トラブルシューティングの方法

常に完璧になんてことはありません。トラブルとどう向き合うか。
そこがポイントになってくると思いました。

次ぎに求められる力

トラブルシューティングパワーは
これからの時代に求められる能力です。

何故なら、ミスなく手順通りにやってくれる内容は
人ではなく、機械やAiが肩代わりしてくれるからです。

人間は成果を出す面で重要なのは
機械では出来ないワンオフのようなものや
応用的にアプローチしなければならない内容です。

その中でミスをしないのは無理と言っていいでしょう。
そこでこれから求められる能力が咄嗟に出る
トラブルシューティング能力です。

現金を予想する

当たっている必要はありません。
今持っている知識をフルに活用し、
問題の原因に対する当たりを付けましょう。

この知識が状況を分離し、テストし直す時にも重要になってきます。

そのためには知識必要です。
本質的な部分からテクニカルな面も含めて
総合的な知識がとても重要になってきます。

知らなければ、あたりすらつけられないのですから。

状況を分離する

トラブルの原因を突き止めるのにもっとも重要なのは
状況を分離することです。
時間でも物でも構いません。

原因を限り無く小さい大きさに
分離していく事で、問題の本質が見えて来ます。

改善に向けたテストをする

原因がどの機能や
どの状態になっているのかを調べましょう。

そのためには、同じ条件で環境やセットアップを変えて
トライし直すのがポイントです。
確かめるのは1点に絞る。

この方が確実に原因への予想がつきます。

関連記事

  1. フレームレートって何?

  2. Canon EOS 5Dmk3の電源の入れ方

  3. Canon EOS 5D mk3の撮影モードの変更、操作方法の解説

  4. Canon 5Dmk3 ホワイトバランスの設定

  5. マイクの指向性とは

  6. クリエイター向け賢い買い物論

  7. 映像制作向けデスクトップとラップトップどっちが良いの問題

  8. クリエイター向け、パソコンの性能を知る方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP