インタビュー撮影で緊張を解くテクニック

インタビューで出演者の緊張を解く方法を紹介します。

得する人
・内製化を考えている社内動画担当者
・動画クリエイター

得られる事
・質問術
・緊張を解く方法

質問の前にアイスブレイクは準備出来ているか

質問法の前にアイスブレイクは準備は出来ているでしょうか。
アイスブレイクとは場を和ますための話題です。

「天気の話」や「気候の話」に当たる部分になります。
インタビューで自然なコメントを引き出すには
場の緊張感を解く必要があります。

何故なら、殆どの人はカメラ慣れしていません。
さらに、人がいない中で喋るのは難しいのです。

ポイント
・アイスブレイクの準備
・緊張を解く工夫
・カメラ向ければ誰でも緊張する

正面にカメラがあれば緊張している場への
緊張を解除していくのが最初の目的になります。

アイスブレイクにも質問術が必要

質問は緊張をほぐします。

質問によって出演者が考えます。
すると周囲へ向いていた意識から内側の意識に移動するため
緊張をほぐす事ができます。

大事なのは、出演者が考えるような
質問でなければなりません。

それでは具体的には
どんな質問が良いのでしょうか。

緊張を解く質問法

オープンクエスチョンの個人的な見解が許される質問が良いでしょう。

「それについてはあなたはどのように考えているのでしょうか」
「それについて詳しく教えてください」
「それを例えていうと、どんなものですか」
「他にはどんなものがあるのですか」

テーマを深掘りする質問

アイスブレイクでのテーマをより
深掘りする質問で出演者の中に意識を誘導します。
出演者が自問するような形踏み込めると良いでしょう。

要約させる質問

主演者にテーマに対して教えをこう構図にしましょう。

クイズの出題のようなイメージを与えてしまうのは避けてください。
関係性に距離が生まれてしまいます。
テーマのことが深く分からないのでどんなものなのか
教えて欲しいという形で教えをこう形で質問するのがベターです。

水平思考の質問

関連するほかの要素を考えさせ
周囲の意識から引き離す質問です。

沢山回答もらうのが目的ではありません。
考えてもらい、撮影の緊張感を緩和させるのが狙いです。

水平思考の回答が得られたからと
フォローアップがないと失礼になるので
興味関心と感謝を忘れないようにしましょう。

インタビューで効果的な質問方法

本番の撮影時に有効な方法です。

どんなにアイスブレイクで和ませても、カメラを向ければ緊張します。
この方法を使えば、緊張感を減らせます。

本当に必要な質問は最初にしない

大事な質問は中盤に。
最初は誰でも答えられるような質問にしましょう。

緊張もするし、間違ったコメントをしては
いけないと思っています。

最初はクローズドクエスチョンでも構いません。
最初は回答する流れを作り
質問する回答する流れをつくり場慣れを促しましょう。

重要な質問は3種類の方向性で準備をしておく

質問の流れで間違った解釈をされる場合の
対策をしておきましょう。

絶対に引き出したいコメントに対しては3パターン程度
似たようなコメントを引き出せる形を準備しておくのが大切です。

インタビュー動画を作りたい時

とはいえ、コミュニケーションをとりながら効果的な質問を
使い引き出すのは難しいと言えます。

その場合は無理せず動画の制作を外注する方がいいでしょう。
何を活かし、何を引き出すかに慣れている者が担当すれば
スムーズに進行も行ってくれます。

インタビュー動画の制作をしたい場合には
ソラノウエクリエイティブワークスにご相談ください。
まずは資料請求からお気軽にどうぞ。

関連記事

  1. DtoC向け動画戦略

  2. 動画制作会社の費用丸わかり

  3. 4K動画の発注は本当に必要なのか

  4. 地域プロモーション動画の作り方

  5. プロフェッショナル風動画の作り方

  6. プロジェクトXに学ぶ感動ストーリーの作り方

  7. 面白い物語の作り方

  8. ASRMってなんだ!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP