プロジェクトXに学ぶ感動ストーリーの作り方

ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない♪

終電での帰り道、くたびれたスーツの袖を見ていると流れてきませんか?
今日一日を頑張りきった私に乾杯!

なんでプロジェクトXはあんなに面白いの??
その面白さが分かれば、ドキュメンタリーなどのシナリオにも使えるのでは?
と思いました。

プロジェクトXにはシナリオパターンがある

幾つもの作品を見ていると、プロジェクトXにはシナリオのパターンがあることに気付きました。

そのパターンとは
・きっかけ/大義
・批判
・努力
・仲間との出会い
・困難
・解決
・成功
・そして今

このパターンです。
多くのプロジェクトXの話では、このパターンが登場します。

パターンで最大に注意すべきポイント

それは、困難です。多くの人は成功に眼を向けがちですがポイントは困難に眼を向けた方が良いと感じました。
理由は簡単です。困難こそが多くの人の心に一番共感出来るからです。

何故かこの世界は辛い世界で出来ています。
辛い事を体験するフェーズが存在するのです。

だから辛い困難な体験は誰もの心を捉える事が出来ます。

共感をどこに作るか

共感は、意志や、似た体験で感じた感情によって作り出される。

男性ならば「きっかけ」「大義」に男を感じるのではないでしょうか。
夢や大きな目標。越えたいという意志に心を動かされ、
熱い仲間の言葉に心が染みる。

女性ならば、周囲の批判や疎外感、困難での絶望的な感情に共感し物語に引き込まれるのだと思います。

物語には共感を作り出さなければ面白くならないという点があるので、その辺りをどこで作るかがポイントになるでしょう。

プロジェクトXは誰でも作れる

苦しい体験があれば、誰でもプロジェクトXのような物語を作ることが出来ます。
それは間違いありません。その心の葛藤や苦しみは、みんなが思い描き、誰にも言えず苦しんでいることなのですから。

ドキュメンタリーは、その抽出が上手いのです。

プロジェクトXのような物語を作りたい時は、苦しい体験を思いだして見て下さい。
それが物語に色加え、あなたにしか作れない映画にも引けを取らない面白さになります。

今日はそんな話。

関連記事

  1. ASRMってなんだ!?

  2. カメラのプロとアマの違い

  3. 良質なコンテンツとは

  4. 面白いとはなんだ。

  5. 口コミマーケティングを活用する方法

  6. どんでん返しの作り方/構造について

  7. 宣伝会議賞1次審査を通過しました。

  8. 物語の構成、起承転結の作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP