ECサイトにとって最適な動画とは

小規模事業者や個人向けECサイトDtoCが加速するでしょう。
時代の流れに伴いECの強化をしようと思っていませんか。

ECサイトの中で、どこに何が必要な動画になるかを解説します。
動画を依頼するときの参考にしてもらえれば幸いです。

得られること
・ECサイト向けの動画が分かる
・トップ動画と商品紹介動画の違いが分かる
・サイトと動画の関係性が分かる

得する人
・ECサイトを構築している人
・DtoCでの展開を検討している人
・ECの動画について知りたい人

EC必要な動画は2種類ある。
サイトブランディング用のトップ動画と
商品の価値を高める商品プロモーション動画の二つです。

何故この二つなのか。
一つはECサイトが持つ特性にあります。

DtoC、ECサイトの特性

DtoC向けのECサイトは自社の商品しかありません。
ライバルは他の同業種商品になります。

商品名を検索し、検索列にある商品サイトの中から
自社の商品を選んでもらわなければなりません。

最初に訪れるページは
ほぼ自社のトップページになるでしょう。

商品を選び検索に来るのですが、サイト全体のイメージで悪い
印象を持たれてしまうとそこでユーザーは離脱してしまうからです。

ECサイトは銀座の旗艦店である

銀座1丁目、6丁目を歩いた事はありますか?
通りはブティックなど有名メーカーの旗艦店が連なっています。

ECサイトはこの通りと同じ構造です。
ユーザーには商品を手にする前にお店に入ってもらわねばなりません。
そして安心してもらう必要があります。

ユーザーに少しでも興味関心を引いて貰うために
商品ディスプレイは洗練されています。

ポイント
・第一印象を大切に
・雰囲気で安心感を
・ECは銀座1丁目である

検索時も同様です。
トップページは魅力的で洗練されていなければならないでしょう。

トップページ動画の役割

ブランディング力を高めるための動画は
自社の魅力を表している動画を制作するのが重要です。

動画にはバックボーンのある
ストーリーを感じるものが良いでしょう。
魅力的な商品の映像は
トップ画面では最重要ではありません。

商品がどんな環境で生産、制作されているのか。
商品に思いはあるのか、想いが体現できているのかがポイントになります。

ポイント
・ストーリー性を大事に
・バックボーンをみせる

サイトトップの動画は音の再生はしない

ほとんどのサイトでは音の再生は出来ないようにしています。
検索欄から移動した先で突然音が鳴り始めると、ユーザーは驚き
ページを閉じてしまうでしょう。

トップページは音なしの映像で構成で考えるべきです。

ストーリー性ある動画とは

音を使わずストーリー性を出すためには人物の登場が不可欠です。
生産工場や生産地、植物や家畜、健康的や様子や自然の豊かさ。
信頼のおける職人かもしれません。

登場人物は経験豊富という表情が重要です。
道具へのこだわりや時間、物の選別で目の光る瞬間などが
垣間見えると良くなります。

安心安全で機械による生産工場などを入れるのは
ポジティブではありません。

食品や加工品では天然や自然と言った表現で
直接人の手を介している方が良く映ります。

ポイント
・人物を入れるのが大切
・表情が重要
・人の手を介してる

何故なら、日本人は心理学的に機械に対して大量生産、粗悪=不衛生
という文化が染みついたままだからです。

トップページには人の手が介在し
よい品質であるメリットを
打ち出せるような演出が必要になるでしょう。

商品紹介用の動画

商品のメリットを打ち出す動画になってきます。
内容によっては実際の生産者や
利用者のインタビューも入るかもしれません。

詳しくは商品プロモーション動画の作り方が参考になるはずです。

商品紹介ではサイト内の構成と
動画の関係性が重要
になります。

商品紹介ページで紹介されている内容を
動画に入れ込むのは得策ではありません。

どちらかが補足の関係であるべきです。
何故なら、ユーザーに2度も内容を伝えているのと
同じになりくどさが出てしまうからです。

不快感を与えない構造にするためにもページと動画は
連動している方がポジティブ
に働きます。

ポイント
・サイトの構成と動画は連動して作る
・重複は避ける
・どちらも補足の関係に

文章がメインのページならば商品は、魅力を演出内容を中心し
説明は最小限が良いでしょう。

動画に商品説明を入れているのであれば商品ページは動画では
説明出来ていない部分で補足程度にまとめるのが良策になります。

動画と商品ページは連動的であるべきです。
動画の依頼をする時にもページ全体の構想など
まとまった形で依頼するのが
差別化に繋がるECサイトの構築になるでしょう。

EC向けの動画制作を選ぶ時は、そのような知見や
構成の理解のある制作会社を選ぶのが良いでしょう。

ソラノウエクリエイティブワークスではECでのサイト構築に合わせて
ブランディングを強化出来る動画の制作を行っています。

関連記事

  1. 動画マーケティングと活かし方について

  2. プロフェッショナル風動画の作り方

  3. 面白いとはなんだ。

  4. インタビュー撮影で緊張を解くテクニック

  5. ブランディングのためのストーリー動画の作り方

  6. CMの種類とヒットのパターン

  7. 動画制作ならソラノウエクリエイティブワークス

  8. 動画制作会社の費用丸わかり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP