動画の中でストーリーを作る方法

ストーリーを活かせと言われても
何をどう活かしたらいいかわからない。

そんな人のために動画でストーリーを
引き出すためにできることを紹介します。

得する人
・動画クリエイター
・動画制作者
・内製化で動画制作担当者

得する内容
・動画のストーリーを知る
・リアルなストーリーの作り方
・ストーリー性について分かる

ストーリーとは概念

「これがストーリー」という決定的なものはありません。
ストーリーとは人それぞれの感じ方です。

十人十色であり、同じものを見ても
ストーリーを感じる人もいれば
感じない人もいます。

結論、ストーリーとは想像性です。
目に写っている映像以外に時間的奥行きを感じればストーリーになります。

時間的奥行きとは

時間的奥行きとは
映像存在する情報以外に想像できる内容です。
主に、過去の経緯、プロセス、感情が含まれていることが多くあります。

時間的奥行きを与えると説得力がつきます。
動画では説得力は重要な価値です。

説得力を作るためにストーリーがあると言っても
過言ではありません。

説得力をつくるために

時間的奥行きは、間や表情から察する世界です。
大河ドラマの冒頭にある史実の解説は、時間的奥行きにはなりません。
時間的奥行きは想像性です。

人間は意味を求める生き物です。

出演者の言葉の間や表情から視聴者が過去や経緯を想像してはじめて
ストーリーを感じ取るのです。

そのために言葉の間や表情を動画の中に盛り込み
視聴者に想像の幅を作るのが最も重要な要素と言えます。

ストーリーの要素

事実と感情です。
ストーリーにとって大事なものはこの二つです。

事実に対して何を感じ
何を思ったかが重要な要素になります。

何故なら人は感情に
ストーリーを感じるからです。

事実や事象に対してキャラクターが何を感じて
行動を起こしていくかに興味があるのです。

ストーリーの起点は感情です。

ヒーローズジャーニーの弱点

ヒーローズジャーニーとは面白い物語を作る法則です。

ヒーローズジャーニーの要素(一部省略)
1 きっかけ
2 旅の始まり
3 仲間との出会い
4 困難
5 困難の克服
6 報酬の獲得
7 帰路

分かりやすい参考例は
「ロードオブザリング」になります。

主人公のホビットのフロドは
指輪を破壊するために旅に出ます。
旅の途中、仲間に出会い仲間と共に
苦難を乗り越えていく物語です。

ロードオブザリングはヒーローズジャーニーのフレームに沿って
作られている物語です。

映画の終盤ではいつの間にか
主人公に心を重ね、悪を憎み主人公を応援している気持ちなっているでしょう。
それがヒーローズジャーニーの物語法則です。

しかしそのヒーローズジャーニーのフレームでは
最も重要な要素が省かれています。

視聴者を引き込むために最も重要な主人公の感情です。
感情なしに、物語は動きません。

何故、主人公が物語の中で行動しているのか。
理由となる感情が大事となります。

主人公の感情に共感できなければ、面白さは生まれません。
面白さは、視聴者の共感が得られている前提で
キャラクターの感情の揺れ動きがあることです。

キャラクターの感情の揺らめきを起こすフックとして
トラブルや壁があるだけになります。

ストーリーを生み出すめには出演者の感情と
感情を動かした事象となるフックが必要なのです。

ストーリーの作り方

事実と感情のリストを作りましょう。
縦は時系列のナンバリング、横には以下の項目を作りましょう。

・事実/行動
・感情/理由
・決断/選択

NHKのプロジェクトXのような
会社の創設動画を作りたいとします。

その場合、ストーリーの起点は会社の創設。
ゴールは現在になるでしょう。

まずはストーリーの起点を考えます。
何故会社が出来たのか。その理由となる起点があると理想的です。

厄災が降りかかってきた。親の蒸発や倒産の危機などは
事実や行動ベースになりますので「事実/行動」に記入します。

最初の起点は感情的な理由かもしれません。
その時は「感情/理由」の枠に感情を書き留めておきます。
「生き延びるため」「突然の社長就任」「社会的問題を解決したい」など
様々な感情的理由があるでしょう、そのような理由でも問題ありません。

そして「決断/選択」で何をしたかを記入しましょう。
「決断/選択」はどの項目も必ず記入します。

「会社を興した」「開発を始めた」「家族の元を離れた」
実際の行動を書いていきましょう。

その後どんな結果になったのでしょうか。
結果を「事実/行動」に書き込みます。
最初の時のみ「決断/選択」でも構いません。

その時の「感情/理由」を横に枠に記入していきます。
結果の次ぎに「決断/選択」した内容をヒアリングしていきます。

起点とゴール以外は
全て3つの要素をヒアリングしていきます。
ゴールまで埋まれば完成です。

最終的に縦列のリストから取捨選択を行い
動画化するライフイベントをまとめます。

ライフイベントはストーリー全体が
意味の通じる内容になっているかを確認しましょう。

一つの流れにまとまっていれば大丈夫です。
ストーリーの完成となります。

関連記事

  1. 面白い物語の作り方

  2. 宣伝動画の作り方 ブランディングのために必要なアイデア

  3. どんでん返しの作り方/構造について

  4. テンプレートの新しい活かし方

  5. DtoC向け動画戦略

  6. 4K動画の発注は本当に必要なのか

  7. ECサイトにとって最適な動画とは

  8. インタビュー撮影で緊張を解くテクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP