保育園のプロモーション動画の作り方

保育園のプロモーション動画の作り方を紹介します。
保育園のプロモーションで大切なことは二つあります。

今回はその二つのポイントを軸に
プロモーション動画の作り方を紹介したいと思います。

選ばれる基準

誰が保育園を選ぶでしょうか。それは親御さんです。
親御さんが良いと思ってもらうための動画が保育園のプロモーション動画になります。

プロモーション動画の目線は親御さん目線で良いかどうかがポイントになります。
親御さんがどんなことを考えて、保育園を選んでいるのかを考えるのが大切になります。

インタビュー撮影で恥をかかないコツ

コンセプトのある保育園

保育園にも様々ありますが、「特徴」や「強み」「コンセプト」のある保育園であれば
その特徴を動画の中に盛り込むようにしましょう。

教育プログラムを導入していたり
スキルを持っている先生が隔週で来ている場合なども
一つの特徴とも言えます。

このような特徴を動画に落とし込むにはいくつか方法がありますが
簡単に作る方法はそのままやっていることを紹介する方法です。

コンセプトをプロモーションする

コンセプトは子ども達に保育園を通じてして
どんな成長をして欲しいかがコンセプトになります。

その成長が言葉で表現できるほど具体的であればそれはコンセプトになります。
コンセプトという言葉が難しい場合には、
「子ども達にどん成長をしてほしい」が決まっているかで判断してください。

コンセプトがある場合、次に実際の「手法」が
どのようなものかがポイントになります。

手法には様々あります。
・英語体験が入っている
・自然体験学習が入ってる

などコンセプトを実現するために取り入れている教育プログラムです。
教育プログラムがあればコンセプトをより具体的にプロモーションすることができます。

会社案内ビデオの作り方

特徴をインタビューで話してもらう

先生や担当者にやっていることを話してもらうのがよいでしょう。
実際どのようなことをしているのか、実務を熟している先生であれば
内容を説明するのは難しくありません。

プロモーションのためのPR活動ではなく実際にやっていることを
紹介してもらう
ように説明すると先生も緊張しづらくなります。

インタビューで実際にやっていることを話してもらう場合には
具体性を加えるとよいでしょう。

・週で何時間やっている
・どんなことをやっていて、○○才でどんなことができるようなプログラム
・子ども達との関わり方はどうか

プロフェッショナル風動画の作り方

他の保育園との違いを聞く

保育園の特徴は他の保育園との比較で見えてきます。
他の保育園と差別する必要はありません。
実際の経験や感覚で他の保育園との違いについて
話してもらうのが良いでしょう。

良い面と悪い面がある場合には両方そのまま話してもらい
動画編集の時に使う使わないという判断をするのがポイントです。

その場で良いことだけを話してください。
と言うと表面的な内容になり、特徴の真実味がなくなります。

小規模事業者補助金を利用した動画の作り方

園長や代表者の想いを聞く

保育園のプロモーション動画に想いを入れるのも良いでしょう。
どんな想いどのようなお子様の成長を考えてやっているのかを
興味を持っている人ならば聞きたいと思っています。

園長や代表者の想いをプロモーション動画に入れることで
保育園全体が何を考えているのが分かる形にできます。

台本を思い返すような話しをしない

台本を準備するのは大切ですが、台本に縛られてしまうと失敗します。
動画は人間の表情が如実に表れます。
台本の言葉をそのまま伝えようとすると
ぎこちなさが動画にも表れ嘘っぽく感じてしまいます。

台本を覚えて話すのがぎこちないと感じたらならば
台本を忘れて感じていることを話してもらう方が伝わる動画になります。

VR会社案内動画の作り方

教育プログラムの体験している子ども達

保育園のプロモーション動画では子ども達の姿は必要になります。
コンセプトがある場合には、教育プログラムを体験している
子ども達の動画がポイントになります。

どんな説明も子ども達の様子には叶いません。
その体験の中の子ども達の表情や言葉などは
どんな説明も不要にさせます。

親御さんにとってはもっとも
説得力のあるものになるので可能な限り
プロモーション動画では取り入れるようにしましょう。

肖像権の問題に注意

保育園のプロモーションの課題は
子ども達を出演させてよいかという許可の問題です。

親御さんの中には、大切なお子さんが
世に出ることを恐れて許可を出せない方もおります。
そのような方への配慮を忘れてはいけません。

承諾を得ることプロモーション動画の
利用範囲をお伝えすることを事前にしっかり伝えることが
トラブルにならず良いでしょう。

商品プロモーション動画の作り方

コンセプトがない場合の保育園プロモーション動画の作り方

コンセプトがなくてもプロモーションはできます。

大切なのは「安心感」です。
一番の不安材料はお子さんの安全と満足度です。
その不安解消するのがポイントです。

効果的なのは子ども達の表情です。
子ども達の表情はその保育園の全てを表していると言っても
過言ではありません。

・真剣に取り組んでいる表情
・友達と遊び回っている楽しい顔
・年下の子を世話しようとする様子
・集中して見ている目線

このような表情があることで保育園の安心感に繋がります。

宣伝動画の作り方 ブランディングのために必要なアイデア

施設を紹介する

保育園施設を紹介するのもプロモーション動画の一つです。
施設は小さなものから大きなものまで様々あります。

現在はコロナウィルスなどがあるため
消毒液や消毒設備、体温計などの計測器の充実などの紹介も
一つの施設紹介になります。

他には遊具の種類や場所、トイレなどの施設
給食などについての紹介をするのも良いでしょう。

保育園はどのような場所でどのようなものが充実しているか
PRするのが有効です。

一手間加える施設紹介

一般的に施設を紹介するだけではプロモーションとして弱いです。
視聴者は保育園を検討している人が殆どですが、
動画の理解度は保育園を検討している真剣度で変わってきます。

ポイントは目線です。
保育園は親御さんの意識が行き届かない場所です。
その不安の解消になる目線付けが大切になります。

建物の柱の角に緩衝剤や衝撃吸収マットを敷いているなど
当たり前かもしれないこと感じることでも
お子さんの安全に関わる部分であればPRに繋がります。

商品プロモーション動画の作り方

施設紹介に目的を付け加える

遊具にも本来であれば目的や効果があります。
木製の積木は木の質感を感じさせる目的や
自然なもの触れさせる機会などあるはずです。

トイレなども一人でトイレができるようになるための
教育の意味がある場合もあります。

意味や目的をプロモーションの中に付け加えることで
安心感に繋がります。

お子さんの出演承諾をしっかり

コンセプトがないと感じている保育園では
子ども達の様子が重要になります。

そのため親御さんの出演承諾がもっとも重要になります。

良い関係性が築けていれば多くのお子さんを出演させられます。

保育園のプロモーションの動画の中では
たくさんのお子さんが一緒になっている様子もプロモーション動画では
入れられるとより魅力的になります。

承諾をしっかりとっていくことが
保育園のプロモーション動画作りでもっとも大切になるでしょう。

製造プロセス紹介動画の作り方

動画を作りたい時

様々な条件があると思います。
その中でできる方法を模索できるような形にしましょう。

保育園プロモーション動画を作る時は相談をしながら進めていくのが
トラブルを少なくする方法になります。

そのため、直ぐに作りたいという場合でも
状況に応じて対応できる柔軟性があるか確認してみてください。

お話しをうかがいながら一緒に作って行く動画作りをご希望なら
ソラノウエクリエイティブワークスにご相談ください。

関連記事

  1. 調べる技術

  2. 女性社員の肌をキレイにする方法

  3. 【学校の先生向け】低スペックPCでも動画を扱う方法

  4. HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

  5. ノウハウを持つという状態

  6. クリエイター流、メンタル保持テクニック

  7. カメラを止めるなに学ぶ成功法則

  8. 動画クリエイター向け自分の弱さとの戦い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP