動画クリエイターがバーンアウトしないために

燃え尽きて動画クリエイターを辞めないために。

得する人
・クリエイター
・動画クリエイター
・頑張っている人

得する内容
・バーンアウトする原因のポイントが分かる
・バーンアウト対策のアイデアが分かる

バーンアウトとは

バーンアウトとは燃え尽き症候群このとです。
クリエイター生活をしていると
度々ギリギリの生活を強いられることもあるのではないでしょうか。

様々なプレッシャーや重さのある仕事を抱えている事が多いと思います。

他の業種よりも若い時から複数のプロジェクトに関わることが多く
しかもそれぞれの進捗や納期に合わせて右往左往する場合があり
時間的、作業的に追い込まれる時も多々あるでしょう。

生活リズムは乱れがちになりストレスが掛かった状態で
数か月仕事をしていかなければならないことも多々あると思います。

そんな時に陥ってしまうのがバーンアウトです。
燃えつき症候群のことですが、動画クリエイターとしてバーンアウトしてしまうのは危険です。

理由はクリエイターの場合、代えが効かないというリスクがあり
誰かがカバーできたとしても
クオリティーの担保などでトラブルの原因が自分になる可能性が高くなるからです。

今後の自分の人生で損をしてしまうと思うので今回は
クリエイターがバーンアウトしないために
どうすればいいかについて紹介したいと思います。

メンタリストDaigo氏も言うポジティブドラッグの危険性について

バーンアウト

燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)、バーンアウト(英: Burnout)とは、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満[2]。あるいは、努力の結果、目標を達成したあとに生じる虚脱感を指す場合にも用いられる(後述)。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。極度のストレスがかかる職種や、一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に発生することが多いと言われている。燃え尽き症候群になると殆ど全ての事柄に対する意欲が無くなり、社会参加も拒否するようになる。 wikipediaより

具体的には

バーンアウトは仕事が集中できない状態になってしまったり
精神的に疲れてしまっている状態にあります。

バーンアウトには段階的なものがあり
その尺度を示したものがあります。

ですので明確にバーンアウトかそうでないかを切り分けるのではなく
今現在軽い状態なのか重い状態なのかといった感覚で
現在の燃え尽き度合いを測っていくのがよいでしょう。

バーンアウト尺度

バーンアウトが発生する原因

クリエイターの場合、バーンアウトする原因がいくつかあると思います。
性格などの特性もあると思いますが、環境的な問題などもあると思います。

自分自身の原因は除き環境的な原因を知り
バーンアウト対策の判断材料として使って下さい。

クリエイターがバーンアウトしてしまう要因

ちゃぶ台返し

クリエイティブな仕事場ではちゃぶ台返しが
発生する可能性があります。

すでにある製品を取引している場合には
クライアントがある程度商品のイメージや理解ができます。

しかし依頼から商品を作っていく
動画クリエイターやデザイナーなどの職業は0から1を作りだし
クライアントに納得をしてもらわなければなりません。

ヒアリングの時やクライアントの意向の変更によって
ちゃぶ台返し
が発生したりします。

バーンアウトしてしまう原因としては
プロジェクトがある程度進行している時におこります。

今まで作ってきたものが無駄になったことへの失望感
納期がさほど変わらないなどの圧迫感に挟まれ
バーンアウトしてしまいます。

対策は後半で考えたいと思います。

HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

過密プロジェクト

プロジェクトそのものが過密すぎて休む間がない問題です。

息抜きもできないような状況が続いてしまうと
そのプロジェクトに全力を尽くしすぎて
バーンアウトしてしまうパターンです。

疲労感によるバーンアウトなので体力が十分回復できれば
復活しますが、バーンアウト状態まで消耗してしてしまうと
回復まで時間が掛かります。

動画クリエイターのような働き方をしている場合、たいていプロジェクトは
複数存在していることが多いでしょう。

それほど長い休みが取れないような状況の場合、体力が回復しきらず
バーンアウトアウト状態が長引くことが考えられます。

その他の過密状況として仕事ができる
できないなどによるしわ寄せも考えられます。

仕事ができない人が関係者の中に存在しいていることでしわ寄せが来てしまい
過密な仕事を終えた時にやってくる場合があります。

動画クリエイター的な職場ではできない
人の補充や補填がされることはありません。

過密なスケジュールが多いので
負担をどうにかチームやメンバー内で
回しきるような状況が考えられます。

他にはブラックな環境に図太くなり
優しい人だった場合手を抜くような人もいます。

そのようなしわ寄せをまともに受けてしまうと
スケジュールが過密になるといった問題です。

動画クリエイター向け悪い奴に騙されない方法

終わりの見えない仕事

プロジェクトが重なり続けることで
仕事に終わりが見えない時があります。

どんなものにも終わりがありますが
仕事が終わらないという悲劇は存在します。

休みがないこと。終わりが見えないことで
精神的なバーンアウト状態が発生する可能性があります。

バーンアウトは肉体的なバーンアウトよりも
精神的なバーンアウトの方が回復が遅いので
バーンアウトしないようにしていく必要があるでしょう。

周囲からの詰め、時間的圧迫

納期が優しい世界ではありません。
思いのほか、納期はタイトでそもそもの
スケジュールはハードであることがほとんどです。

そのため時間的圧迫で心身が滅入ってしまいバーンアウトしてしまうパターンです。
もう一つは周囲からの詰めによるバーンアウトです。

詰めによる問題は、我慢の限界といった表現に近いかもしれません。
キレるというより、事切れるという方向に限界を迎えてしまうとバーンアウトします。

精神的に追い詰められている時に詰められてしまうと
限界が近くなります。肉体的な限界や精神的な限界を越えて
プロジェクトを達成したとしても、
事切れてしまった精神の回復には長い時間が掛かるでしょう。
そのような状態に自分自身がならないように気をつけるのが大切です。

苦労しないことの弊害

バーンアウトしないために

バーンアウトしないためには
重度のバーンアウトにならないことに意識を向けましょう。

動画系のクリエイター職であれば
納期前やスケジュールで詰まっているところでは踏ん張る必要があり
その反動で軽いバーンアウト状態に陥ることは少なくないでしょう。

大切なのはバーンアウトをしない事ではなく
バーンアウトしそうな兆候を早めに察知し、重度のバーンアウト状態にならないように
ケアをしていく事、そして次ぎのプロジェクトまでに心身を回復させ
仕事が続けられるような状態になっておくことを目標にするのが大切です。

動画クリエイターなど個人の信頼が求められる働き方の場合
長期の休養などは信用を失いやすく
さらに復帰のハードルを高めてしまいます。

自分自身が壊れないことで周囲との関係性も維持できるので
多少のダメージを受けても
リカバリーできる状況になることを心がけましょう。

ブレイクを作る

バーンアウトの原因はコン詰めすぎが続いてしまうことです。
集中力の使い過ぎとも言えるかもしれません。

そこで大切なのは絶対に集中しなければならない部分を見極める事です。

プロジェクトの進行の中で絶対に間に合わせなければならない部分の
ポイントを見極めそこには強い集中力を発揮しましょう。

それ以外の部分では6〜7割で仕事に臨みブレイクポイントを作ることで
バーンアウトをしないように心身を調整していきます。

終わりの見えない仕事をしている場合には、
このような方法で回復を行いながら
長く続けていくことが大切になるでしょう。

過密スケジュールの場合は、自分自身の担当範囲の中で
最も周囲に影響が出てしまう部分を見つけ出し
スピードを持って取り組む事です。

過密スケジュールの場合は休息を作る事にフォーカスし
短い休み時間よりも夜の睡眠を長くとれるように
行動するのが良いでしょう。

十分な睡眠を確保することで
消費した集中力を次ぎの日までに回復させられます。

動画クリエイターのための効率化術

寝る

寝るのは心身の回復、集中力の回復をするためです。

バーンアウトの原因は自分自身の力をオーバーロード(出し過ぎ)
してしまったために発生するパターンと
心が折れてしまうパターンの2種類あります。

オーバーロードしてしまうパターンであれば
回復すれば復活できます。

そのためには睡眠が大切です。
多少日中を無理しても睡眠時間を6時間以上確保し
回復出来るように心がけるとバーンアウトしづらくなります。

過密プロジェクトや時間的圧迫
終わりの見えない仕事になっている時に有効です。

動画クリエイターのための睡眠障害対処術

限界を知る

限界を知ることでバーンアウトをしてしまう
手前が読み取れるようになります。

自分のことを分かっているようで分かっていないのが人間です。

限界は常に変化していますが
自分自身の限界を知ることで限界が来る手前の
兆候を捉えられるようになります。

その兆候を記憶の中に残しておければ
イエローゾーンでリカバリーなど対策が打てます。

対策が打てれば重いバーンアウト状態にはならないでしょう。
若い時であれば年齢的な回復力があります。

若い時であれば限界を知るために無茶をしても問題ないでしょう。

若くはないと感じているのであれば
自分自身の体調や状況に繊細になってください。

小さな体調、心理面での変化を読み解き
過去の経験などと重ねて危険な状態に陥ってないか内省することで
限界のゾーンが概ね捉えられるようになるはずです。

年齢を重ねた人のメリットとしては
過去の経験と重ねて比較検討ができる点です。

過去の経験と上手く重ねられれば
精度の高い判断ができるようになるでしょう。

クリエイター向け自分の限界を突破する方法

軽いバーンアウトはしてしまうもの

軽度のバーンアウト状態にはなってしまうことを
前提行動するのが良いと思います。

理由は環境を変えるのは難しいからです。

できないわけではありませんが
社会的な安心感を失う可能性があります。

そのため環境にはブラックであろうと
過密スケジュールであろうと
ある程度許容しなければならないでしょう。

そのため環境を自分の手で変えていくことは難しいため
バーンアウトのリスクは下がりません。

回復がしやすいバーンアウトは許容し
回復するためのにどうすればいいか。

重度のバーンアウトにならないための
予防策を紹介し仕事が続けられるような
状況を作れるようにするのが大事だと思いました。

効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

 

関連記事

  1. 動画クリエイターとして生きて行く

  2. HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

  3. 映像クリエイター向け、仕事のとりかたDM編

  4. 怒る時に気を付けること

  5. 動画クリエイターのための音を良くする機材選び

  6. 効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

  7. クリエイター向け賢い買い物論

  8. 動画ディレクターになるために必要なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP