クリエイター向け、休みの作り方、活かし方

休みをどうやって作って行くかが一番大切。

作曲家の佐藤さんとの対談

佐藤さんの経歴
<音楽担当作品>
2020 TOKYO MX『スイーツ食って何が悪い!』劇伴
2020 テレビ東京『100文字アイデアをドラマにした!』劇伴 (音楽制作チームで参加)
2019 テレビ東京『知らない人んち』劇伴(音楽制作チームで参加)
2019 舞台『絶唱サロメ』一部BGM
2019 ADKクリエイティブ・ワン『A BATTLE WITH HAY FEVER 2019』BGM&SE
2019『#平成最後映画』-『決まった?』劇伴
2019 映画『21世紀の女の子』-『恋愛乾燥剤』劇伴&劇中挿入曲
2019 映画『よどみなく、止まない』劇伴
2019 ドラマ『僕なら、泣かせたりしない』劇伴
2018 映画『十年 Ten Years Japan』-『その空気は見えない』劇伴
2016 映画『見栄を張る』劇伴(3名で分担)
2014 映画『彼は月へ行った』劇伴

クリエイターの休みは人それぞれ

自分自身に合った一番心と身体が休まる方法を見付けていく事が大切だなと思いました。
大事なのは自分自身の緩みを体感すること。

まずは誰かの真似でも良いから色々とやってみると良いでしょう。
そうやって最適解に至れれば苦しい時も乗り切れるはずです。

佐藤さんへのお問い合わせ

HP
https://curry-gs.jp/creator/sato-taiki
作曲など音に関するご依頼ご相談はこちらまで
info@thaik-sato.com

関連記事

  1. 動画ディレクターになるために必要なこと

  2. ストーリーはもう古い、新しい物語の活かし方

  3. 映像クリエイター向け営業戦略〜口コミ戦略〜

  4. 動画クリエイターのための音を良くする機材選び

  5. 動画クリエイターのための睡眠障害対処術

  6. 無料動画編集ソフトの決定版が決まった件

  7. クリエイター流ギブの流儀

  8. マイクの指向性とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP