動画クリエイターがプレミアプロを選択する理由

動画クリエイターにとって編集ソフトを選ぶのは重要な選択の一つとなります。
2020年の現在ではほとんどのソフトが同じような機能を持っています。
その中で何故プレミアプロが選ばれているのかについて紹介します。

得られる事
・プレミアプロが選ばれる理由
・動画編集ソフトの参考
・動画市場

得をする人
・これから動画クリエイターになりたい人
・動画クリエイターとして知識を欲している人
・動画編集ソフトで悩んでいる人

認知度ナンバーワンが理由ではない

選ばれる理由が認知度が高いから、というのは間違いです。
結論、業界標準だからこそプレミアが認知度ナンバーワンなのです。

他の業界では認知度はとても有効指標ですし
意味があると思います。

動画の編集ソフトで言えば
共同作業における共通性の方が重視されます。

動画はみんなで作るもの

本来動画は20人や30人という人による合同芸術です。
それぞれのプロフェッショナルが連携し
一つの作品を作り上げています。

動画の編集においても分業製でした。
デジタル化が進んでも同じです。

問題になったのは各セクションで外注をしていた
編集素材をジョイントさせる時です。

編集した内容がジョイント時に反映されず素材がズレていたり
編集の効果が反映されていないという事態などが起こりました。

プレミアプロはクリエイティブ系の総合ソフトとして
早い段階でそれらの素材を組み合わせてもジョイント時の
トラブルがないようにするための仕組み化がされてきました。

広告業界やテレビ業界の動画編集として地位を
確立したため現在でもプレミアプロは
絶大な認知を持っているのです。

プレミアプロを選んだ方がいい人

仕事別でプレミアプロを選んだ方がいい人を選定してみました。

向いている人
・youtube編集者
・テレビ系動画編集者
・広告系動画編集者

ほとんど全ての業界でおすすめです。
はっきり言ってハズレはありません。
業界スタンダードなので当然と言えば当然です。
しかし、アドビ製品は月額の利用料のかかるソフトです。

業務利用ではない人や、
クリエイターとして仕事をしない人には価格が高く感じるかもしれません。
もし高いと感じている人はこちらのダビンチリゾルブをオススメします。
こちらは無料でほとんどの機能を無料で使えるのでオススメです。

プレミアプロの特徴

なぜ、先ほどの三つがオススメなのかを紹介します。

特徴
・プロジェクトの共有でトラブルが少ない
・バラエティー系のテロップ作成が得意
・高価なPCでなくてもそれなりに動く

競合制作ではプレミアプロ

一番の特徴は他との競業の時に便利です。
孫請けなどの場合は、ソフト指定などあります。

その時に使えないでは仕事を逃してしまうので
プロジェクトが共有の精度や利便性は平均といったところでしょう。

問題点もありますが、基本的には仕方のない部分もあるという意味です。
※ ソフトのバージョンによるトラブルなど相互互換の関係などもあるため

テロップならプレミアプロ

日本のバラエティーのような縁ありでグラデーションの掛かった
テロップ制作はプレミアプロが得意です。

他にもソフトがありますが最近のテレビはテロップへの注力も大きく感じます。
旧来使われていたエディウスでは対応できないクオリティーのテロップには驚きです。

YouTubeの編集動画にもテロップの多くはプレミアプロが使われている印象です。
他のソフトでもある程度の作成は出来ますが
効率の良さ細かいディティールを作れる細やかさでは
プレミアプロの右に出るものはまだありません。

PCのスペックに頼らない動画編集

プレミアプロは他のソフトと比べてCPUとメモリを使用するソフトです。
CPUのコア数と大きなメモリを効率良く使い、データ量のある素材も軽く扱える印象です。

クリエイターとして悩みどころなのがPCの導入コストの高さになりますが
コスパの良い中堅PCでもよく動いてくれるというのがプレミアプロの良い所でしょう。

これらの条件から、プレミアプロが選ばれる理由です。

関連記事

  1. iMovieのインストール方法

  2. CPUについて聞かれた時、専門家っぽくドヤるための方法

  3. ダビンチリゾルブ16のインストール方法

  4. ダビンチリゾルブ16の使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP