アダムグラント「ギブ&テイク」を動画クリエイターが活かすには

名著「ギブ&テイク」を動画クリエイターが活かすにはどうすれば良いのでしょうか。

ギブアンドテイクとは

与える人が成功するという本です。

本の概要はギバーとテイカーが存在し、
ギバーは与える人
テイカーはかすめ取ろうとする人です。
本著はギバーになりましょうという紹介です。

何故なら、最も成功している人達は
ギバーだったからというもの。

しかし、全体からすると
ギバーの多くはテイカーに搾取されがちなので注意
というものでした。

そして搾取されないギバーになるためには……
というのが概要です。

動画クリエイターがギバーになるのは簡単

動画の最大のメリットはどんな業種、どんな人にも与える人になれます。
しかし最大のデメリットは制作にはとても時間が掛かり精神的に参ってしまうこと。

最初はギバーの気持ちが強くあっても
修正や否定に遭うと
途端に心が折れてしまう傾向に向かいやすいです。

理由は簡単です。
膨大は作業量を熟しているが
周囲の人は理解して貰えないからです。

トップギバーになる動画クリエイター

トップギバーの要素として大事なのは
自分のメリットをしっかりと捉えていることです。
与えることでどんな自分に得が得られるかも考えている人は
トップギバーになれます。

動画クリエイターがトップギバーの思考を取り入れるのなら
制作物をどのように次ぎに活かせるかを考えましょう。

使える業種、使えるテイスト
どんなパッケージのスタイルなのか。
営業として使うにももってこいでしょうし
もしかしたら感想ももらえるかもしれません。

営業や次の業界に
アプローチする方法として紹介するのならば
とても有効な手段になるでしょう。

関連記事
DM営業で25%以上の返信率を獲得した方法
映像クリエイター向けDM仕事のとり方

関連記事

  1. 映像クリエイター向け営業戦略〜口コミ戦略〜

  2. 映像クリエイター向け、自分自身の「売り」を見付ける方法

  3. スマートな社会が成功を阻んでいる

  4. クリエイター向け賢い買い物論

  5. マイクの指向性とは

  6. Canon EOS 5Dmk3の電源の入れ方

  7. 無料動画編集ソフトの決定版が決まった件

  8. トラブルシューティングの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP