LumenArc Active Diffusion Framesが気になる。

これからはこのような製品がどんどん増えていくのではと感じています。

どんな製品なのか

Active Diffusion Framesとは、パネルのデュフィージョン濃度を電子的に調整できるパネルです。このパネルにより、細かい調整が可能になり、セッティングにかかる負担も軽減出来そうな製品です。

デジタル化し始める製品

まだ照明機器のデジタル化はそれほど進んでいる印象はありませんが、数年後には様々な製品がデジタル化し始めるだろうと想像しています。

今までデジタル化が難しかった理由は、業務用機器であり、リーチできる層が限られていたため
開発価値がそれほど高くなかったことや、製品のターゲットゾーンが決まっていたため必要性があまりなかったというのが私の予想です。

しかし、状況は変わりました。
どのような現場も少人数化、効率化の波が迫ってきているように感じます。
少ない予算で効率良くしていくためのには、一つの機器が小さく軽く、そして多用途多目的な機能が必要になります。

理由は機材が大きいと、運搬、設置、運用において人や時間を使いそれがコストに跳ね返ってくるからです。小さく軽くあることで、全般のコストが縮小することができ少ない予算でも実現性が出てくるという仕組みです。

このような製品のデジタル化は、これからも増えてくるのではないでしょうか。
現段階では電子化しているものが増えてきている印象ですが、一つ一つの製品にカメラが取り付けられ、AIと融合した商品が出てくると予想しています。

機会自らが半自動で動き、セッティングを半オートメーション化する時代になっていくのではと感じています。

動画クリエイターのための効率化術

スマート製品の進化は避けられない

常に商品はソリューションの方向に動いています。
高品質、高効率は時代の進化の歴史です。どんな商品にも波がやってきます。
それを私は感じました。

理由は、業界の外からやってくるのです。
ブルーオーシャンと感じたメーカーが新規参入し市場を食い破ってくる形になります。
それは違う視点を持てばすでに他の業界の市場ではレッドオーシャンになり勝負できないと分かったため、活路を見出し新しい業界へ挑戦してきている捉えても良いでしょう。

ですから、どんなにコモディティ化した市場でも
スマート化や次にくる時代の変化の波は受けることになります。

だからこそ思うのは、高をくくっていると危険ということです。
危機意識が常に大事なのではと思いました。

効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

関連記事

  1. ジャーナリズムはクリエイティブだ。

  2. thunderbolt5が作る未来

  3. ポジティブドラッグの罠

  4. バイノーラル録音 ASRMに出てくるこの言葉、顔面マイクから考えるモデ…

  5. HSPでも成功していく方法

  6. 手早く成功するために当たりを付けて考える

  7. 脳内デトックスについて

  8. 失敗した方が得

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP