クリエイター向け賢い買い物論

クリエイター向け賢い買い物術

買うべき場所を知る

クリエイターのツールには様々なものがあり
その全てを買うのは財布に優しくありません。

買うべき部分をしっかりと抑えることで
賢いクリエイターになれるのではと思いました。

入口と出口論

ピュアオーディオの世界で聞いた格言です。

スピーカーとCDプレイヤー(再生機)の部分に
お金を掛けるのが一番効率敵に良い音質に変えることが出来る。
といった理論です。

確かにと思いました。
そしてそれは他の業界にも当てはまると感じました。

撮影ならばカメラにお金をかける

撮影ならばカメラの性能はとても重要なポイントです。
現像についてはあまりお金をかけなくても問題無いかもしれませんが

出口をLightroomにすることで
効率化を図れると考えれば出口に
予算を投じるはとても重要なポイントだと感じました。

まとめ

何をすればいいのというのではなく
重要なポイントに予算を投じることで
少ない予算で効率的に良い物を揃えていけるのではないでしょうか。

関連記事

  1. カメラ付属のマイクの音が悪い決定的理由

  2. 動画クリエイター向け コンプレッサーってどう使うの?

  3. 旅の魅力

  4. マイクの指向性とは

  5. ノウハウを持つという状態

  6. 「強みを伸ばす」説はスタートアップの段階では嘘

  7. 映像クリエイターのDM営業で25%以上の返信率を獲得した方法

  8. スマートな社会が成功を阻んでいる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP