撮影した動画を美白にする方法

動画編集ソフトを使用して美肌にする方法を紹介します。

得られる事
・美白の概念
・動画を美白に変える方法

得する人
・動画発信をしている人
・どうにか動画素材を美白に直したい人

本来あるべき美白の作り方

美白は撮影前に行うものです。
動画を美白にしたいと思っている場合は
撮影前にセットアップすることが大事です。

広告の撮影では美白を作るために
・撮影のためのメイク
・被写体のためのライティング
・被写体のための背景設計

このようなセットアップを行います。
これはモデルなどに対して行われる撮影です。

今回のテーマはそのような動画ではないですよね。
ですが、それでも美肌にしたい。
そんな人のための情報をまとめました。

整理
・本当の美白は撮影前にセットアップ
・現実はそんなことできない
・撮影後に美白にする方法を紹介

美白アプリのメリット、デメリット

美白にするアプリが様々あると思います。
美白効果は非常に高く、顔の補正なども行ってくれる優れているアプリです。
テストで使用したのは「BeautyPlus」というアプリでしたが優秀でした。

メリット
・綺麗な美白を作れる
・AI認知で最適な白さ
・唇などの補正も行ってくれる

美白にするならば、このアプリを使用した方が良いかもしれません。
ですが、撮影時間は最大3分です。

コンテンツ発信を考えている人は3分以内のショートコンテンツに
まとめる必要があります。

デメリット
・長時間の撮影が出来ない
・自撮り側のカメラしか使えないなどの制限
・サブスクリプションで常時課金状態でなければならない

発熱に注意

使用して分かったのは
顔認識のシステムを利用している点です。

顔のパーツを判断し、その部分に
美白のシステムを利用しています。

動画の撮影時は自撮り側のカメラを使用していても
携帯が発熱している点は不安点です。

カバーを触っていても暖かいと感じるレベルなので
30°程度は発熱していたと思います。
長時間の撮影は物理的に難しい印象を感じました。

スマホにCPUのスペックをフル動員している印象です。
夏場などではスマホ自身を壊す原因にも
なりそうだと感じました。

結論
手持ち撮影のコンテンツ作成以外には向かない。

長時間の動画素材を美白にする方法

動画編集ソフトを使用して美白にする方法があります。
具体的な方法はダビンチリゾルブを使用した美肌動画の作り方を参考にして下さい。

美白とは

そもそもアプリを美白とはどんな状態でしょうか。
肌が白いことです。

しかし美肌の白には様々な色があります。
日本人が求めている美白はミルキーホワイトです。
真っ白よりも、黄色やピンクが混じった白を美しいと
捉えているように感じます。

欧米人の白さは白に青が入ったような
透き通るような白と表現する場合が多いでしょう。

日本人はそのような色は似合いません。
血色が悪いような印象になりがちです。

ミルキーホワイトは血色の良さを含めた
温かい白を目指していくのが良いでしょう。

ポイント
・日本人に合った美白がある
・透き通る白よりもピンクや黄色が掛かった白の方が美しい

白くするだけではダメ

ぱっと見て美肌と動画の中で感じさせるには
肌だけが白くなければなりません。

何故なら、人間の目色を相対認知で見ています。
背景よりも白いが大切です。

そして白く明るくするのがポイントです。

くすみをとる

動画の中で肌のくすみをとるのがもう一つの美白への道です。
肌の中にくすみなど部分的な色の違いがあると美白に見えてません。

美白を目指すならば、くすみが出ないように
事前にメイクアップするのもお勧めです。

今回は撮影後の動画を美白にする方法なので
別の方法を紹介します。

くすみをとるためには肌の部分に
ブラーというボカシを入れます。

ボカシを入れる事でくすみ成分を減らし
美白に仕上げていく
ことが出来ます。

この編集は特殊な編集作業になることが多く
動画を作り始めたばかりの人には難しいかもしれません。

ディテールをぼかすことでくすみ成分を減らす事が出来ます。

ポイント
・肌にブラーを入れる
・肌のディテールにボカシ入れる

関連記事

  1. 旅の魅力

  2. クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

  3. お客様ファーストを動画クリエイター視点で考える。

  4. 「強みを伸ばす」説はスタートアップの段階では嘘

  5. 効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

  6. アダムグラント「ギブ&テイク」を動画クリエイターが活かすには

  7. クリエイター向け賢い買い物論

  8. 映像クリエイターのDM営業で25%以上の返信率を獲得した方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP