映像クリエイター向け営業戦略

映像クリエイター向け営業戦略があります。

営業先を考える

一般の人にアプローチする。
会社にアプローチする。
大きく分けると二つがある。

その中でも会社は二つに分けた方が良い。
・映像と関わりを持っている会社
 ・広告代理店
 ・映像制作会社
 ・WEB制作会社
・その他の企業

重要なのは、関わり先が映像を制作する上でのことを知っているか。
という点です。
映像の制作に関わりのある会社は映像制作の上での流れを知っています。

関わりのある会社へのアプローチ

関わりのある会社へのアプローチの方法は制作実績だけです。
どんなものを作る事が出来て、どの範囲を扱う事が出来たのか。

その点での技術力を見られています。
技術点をアピールデキるのならとても有効です。

その他の企業へのアプローチ

映像の知見のない会社は映像でどんな事がしたいのか

関連記事

  1. 凡人が天才を出し抜く方法。クリエイターの思考法の参考に。

  2. Davinchiresolve16が発表されました。

  3. 落合陽一の言うアートが分かってしまった件

  4. 凡人のための基本戦略

  5. ミステリー小説の書き方が面白かった件

  6. LumenArc Active Diffusion Framesが気に…

  7. 人生をRPGに例えて活かすには

  8. クリエイティブは体育会系

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP