プロジェクトXに学ぶ感動ストーリーの作り方

ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない♪

終電での帰り道、くたびれたスーツの袖を見ていると流れてきませんか?
今日一日を頑張りきった私に乾杯!

なんでプロジェクトXはあんなに面白いの??
その面白さが分かれば、ドキュメンタリーなどのシナリオにも使えるのでは?

自社の社歴を活かしたドキュメンタリーを作りたい。
感動のフックの作り方などにも参考になると思います。
そんな場合のシナリオパターンを作るにも有効です。

今回はプロジェクトXから学ぶ
感動ストーリーの作り方を考えてみたいと思います。

プロジェクトXとは

NHKのテレビ番組です。
高度成長期などに日本や日本の企業が立ち向かった大きなプロジェクト挫折と成功を描いた
ドキュメンタリー番組です。

ストーリーはプロジェクトの発端から始まり、プロジェクトの完成
そしてプロジェクト関係者のその後を描いています。

プロジェクトXは基本的に差し込み画像と
当時の再現VTR映像で構成されていて
途中途中で当事者がインタビューとして登場している番組でした。

主に田口トモロヲさんのナレーションで
進行していくのですが
ドキュメンタリータッチのドライな質感の重さのあるナレーションです。

この重いナレーションが成功譚までの道のりが一筋縄ではなかった事を
容易に想像させます。

何故プロジェクトXが感動を呼ぶのか

どうして見終わった後に感動してしまうのでしょうか?
私もプロジェクトXには何度も感動し、涙を流した経験があります。

どうしてプロジェクトXが感動してしまうのかその辺りにフォーカスし
感動してしまう原因や理由を探っていきたいと思います。

感動とはそもそもどうして起こるのか。
結論からすると共感です。
共感とは視聴者とモニターの先の人物へのシンクロになります。

視聴者が物語の登場人物にシンクロすることで
物語に引き込まれ、最後の成功に登場人物と同様の感動が
視聴者も味わう事ができ、その感情が
感動となって涙となるのです。

プロジェクトXどうして視聴者のシンクロを得られたのか

等身大の人間がそこにあるからです。

もし天才で苦労もなく発明と開発をしている人の物語の
主人公がいたとしましょう。

あなたは「凄い人だ」と思うかも知れませんが
心の奥では「私とは違う」そのように
思われてしまうからです。

視聴者に「私とは違う」と思わせてしまうと
物語の主人公と視聴者との距離が出来てしまい
シンクロ作用は起こりません。

シンクロ作用を起こすには視聴者と
同じ価値観である人物である紹介が必要になるのです。

同じ価値観をどのように映像で示すのか

苦労や挫折にあらわれる俗人的な部分を見せる。

プロジェクトXに参加している人はプロフェッショナルな人物が殆どです。
他の人よりも優秀であった人が多かったでしょう。
ですので、物語当初は登場人物のスペックや優秀さが目立ってしまいます。

しかし、あるフェーズで突然シンクロが起こり始めるのです。
それは物語の中でトラブルが発生した時の
物語に登場する人物の葛藤や挫折です。

挫折の規模ではなく、挫折によってどんな事を
プロジェクトXの登場人物達が味わったのか
その感情の部分が非常に大事なのです。

人生はイージーではありません。
どんな家庭に生まれても、挫折や苦労をしています。
誰だって人並み以上に頑張っているし、一生懸命生きている。
その時の苦しい体験や記憶、絶望感や失望
嫉妬や怒りはどんな視聴者にも身に覚えのある
経験があるはずです。

そしてある人は挫折して夢を諦めてしまったかもしれない。
今も苦しい中を希望を信じて耐え続けているかも知れない。
もしくは苦難の先にある夢や希望を手にしたかもしれません。

しかしその感情や想いは誰の胸の中にもあり
その感情は人の優劣に関係なく
等しく同じ気持ちを抱いているという等身大の人物が
物語の中に登場することでシンクロし始めるのです。

そのシンクロを生み出す仕掛けとしてシナリオのパターンも
ある事に気が付きました。

プロジェクトXにはシナリオパターンがある

プロジェクトXは様々なプロジェクトを紹介するのですが
幾つのもの物語を見ていると、ある一定のパターンのようなものが見えて来ました

プロジェクトXに存在するシナリオのパターンを理解することで
ドキュメンタリーや企業のストーリーを作るうで参考になるのではないかと思い紹介します。

プロジェクトXが必ず通るシナリオパターンです。
・きっかけ/大義
・批判
・努力
・仲間との出会い
・困難
・解決
・成功
・そして今

このパターンです。
多くのプロジェクトXの話では、このパターンが登場します。

パターンで最大に注意すべきポイント

それは、困難です。多くの人は成功に眼を向けがちですがポイントは困難に眼を向けた方が良いと感じました。
理由は簡単です。困難こそが多くの人の心に一番共感出来るからです。

何故かこの世界は辛い世界で出来ています。
辛い事を体験するフェーズが存在するのです。

だから辛い困難な体験は誰もの心を捉える事が出来ます。

共感をどこに作るか

共感は、意志や、似た体験で感じた感情によって作り出される。

男性ならば「きっかけ」「大義」に男を感じるのではないでしょうか。
夢や大きな目標。越えたいという意志に心を動かされ、
熱い仲間の言葉に心が染みる。

女性ならば、周囲の批判や疎外感
困難での絶望的な感情に共感し
物語に引き込まれるのだと思います。

物語には共感を作り出さなければ
面白くならないという点があるので
その辺りをどこで作るかがポイントになるでしょう。

プロジェクトXは誰でも作れる

苦しい体験があれば
誰でもプロジェクトXのような物語を
作ることが出来ます。

それは間違いありません。
その心の葛藤や苦しみは
みんなが思い描き
誰にも言えず苦しんでいることなのですから。

ドキュメンタリーは
その抽出が上手いのです。

プロジェクトXのような物語を作りたい時は
苦しい体験を思いだして見て下さい。

それが物語に色加え、あなたにしか作れない映画にも
引けを取らない面白さになります。

今日はそんな話。

関連記事

アダムグラント「ギブ&テイク」を動画クリエイターが活かすには
インタビュー動画で恥をかかないコツ

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ【10時〜18時】
050-3567-5065

メールでのお問い合わせ

ふりがな(必須)

会社・事業名

電話番号(必須)

映像制作に関するカテゴリーを選択して下さい。(必須)

お問い合わせの概要に当てはまるものにチェックを入れて下さい。(複数選択可)
お見積もりご相談制作内容に関して制作期間に関して制作依頼に関して納期に関してその他

関連記事

  1. PV制作会社が教えリクルート用プロモーションビデオの作り方

  2. カメラのプロとアマの違い

  3. 宣伝会議賞1次審査を通過しました。

  4. テンプレートの新しい活かし方

  5. ASRMってなんだ!?

  6. 栃木の動画制作ならソラノウエクリエイティブワークス

  7. BlackmagicDesign URSA Mini4.6Kの導入

  8. 面白いとはなんだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP