宣伝動画の作り方 ブランディングのために必要なアイデア

前半部分は宣伝動画の種類や
主な宣伝方法の動画を紹介してきました。

後段では残りの宣伝動画のパターンを紹介しながら
その作り方も簡単に紹介していきます。

前半部分の宣伝動画の作り方の紹介はこちら

利用風景動画

一番簡単に作成できる動画として利用風景動画です。
しかし宣伝動画の広告効果としては
それほど高くはありません。

ですが制作が容易なのと
宣伝動画を検討している場合に
思いつく動画のパターンだと
思ったので列挙しました。

利用風景のメリットは
商品のある環境がよく分かる点です。

利用イメージの想像につながり
購入後のイメージが想像出来る点です。

デメリットとしては利用風景が
ブランドイメージを崩す可能性もある点と
利用イメージがマッチしない
可能性も考えられる事です。

利用風景は宣伝として
プッシュする要素が薄いので
利用している世界感が合っていないと
イメージダウン
に繋がる傾向にあります。

利用風景を宣伝動画として
活用する場合には戦略的な方法をとるか
他の動画のパターンと組み合わせるのが
重要になるでしょう。

利用風景に宣伝効果がない理由

視聴者が動画の作り方を見出さなければならないからです。
利用風景そのものにはメッセージはありません。

視聴者が目的を持って動画の内容を
判断しなければならなず
高い効果は得られにくいでしょう。

利用風景動画の作り方

この動画は実際の利用風景を
撮影させて貰うのが良いでしょう。
社員の人が使っているものでも
良いかもしれません。

実際の利用者に調整し撮影させて
貰うのもよいと思います。
商品と利用者がおなじ
カメラの中に入っているようにしましょう。

全体を入れて何をしているかが
分かるようにするのが基本です。

利用風景は商品のレビューや
使い方動画全体の中のワンシーンとしても
利用される可能性が高いです。

ですので利用風景をより
宣伝目的でと考えている場合には
他の動画との組み合わせで行うのが良いでしょう。

インタビュー動画

商品やサービスを利用者に
インタビューをする動画がインタビュー動画になります。

インタビュー動画のメリットはより
宣伝的な内容を組み込める点です。

レビュー動画の場合、主体性はあまりませんが
インタビューの場合ならば質問によって
コメントが欲しい内容、商品について
触れてほしい内容をコントロール出来る面があります。

他にはインタビューならば動画の撮影が
さほど難しくない点が良い点と上げられます。

デメリットとしてコントロールしている部分があるのも
視聴者は分かっているため宣伝要素が入っていると
視聴者も理解しているのが前提になります。

インタビュー動画の作り方

いかに自然なコメントになっているかが鍵
インタビュー動画は作為的な要素が拭えません。

言わされているような印象を作ってしまうと宣伝効果が低くなります。
ですので、インタビューされている人がいかに
自然にコメントしているかが最も重要になります。

自然なインタビュー動画を作るには
インタビュー動画で恥をかかないコツ
詳しく書いていますのでそちらを読むことをお勧めします。

自然なコメントをとるためには、質問リストを作り
その前にアイスブレイクを入れるがポイントです。

撮影者は回答する人の知り合いや友人関係だと緊張がほぐれます。
インタビューの場合重要なのは映像よりもコメントになるので
映像がぶれていたりすると意識が手ブレにばかり向かい内容が入りません。

三脚などを使い、固定した状況で撮影しましょう。

ブランディング動画

TVCMのような商品の打ち出しの少ない
イメージ中心の動画になります。

宣伝動画としては制作費が掛かる部類
動画になる傾向が高いです。

何故なら、ブランドイメージを上げるために爽やかさや
高級感などの方向にシフトするのが多いからです。

動画の性質上高級感を演出しようとすると
莫大な予算が必要になるためご自身で作るのが難しい傾向にある
パターンの動画になります。

ブランディング動画を宣伝として利用する場合には
動画の接触回数を増やすのが重要になります。
広告の出稿プランについても検討し行うのが良いでしょう。

ブランディング動画の作り方

ブランディングをご自身で作られる場合は
少ないと思うので依頼する場合の
ポイントを伝えたいと思います。

会社は何をめざしているのか。
この要素を伝えると良いでしょう。
商品やサービスは何を解決するのか。
そして未来はどうしていきたいのか。

ブランディング動画は
長期間この動画がどんなイメージを持って貰うか
商品やサービスを利用する事で利用者は
どんなステイタスを手にする事が出来るのかを考えておきましょう。

キャッチコピーやブランディング動画のコンセプトは
このようなヒアリングから始まります。

予算感についても先に打ち出せるのならば伝えておくのがポイントです。
企画提案の段階で予算実行不可能な企画も持ち込まれます。

選択枝の中で実行したい動画プランを選びたいのならば予算感が分かると
企画に反映されたものが出てくると思います。

もし企画の内容を楽しみたい新しい世界感を
打ちだして欲しい場合いは予算を伝えるのは避けましょう。

予算の縛りによってクリエイティブが
発揮されないことはよくあります。

企画段階でブランディングイメージを
確立したいのならばそのような自由度を与え
新しい視点を迎え入れる準備をしておきましょう。

ショートストーリー動画

制作は難しいですが、宣伝動画としては効果が高い動画です。
ストーリーは人を引きつけます。

直接的な宣伝効果よりも
商品のある世界をストーリーで打ちだしたり
ストーリーの中で最終的に商品やサービスが
紹介される動画が主な傾向です。

ブランディング動画としても
ショートストーリーは活用されています。

ショートストーリーの場合、物語を作るのが大変です。
素人の演技は動画では顕著で
目立つため見苦しい動画になりがちです。

ですので役者に依頼し演技指導をし
動画で撮影するという形になりますので
ご自身で制作するのは難しい部類になるでしょう。

ショートストーリーを活かしたCMとして
コーヒーCMから分かる売れているCMの作り方
参考になるかもしれません。

企画動画

企画動画とはイベントの中で隠れて撮影し
様子を映像化するものや、特定の誰かとタイアップし
企画の進捗を追い掛けるパターン
YouTuberなどの動画企画の中で登場するなど
内容にフォーカスしている動画になります。

宣伝動画としては直接的なものから間接的な動画まで
様々ですが企画動画の注目度は高く関心の得やすいでしょう。

企画動画は企画を練る事が出来るかと
リーチする範囲によってご自身で制作可能か
どうかが分かれてくるでしょう。

リーチ出来る範囲

既にファンになっている顧客や地元地域の顧客
強い関係性を持っている人にだけ届けるのが良いでしょう。

新規の見込み客などへのアプローチは
企画のレベルが高くなるので制作レベルも高くなりやすいので
企画の実効性を考慮して作るのが良いでしょう。

ファンに届く動画は届きやすい

根強いファンが喜ぶ、楽しめる企画ならば
宣伝動画の価値を発揮出来るでしょう。
動画のクオリティーが高くなくても問題ありません。

何故なら商品やサービスの先にある
人との関わりの中で生まれている関係での
コミュニケーションになるので動画のクオリティーではなく
動画を作っている人間が表現されていることで
ファンは喜んでもらえるからです。

企画動画の作り方

コミュニケーションとしての動画を作りましょう。
動画の質や雰囲気よりもファンへの呼び掛け
あなたを知っているというような関わりが表現されている
動画を作りましょう。
内輪ネタを入れ込むと良いです。

宣伝動画としては、ファン向けのリレーションシップ
大事にした動画がポイントになります。
YouTubeのライブ配信のような感覚でも良いでしょう。

まとめ

様々なパターンの中で制作出来る規模や
イメージを分類するのが大切です。
そこから実行性を考えるのが良いでしょう。

関連記事

携帯CMのヒットから考える売れるCMとは
物語の構成、起承転結の作り方

関連記事

  1. 2020年のマーケティング、アフターコロナ以降の消費の流れについて

  2. 2017年の動画マーケティングとは

  3. テンプレートの新しい活かし方

  4. 半沢直樹風動画の作り方

  5. インタビュー撮影で恥をかかないコツ

  6. どんでん返しの作り方/構造について

  7. ASRMってなんだ!?

  8. 観光プロモーション動画を作るポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP