トラブルシューティングの方法

常に完璧になんてことはありません。トラブルとどう向き合うか。
そこがポイントになってくると思いました。

完全な状況には必ずならない

どんなに準備をしていても
全てが順調にいくことはありません。

物事を完璧に熟したいという人にとっては
もどかしいかもしれません。

トラブルは必ずついて回るものだと
思いましょう。

トラブルの種類

トラブルには幾つかの種類があります。

・現状打開出来ない致命的トラブル
・クライアントに打ち明ければ調整可能なトラブル
・チーム内で解決出来るトラブル

この三つの種類のトラブルを即座に見極めることが大切です。

次ぎに求められる力

トラブルシューティングパワーは
これからの時代に求められる能力です。

何故なら、ミスなく手順通りにやってくれる内容は
人ではなく、機械やAiが肩代わりしてくれるからです。

人間は成果を出す面で重要なのは
機械では出来ないワンオフのようなものや
応用的にアプローチしなければならない内容です。

その中でミスをしないのは無理と言っていいでしょう。
そこでこれから求められる能力が咄嗟に出る
トラブルシューティング能力です。

現状を予想する

当たっている必要はありません。
今持っている知識をフルに活用し、
問題の原因に対する当たりを付けましょう。

この知識が状況を分離し、テストし直す時にも重要になってきます。

そのためには知識必要です。
本質的な部分からテクニカルな面も含めて
総合的な知識がとても重要になってきます。

知らなければ、あたりすらつけられないのですから。

状況を分離する

トラブルの原因を突き止めるのにもっとも重要なのは
状況を分離することです。
時間でも物でも構いません。

原因を限り無く小さい大きさに
分離していく事で、問題の本質が見えて来ます。

改善に向けたテストをする

原因がどの機能や
どの状態になっているのかを調べましょう。

そのためには、同じ条件で環境やセットアップを変えて
トライし直すのがポイントです。
確かめるのは1点に絞る。

この方が確実に原因への予想がつきます。

関連記事

調べる技術

実践を経験しながらワンオペの動画クリエイターに
なりたいという方にオススメです。

制作技術から実践で出会うトラブルの対処まで
学校では学べない感覚を体験し
自分の力にできます。

制作する技術+自分を売る技術
セルフブランディングの方法を学び
これからの時代に生き残る方法も
理解していきます。

その実戦経験を積みながら自分の生きる術を学んでみませんか?
動画クリエイターズスクール

関連記事

  1. クリエイター向け、パソコンの性能を知る方法

  2. クリエイター向け賢い買い物論

  3. 動画クリエイター向け コンプレッサーってどう使うの?

  4. クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

  5. 調べる技術

  6. マイクの指向性とは

  7. 法人向け営業戦略

  8. スマートな社会が成功を阻んでいる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP