良質なコンテンツとは

コンテンツの質の違いって何?

良質なコンテンツの条件

・新しさ
・テクニカルな情報になっているか
・情報が集積されているか

この三つなのではと思いました。

新しさ

新しいは正義。
入れ替わりの激しい世界で新しさは重要な基準です。
新製品、新発見という意味だけでなく、再発掘、リバイバルといった視点でも新しさは重要な指標ではないでしょうか。

第3次ブームのタピオカも1号店の物珍しさが一つポイントと言えるのではないでしょうか。
希少性に近い新しさは関心が高くなりやすいのです。

テクニカルな情報とは

技やテクニックなど、使い勝手の良い情報になっているかがポイントです。

楽をしたがる人間ですから、すぐに実践出来るような技が入っていることがポイントです。

プラスして本質を理解するためにもテクニックがあると本質を知るための方法として分かり易いのも良質な点としてあげられるなと思いました。

集積された情報になっているか

情報やココの技も本質に合わせたセットアップになっていなければ価値として高いとは言えないと感じます。
セミナーのコンテンツによってはバラバラになっているものもあり、不安を感じさせるものもありました。

集積具合の指標はそれぞれの本質によるところだと思いますが、情報の集積具合をみてみるのが
良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. BlackmagicDesign URSA Mini4.6Kの導入

  2. 動画マーケティングと活かし方について

  3. 宣伝動画の作り方

  4. プロジェクトXに学ぶ感動ストーリーの作り方

  5. YouTuberのこれから、新しい発見と生き方

  6. 4K動画の発注は本当に必要なのか

  7. 自社のYouTube動画を伸ばす方法

  8. 動画制作ならソラノウエクリエイティブワークス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP