグインが無料版でも利用出来ます。

・マルチバンドコンプレッサー
・ノイズリダクション
・リバーブ

特に動画クリエイターにお勧めなのが
ノイズリダクションとリバーブです。

これらはプラグインとなっているので
VSTやAUのような扱いになっています。

トラック、クリップそれぞれに追加可能で
それぞれ2万円以上の価値はあるプラグインです。

プレミアプロに実装されている
ノイズリダクション機能を試しましたが
本質的なノイズリダクションではなく
簡易的な印象です。

効果もやや薄味だし
これだけで何とかなるような
レベルには感じられませんでした。

ダビンチリゾルブは
フェアライトと呼ばれるMAのソフトを買収し
ダビンチリゾルブに組み込む事で
これらの機能をDTM感覚で使用できます。

リバーブ
・3D空間調整が可能
・視覚的なUIが素晴らしい
・反応もグラフィカルに表示される
・操作もグラフィックからアクセス出来て簡単

リバーブなども3D空間を調整できる仕様になっており
リバーブのプラグインとしては上級のものを搭載しています。

マルチバンドコンプレッサーなど、単体でも
1万円以上するだろうプラグインなどが無償で付いていて
UIも近年の視覚的に見える形になっているので
使い勝手が非常に良い。

この部分だけでも一番使いやすいソフトと言えます。

無料版のダビンチリゾルブ16を使用して、美肌を作るために特化した内容をまとめました。
動画クリエイター向けというよりは、コンテンツ発信したい人向けになります。

簡単な操作で、できる内容になっています。

関連記事

  1. 何で、カメラのISO下げて撮れっていつも怒るの?

  2. Macbookpro16が素晴らしい件

  3. iPhoneが使える。クリエイターにも戦略的な視点を

  4. 映像クリエイターのDM営業で25%以上の返信率を獲得した方法

  5. Canon 5Dmk3 ホワイトバランスの設定

  6. 映像クリエイター向け、仕事のとりかたDM編

  7. フレームレートって何?

  8. ノマドワークで世界を旅するコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP