PV制作会社のリクルート動画の作り方

リクルート用に使える会社紹介PVの作り方を紹介します。
制作会社がどのような思考で会社用PVを制作しているのかを紹介し
内製化で一定水準以上のPVが作れるようにしたいと思います。

内製化できるPVが出来るようになれば
様々なパターンで制作可能になりコストダウン含めて
バリエーションを持てる事でターゲットに合わせたイベントでの利用や
希望の職種ごとへのプロモーション動画の利用など幅広く利用できます。

動画の並列展開をしYouTubeなどの動画チャンネルなど
SNS向けのコンテンツの充実にも繋がります。

・内製化のためのヒント
・テンプレート紹介
・撮影の方法
・撮影のコツ

会社紹介用のPVとは

PVには様々存在しています。
商品を紹介するようなプロモーションビデオや
サービスの紹介映像、ミュージックビデオなども
PVと呼ばれていたりまします。
しかし、PVの中で一番考えている方が多いのは
リクルート用のPVではないでしょうか。

リクルート用のPVは<
会社紹介用の映像に似ています。

ですが細かい部分で違いますし
コンセプトがズレてしまうと
視聴者に全く伝わらない映像に
なってしまうので
視聴者が見たい内容を捉えた映像作りが出来るのが
PVの制作会社となるのです。

リクルート用のPVのポイント

PV制作会社が一番気にしているのはその動画が
テーマに沿った内容になっているかになるでしょう。

PVのポイント
・動画が魅力的か
・嘘がないか
・他の競合に埋もれないか
・就活生の視点に立っているか

様々な競合の会社が存在している場合
自社にいかに興味関心を持って貰うか
リクルート用PVのポイントになるでしょう。

現実とかけ離れているオシャレPVに意味はない

嘘だと感じさせてしまうのは最も避けるべき事です。

つい予算を掛けてしまうと
良い面を全面的に出そうとして演出してしまいがち。

PV制作会社は映像の視点で嘘にならない範囲で煌びやかに
見せる方法を知っています。方法は様々です。

どんな人を採用したいかによって映像も変わってきます。
その辺りの構成をディレクションするのが
PV制作会社のノウハウとなっているのです。

PVの制作会社が教える王道パターン

リクルート用の王道パターンを紹介します。

1 建物/オフィス入口
2 人物
3 商品やサービス
4 働いている様子
5 インタビュー

こちらが基本パターンです。
紹介用のPVにはある程度流れが存在し
それが効果的だからこそ
似たようなパターンとして構成されているのです。

PVの制作会社には
王道パターンをよく理解しています。

そのパターンを抑えながらも各会社のスタイルに合わせて
カスマイズしていると考えると良いでしょう。

何故このパターンなのを
より具体的に紹介しどのような形で
映像を作れるのかを紹介します。

目標は内製化で作れるレベルです。

冒頭は全体が入る様子

最初に建物全体やオフィスの様子入れるのは説明をするため
多くの映画は冒頭場所や世界感が分かる街や空間の映像を入れます。

多くの映画がそのような映像を最初に持ってくるのは
視聴者を置いていかないためです。

・世界感が分かるようににする
・視聴者に負担を与えないため
・状況を説明するためには効果的

世界感の説明を入れる事で視聴者にここはどんな場所で
どんな会社の雰囲気なのかを示して上げることができます。

ベンチャー企業などはオフィスの入口を入れる事が多いです。
これは会社ロゴを入れるのが目的ではありません。

オフィスの入口を入れる事でここがどんな会社なのかを
説明するために入れているのです。

冒頭の撮影方法

下から見上げるように建物全体が入るように撮影しましょう。
建物を持っている場合は建物が入るように撮影します。

・権威性が付けられる
・視聴者と同じ目線で親近感を作る
・臨場感や没入間を作りやすい

この場合、建物に太陽が降り注いでいる状態で
空が晴れている時に撮影すべきです。
空が曇っていると雰囲気が悪くなります。

ですので建物を入れる時は青空がの時に撮影します。
太陽が画角に入っている場合は
建物が暗くなってしまうので避けましょう。

太陽を背にすると綺麗に撮影出来ます。

冒頭ドローン撮影はあまり有効ではない

見下ろす映像は客観性を作り出し、主体性が失われてしまいます。

リクルート用の場合は視聴者は
会社に就職希望の人に見せる映像です。

ドローンのような見下ろす映像にしてしまうと
客観的が生まれ視聴者にストーリーを
求めるようになってしまうのです。

・ストーリー性が出てしまう
・主題がキャラクターに意識が行ってしまう
・没入感が損なわれる

ショートストーリーのタイプの映像や
映画のように主人公が登場するような映像ならば成立するのですが
リクルート用PVには主人公を登場させるパターンは多くありません。

視聴者に没入間を与えるのであれば、視点の高さを保ち
建物を見上げる映像にすべきでしょう。

オフィスの入口で対応する場合は
入口に入るようにカメラを動かすと
没入間を作り出す事ができます。

オフィスの入口の場合、映像のダイナミズム
映像の広さで作り出す事が出来ません。

カメラ自身を動かす事で
あたかも視聴者が会社のオフィスを訪れたように錯覚させ
没入間を演出しているのです。

・狭い空間ではカメラを動かす
・カメラは人の視点で動かす
・没入間を作り出す

多くのPV制作会社はそのような視点で映像を構成を考えています。

人物で未来の自分を想像させろ

人物を映し出しましょう。会社の社員さんです。
人物を次ぎに持ってくる理由は
この動画がリクルート用だからです。

新卒者が今最も気にしているのは、人間関係になります。
説明が終わったら、一番気になる映像を入れて上げることで
視聴者への関心を維持させることが出来ます。

・知りたい情報を早めに打ち出す
・視聴者に関心を作り出す
・人の動きで飽きさせない

働いている風景でも大丈夫です。
もしくは社員さんの笑顔かもしれません。
家族を大事にしているのならば
社員さんと子供などかもしれません。

自社のコンセプトや社風などが反映されているとより魅力を
演出させることが出来るでしょう。
ここでは可能な限りポジティブな印象
思い描いて貰えるように構成するのが大切です。

人物撮影は難しい

カメラを前にすると多くの人は緊張します。
役者でない限り、自然な振る舞いをとることは
まず無理でしょう。

映像ではその違和感が顕著に目立ちます。
慣れない内は顔のアップなどの表情を狙わず
働いている様子くらいの映像にしましょう。

自然な身体の動きをしているだけでも安心感を与えます。

役者が職業として成り立っている理由
カメラを前にしても自然です。
ドラマやPVの制作会社のディレクター
イメージを即座に理解し、カメラを意識した動きが出来るから
プロの役者と言えます。

人物撮影をする場合のコツ

使用しているカメラのレンズを交換出来るのならば望遠レンズにしましょう。
交換が出来ないレンズならばズームで最大までアップにします。

三脚などでカメラを固定し
遠くから人の様子を撮影するのがベストです。

・望遠レンズで緊張させない
・カメラを意識させない
・ブレないしっかりとした動画を作れる

余裕が出てきたら、望遠レンズなどで
社員さんの笑顔を収めることにトライしてください。

三脚で固定するのは望遠レンズなど
ズームを利用した撮影では手ブレが目立ちます。

手ブレは可能な限り避けましょう。
手ブレが少なく、綺麗な映像にするためには無理をせず
固定状況での撮影で良いシーン作りを目指して下さい。

・手ブレは集中力を下げる
・低いクオリティーになりがち
・固定された映像には安心感が生まれる

商品やサービスは会社の紹介として

商材や商品を入れましょう。
会社が何をしているのかを示すのが目的です。

・説得力をつける
・ブランド力を示す
・安心感を与える

冒頭の建物やオフィスの入口は
会社の規模感や会社として
安心感を与えるのが目的です。

このシーンでは商品やサービスを通じて何をやっているかを
説明するのが目的になります。

サービスを商品にしている場合には、
サービスのイメージを入れる事もありますが
顧客層や利用シーンなどで代用することもあります。

目的はリクルートです。
商品やサービスを売るのが目的ではありません。

サービスのイメージは図解やアニメーション
数字などで示すのは避けましょう。
視聴者の集中力が途切れない程度と判断出来るのならばサービスを紹介し
難しい場合は、利用風景など人物を入れた映像で
会社の価値を表現しましょう。

説明であることを忘れない

就活生に商品を売るのが目的ではありません。
就活生に就職を検討して貰うのが目的です。
出過ぎた商品の打ち出しは避けましょう。

商品やサービスの紹介に長い時間を掛ける必要はありません。
特にプロモーション映像では視聴者に自社に対して
注意を向けて貰うのが主な目的です。

・PRするテーマを忘れない
・商品を売ろうとしない
・他への転用は考えない

説得はその後のオリエンテーションで行えば良いのです。
リクルート用の動画はあくまで「注意喚起」に留めるべきでしょう。

PVの制作会社のディレクターが利用用途をヒアリングで確認するのは
動画の位置づけを確認し内容を判断していくためなのです。

撮影は商品が分かる程度に

商品だけを出しても良いですが
利用風景に馴染ませるレベルが良いでしょう。

・人間関係、社員にフォーカスしよう
・商品の説明は最低限に
・商品と人物を同時に入れよう

利用風景のように商品やサービスに人物が写っていると
映像の前後の関係性が崩れず
成立した映像になるのでお勧めです。

商品の一部しか入っていような映像は避けましょう。
場合によっては商品が何だか分からないと
言った状況に陥ってしまいます。

そうすると本来目的から外れてしまうので
バランス感が大事になるシーンになると言えるでしょう。

働いている様子は、職場の空気を演出

職場の空気感や会社の雰囲気を伝えるように心がけましょう。
2番目のシーンの人物よりも
それぞれの関係性が分かるような映像になります。

オフィスの中で何人で働いているのか
男女比やどんな人達がいるのか。

・社内の空気を大切に
・人間関係が垣間見えるような演出を

就活生が入社した場合描く
自社の未来を想像させるのが目的です。
会社の労働環境の世界感が分かるような映像にしましょう。

簡単な撮影方法

口角レンズを使用しオフィスの雰囲気が
分かるようなワイドアングルで撮影。

・三脚は固定しよう
・ワイドアングルでの撮影
・音声もしっかりと収録

和気藹々とした感じや集中出来る環境などの演出の方法として
現場の音を入れるというのがあります。

すると生の雰囲気を伝える事が出来るので
視聴者に納得感を与える事が出来ます。

ワイドアングルで撮影しながらも
音声に注意して撮影、収録をしましょう。

インタビューは本音が話せているか

PV制作会社にとって一番の腕の見せ所かもしれない。
インタビューには台本型と質問型の二つがある。

・台本は基本作らない方がいい
・質問形式にしよう
・メッセージよりも熱量の方が大切

出演者の時間が限られている場合などにも有効です。
しかし、原稿を読もうとすると思考している瞬間など
視線がカメラから外れる事が多く
表情も硬くなってしまうデメリットがあります。

質問型は、制作側が必要な質問を
問いかけその応対の様子を収め
使える内容にするパターンになります。

質問スキルや質問によって
どんなコメントが貰えるかが想像出来るなど
クリエイティブな要素が求められるため
ハードルが高いとも言えます。

・質問型は制作のハードルが上がる
・質問スキルが求められる
・撮影のディレクションも含めて負担が高め

自然で嘘のないような回答を得られやすく
リクルート用ではこちらのパターンで制作する動画の方が
視聴者にとって価値の高い映像になるでしょう。

内製化での制作を検討する上で
インタビュー撮影の時間に余裕がある場合は後者を選択し
制作のスケジュールやインタビュー時間に余裕がない場合には
原稿を準備する優先順位で検討するのが良いでしょう。

インタビューの撮影方法

インタビューは内容が全てです。
ですので、映像として意識が逸れるようなものを排除するのが鉄則です。

背景に動く要素があるものを入れない。
これが一つの方法です。

白い壁のある場所で撮影したり
落ち着いている場所で撮影をするのは
背景に動きがあると視聴者の意識がブレてしまうのを防げます。

更に静かな場所で撮影するのは、周囲の声を入れないためです。
専門機器がない場合、収録した音声は周囲のざわめきや
車などが通過する音なども収録してしまいます。

動画を仕上げていく段階で非常に気になるものになるので
撮影時には静かな場所で音をよりクリアに撮るのが良いでしょう。

まとめ

5つのシーンで分解して説明しました。
内製化しリクルート用のPVを制作するには
十分な内容になっているのではないでしょうか。

PV制作会社には基本的な流れを理解しながらも
会社の雰囲気や内容によって組み替えたり
プロ機材を使用することで
王道を外した演出力が可能となります。

社内での内製化外注の判断の参考にもなると思うので
ぜひ検討するための知識として持っておくと良いでしょう。

動画制作を依頼するのなら

様々なパターンがある宣伝動画ですが、
フレキシブルに対応出来る制作会社を選びたいですよね。

ソラノウエクリエイティブワークスでは
映画やTV広告にも使用されるレベルのシネマカメラを使用し
最小限の人数で制作を行っております。

映像の質感に拘りながらも他の制作会社様よりも
リーズナブルで納得度のあるクオリティーを発揮致します。

関連記事

  1. 映像制作で効果的な見積もりをとる方法

  2. テンプレートの新しい活かし方

  3. 宣伝動画の作り方 ブランディングのために必要なアイデア

  4. インタビュー撮影で緊張を解くテクニック

  5. ECサイトにとって最適な動画とは

  6. ブランディングのためのストーリー動画の作り方

  7. ASRMってなんだ!?

  8. カメラはより人間の目に。HDR革命前夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP