工業部品の紹介動画の作り方

工業部品の紹介動画は、製造業や工業分野で重要な役割を果たしています。
この記事では、工業部品の紹介動画について、
その重要性や作成方法、具体例などを詳しく解説します。

工業部品の紹介動画の重要性

工業部品の紹介動画は、製品開発や製造工程の改善など、様々な場面で活用されます。
工業部品が商品である場合は商品のPRになるでしょう。
企業の技術力や、製品特性など会社の紹介になる場合もあります。

そのためには、紹介したい内容を事前に決めておくことが大切です。
動画を作ろうとすると必ず出てくる話題が複数のプロモーション要素を盛り込めないか。という欲です。
しかし、複数のプロモーションは「二兎追う者は一兎も得ず」のようにプラスになることがほとんどありません。
ですので、紹介動画を作る初期段階では、目的を一つに絞ることをオススメします。

これから商品紹介する動画を作る上で何をPRするのが良いのか。
そのための、視点をいくつか紹介します。

どのような工業部品の紹介動画を作るべきなのか参考にしてください。

工場紹介動画の作り方

製品開発

工業部品の紹介動画は、新製品開発において、設計や試作の段階で重要な役割を果たします。
製品に必要な部材の選定、設計のプロセスなど技術力や精度を魅せる場合に有効です。

開発状況を一般に公開するのは技術力流出の危険性が伴いますので、開発の様子を紹介の中に入れ込む場合は、
十分に現場の単調部署と営業との内容の擦り合わせが重要になるでしょう。

開発環境や開発プロセスに価値がある場合には、実写での演出を避け、アニメーションなどで紹介するのも有効です。

製造工程の改善

現代では柔軟な対応力と速度は重要な魅力的価値です。
それらをソリューションや付加価値として打ち出している企業もあります。

製造工程の改善においても、スピード感や改善プロセス、状況の共有など工業部品の商品以外にも魅力は隠されています。
工業部品の紹介の中で、これらをPRの要素として見せていくことで販路拡大に繋がることもあります。

会社案内動画の作り方

製造量や流通

工業部品は、サプライチェーンの一つです。
部品単体としての価値ではなくサプライチェーンの中での価値を見出すのも製品のPRに繋がります。

生産体制は、どのような量をどれくらいの期間で生産できるかという工場の体制も価値です。
それは工場内だけで完結させてしまうのは損をしています。

流通まで考えた状況を考えるのが良いでしょう。
流通については、運送業者が担うべきところかもしれません。
しかし、サプライチェーンの中では流通に掛かるコストや時間的な損失は大きく
これらを考えた上での体制を紹介すること姿勢や体制が信頼感や価値に繋がります。

盤石な体制は、サプライチェーンにとって価値になることは間違いありません。

管理体制

次ぎの時代を読み、先進的な管理体制があるのであれば、次ぎの時代で必ず評価されます。
であるならば、管理体制を工業部品の紹介の中で見せることでプロモーションに繋げることができます。
現在の管理体制は、どのようになっているでしょうか?

人とシステムの融合、データの蓄積と改善へのアプローチが求められています。
これらの要求に応えることは、長い目で見たときに安心感や信頼に繋がるでしょう。

製品販売

製品販売においても、工業部品の紹介動画は重要な役割を果たします。
実績や納入先が見せられるのであれば、PRに繋がります。

遠方へにも納入しているのであれば、流通に関して安心感を与えられるかもしれません。
営業時に使用することを想定した動画では、このようなイニシアチブを握ることも需要になりますので
技術や現場、経営陣の意見を汲み取りながらも営業面で活用のされかたも考慮すると
工業部品の紹介動画としての価値を高めていくことが出来るでしょう。

工業部品の紹介動画の作成方法

工業部品の紹介動画の一般的な作成方法を紹介します。
あくまで一般的な方法です。全てのプロセスが必要な訳ではありません。

自社の状況や環境を踏まえて、必要のないところは省略することも可能です。
社内で解決できない部分などは外注など任せるなど、参考にしてください。

製造プロセス紹介動画の作り方

動画を何に使いたいのか

前提として、工業部品の紹介動画を何に使いたいのか明確にしましょう。
ここでは経営面、営業面での擦り合わせが重要になります。

動画をどこで使いたいのか明確にしていくことが大切になります。

・工業部品の紹介動画が自社のブランディングに繋がるために作りたいのか。
・工業部品の新規販路開拓に使いたいのか。
・工場見学などの取り組みや地域貢献に対応するためのなのか。

目的な様々あると思います。
動画も目的に沿って仕様がそれぞれ違います。
そのために、最初にどこで使いたいのか。
これを決めることが動画作りで大切になります。

コロナ後の採用動画の作り方

動画のもつ力

現在、情報を伝える、PRとして情報を発信する媒体として動画を越えるものはありません。
理由は様々ありますが、文字では伝えられないものを情報として伝えられる。
この力が大きいと言っていいでしょう。

動画は、空気感や実態を表現するのに向いています。

例えば、工業部品では、製品の性能も大切ですが、体制や環境も判断基準になっていたりしませんか。
現場の環境や空気がプロモーションにもなっています。

このような視覚的な情報は効果が期待できると多くの人が判断しているようです。

企業向け調査データで見る“動画活用のメリット” 経営者、営業、宣伝、広報など職種別の傾向も紹介

完成時期

動画を作るのは、簡単ではありません。

工業部品の紹介動画のような動画は、Youtubeの投稿動画とは質が違うため、動画を作るのに時間をかなり要します。
どこで使いたいのかが決まっていると、その使いたい時期も必然的に決まってきます。
その時期までに間に合わせるために逆算的に考える必要があります。

しかし、初めて内省で作ることを考えている場合は
この予想を立てることが非常に難しいので、十分に余裕を持たせた完成時期を設定するようにしましょう。

短期間での動画作りは、無理を強いる場面が増えてしまうため現場などに亀裂を作りやすくなるためオススメしません。
完成時期の決定は、双方との擦り合わせをしっかりと行うようにするのが良いでしょう。

構成と洗い出し

工業部品の紹介動画を作る場合、構成を作り込むのが大切です。
構成は、手順を作成するように、始まりから終わりまで何を紹介するのかを一つずつ書き出していきます。

最初は、文字で打ち込んだだけのもので問題ありません。
各パートで何が紹介されるのかが誰が見ても分かるように、見える化しましょう。

次ぎに必要な撮影部分の洗い出しを行います。
各パートで動画は何を撮るのか。洗い出します。最初から完璧を求める必要はありません。
構成も状況に応じて修正が必ずと言って良い程入ります。
現段階での構成から塑像して、どんなものを動画で撮るのか。
リストを作成しましょう。

調整と修正

工業部品は生き物です。生産ラインや納入時期などによって、様々な動きをしています。
動画の完成時期を逆算した場合、その生産ラインが動いていない場合もあるでしょう。
生産ラインによっては、部品が完成するまでに複数の工程を経る必要があり、
それぞれのセクションがズレている場合がもあります。

現在の状況を再度確認し、構成の中で必要なものが全て撮影可能なのか考えることが大切です。
制作期間の中で全てを撮影出来ない場合には、構成の内容を見直すか、
特別に生産ラインを稼働してもらうなど調整が必要にもなります。

現場の方は予定にない動きをすることを嫌いますので
しっかりと事前調整や理解を進めるのも動画制作の工程では大切になります。
そのための調整期間も、制作期間に入れて完成時期を設計するようにしましょう。

工場見学動画の作り方

撮影

カメラ選びに注意しましょう。
工場などの生産ラインがある現場は、見た目以上に暗く映る場合が多いです。
理由は、工場などの天井が高いためです。

天井に取り付けてある照明の明かりは、地上までオフィスと違い距離があるため光量が落ちています。
人間の目は環境に応じて明るさを自動補正しているので、明るく見えているのですが、カメラは違います。
カメラから覗いて見ると真っ暗になりがちになり、カメラ選びで失敗することもあります。

暗い場合は照明器具を準備して撮影するようにしましょう。

工業部品の紹介動画では、撮影スケジュールを守ることを重視しましょう。
撮影のために生産ラインを乱すことは得策ではありません。

生産ラインの稼働状況や流れを見て撮影を進めていくのが大切です。
仮に十分な撮影が出来てないなくても、次ぎに進むなど判断が必要になってきます。

そして周囲の確認もしっかりと行いましょう。
生産ラインの周辺には、様々なものがあります。
事故やトラブルに繋がる可能性の高いものが多く危険も付きまといます。

撮影者はカメラを回すとモニターなどに意識がいき足下や周辺にまで注意を払えません。
必要であれば、撮影者の周りで事故や危険な行為が行われないか監督する人を立て、安全の確保に努めてください。

編集

撮影した映像とナレーションを組み合わせ、動画を編集します。
編集ソフトを使用することで、映像や音声のトリミングや調整、タイトルの挿入などが行います。

編集では、まずは構成通りに編集するようにしましょう。
生産ラインが前後していないか、漏れがないか確認します。

テロップ、ナレーション

テロップは、動画の内容を説明するのに用います。

動画だけでは伝わらない部分を説明するために補足するのは勿論のこと、
工業部品の紹介動画では、現在の動画が構成のどこに当たるのかなどが明確になるように
説明できるようにしておくと良いでしょう。

また撮影した映像に、ナレーションを付けることで、よりわかりやすく工業部品の特徴や用途を伝えることができます。
ナレーションの場合は、言葉の分量の分だけ動画の時間が必要になりますので、撮影するやり方も難しくなります。

まずは、テロップで動画だけで動画を作るようにし、慣れてきたらナレーションを入れられるような動画を作るなど
段階的に作ることをオススメします。

企業の紹介動画作りのポイント

工業部品の紹介動画制作における注意点

工業部品の紹介動画を制作する際には、以下の注意点があります。

技術的な解説の明確化

工業部品は、その構造や材質、用途などについて技術的な解説が必要です。
しかし、専門用語や図表などを多用しすぎると、一般の人には理解しづらくなってしまいます。

ここでは動画をどこで使用するかでそのレベルを調整する必要があるでしょう。
一般向けにレベルを落とす必要はありませんが、設定のターゲット層に理解できるような明快さは必要になります。
図表やアニメーションを活用して、工業部品の特徴などにわかりやさが出るようにしましょう。

ブランディングに配慮する

工業部品の紹介動画は、自社の製品やサービスをアピールするために制作される場合が多いです。

そのため、ブランディングに配慮することが必要です。
ブランディングでの注意点は説明過多になりすぎないことです。
動画で説得することがブランディングではありません。

動画では、興味関心を抱いてもらい自社のサービスに触れて貰うことまでがブランディングになるでしょう。
そこから先の技術や特徴についてはプロダクト自身が説明してくれます。

端的に強みとなる部分を紹介する程度に抑えることもブランディングでは大切になります。
間違ってはいけないのは、ブランディングを重視した動画の場合に限ります。
工業部品の紹介動画の目的によっては、十分な説明の方が重宝される場合があり
ケースバイケースであることを忘れてはいけません。

VR会社案内動画の作り方

工業部品の紹介動画の配信方法

工業部品の紹介動画は、どのような方法で配信するのが効果的なのでしょうか。
以下に代表的な配信方法を紹介します。

YouTube

YouTubeは、世界中で利用されている動画共有サイトであり、無料で利用できます。

自社のYouTubeチャンネルを開設し、工業部品の紹介動画をアップロードすることで、多くのユーザーにアピールすることができます。
また、YouTubeは検索エンジンの一種でもあり、SEO対策を行うことで検索結果の上位に表示されることも可能です。

SNS

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを活用することで、
工業部品の紹介動画を多くのユーザーに拡散することができます。

また、SNSの広告機能を使って、ターゲットユーザーに向けた広告を配信することもできます。

自社ホームページ

自社ホームページに工業部品の紹介動画を掲載することで、
製品に興味を持ったユーザーに向けた情報を提供することができます。

また、ホームページのトップページに埋め込むことで、より多くのユーザーにアピールすることも可能です。

オンライン動画配信、自宅収録のオススメ機材

おわりに

工業部品の紹介動画の動画作りは、準備や調整が重要になります。
そして現場の担当者や責任者の理解をしっかり得てから制作するようにしましょう。

動画は一本だけでは、効果を期待できません。
長期的なことを考えれば、複数制作し、様々な用途に利用できるようにするなど複合的な活用を視野に入れましょう。
そのためには、社内でもWin-Winな関係作りが大切です。

双方の理解のもと動画を作ることができます。
一つの部署が引っ張るのではなく、協力と理解のもと動画を作る関係作りからはじめてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 展示会用のプロモーション動画の作り方

  2. 工場見学動画の作り方

  3. 研修、講義動画で迷う、アレについての解答

  4. 製造プロセス紹介動画の作り方

  5. リクルート動画の作り方

  6. ユーチューブCMを解析し、使える広告に。

  7. インタビュー撮影で緊張を解くテクニック

  8. 会社案内ビデオの作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP