動画クリエイターのためのメンタルマネージメントを考える

好きだけじゃ仕事は続けない。
好きでいるために仕事を続ける必要もあります。

動画クリエイターのためのメンタルマネージメントは、今後必要になると感じています。

動画クリエイターのつらさ

完成しない動画は非常に自分自身の心身をむしばんでいきます。
良い動画にしていくためには、たくさんの試行錯誤が必要になります。
「仕事が終わらない」が他の仕事を圧迫し始め、自分を苦しめていませんか?

パフォーマンスが低下し、イライラするようになります。
小さなミスが大きなミスを発生させるようになり、
関係している人たちの信頼を奪うようなことも起こり始めます。

動画クリエイターは、一人で全てのことを担う場合が多く
失敗できないのに、仕事が圧迫してくるといったプレッシャーに耐える必要があります。

プレッシャーを日々感じていると、メンタルに支障をきたすようになります。
メンタルマネージメントは、短期的な問題よりも長期的な人生の中で
どのようにメンタルを保っていくかを考えるためのアイデアです。

動画クリエイターの仕事がない

仕事がない時はつらいです。
「時間があるから、なんでもできる」そういう人はいます。
しかし、実際に経験してみるとプレッシャーだけがあり、
焦りと不安で自由な時間を上手く活用できている人は少ないのではないでしょうか。

仕事がない時に、しっかりと準備や備えをすることの大事さはわかります。
ですが、ある程度の余裕がなければそれも実現できません。

仕事がなく支出が増えていく時期の不安をどのように克服していくか。
動画クリエイターのメンタルマネージメントとして、
ない時のメンタルダウンを防ぐかについても考える必要があります。

クリエイター流、メンタル保持テクニック

波にという不安

動画クリエイターには波があります。
繁忙期、閑散期といった波もありますが、収入が安定しないといった不安です。
安定しない収入は、人生設計を考えると様々な問題を考えさせてしまいます。

ライフイベントの多くは、現在の収入と今後の収入を一度思い浮かべた上で
「できる」「できない」「今か」「まだ後なのか」を考えているはずです。

自分一人の場合は、もしかしたら大きな問題にならないかもしれません。
しかし、自分以外の大切な人や恋人、家族といった話題に触れ始めると
この「波」の問題はメンタルに大きなダメージを与える可能性があります。

不安定な収入は周囲の信頼を得づらいのです。
そのため、「説得」や「信頼」を獲得しづらく関係性の問題を起こしかねません。

大切な人の関係性だからこそ、悩んでしまう可能性が高く
メンタルのダメージが大きくなりがちです。

スクールドラッグに気を付けろ

動画クリエイターにとって大切なこと

不安定な中に、安定している要素を増やすこと。
安定した要素を自分自身に持つことで、メンタルの安定を盤石にしてくのが
マネージメントにおいて重要な要素になります。

そのためにどのようなことをすればよいのか。
動画クリエイターのためのメンタルマネージメントはいかに不安定な中に
安定しいている要素を作っていくか。

この考え方を軸にどのようにマネージメントしていくべきなのか。
具体的な方法や考え方を紹介します。

動画クリエイターのためのメンタルマネージメント

長期目線で考える

長期とは仕事を20年、30年をベースに考えましょう。
今から20年後自分は同じ仕事が出来るでしょうか。

できない場合、どのようなものが壁となるか一度考えてみてください。
一つは体力です。20代の時のように寝れば回復するといったことにはなっていないでしょう。

体力の消耗は、メンタルに大きなダメージを与えます。
ダメージの根源は「自信の喪失」です。

体力を失うと人はすべからず自信を失います。
失った自信が不安を増長させます。

負のスパイラルを生むので体力に対する対策をする必要があります。

長期目線で自分が動画クリエイターとしてやっていけるのか。
長期でやっていくためにどのようなことができるのか。
見つけられると自信にもなります。

効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

体力作り

動画クリエイターは、体力作りが必要です。
体力があれば自信を失わずにいられます。
すると、不安が減り長く動画クリエイターとしてやっていけるようになります。

動画クリエーターは常に後輩がライバルとして登場します。
吸収力のある後輩に追い越されるプレッシャーを数年で感じるようになるかもしれません。

その時に自分を支えてくれるのは体力です。
体力でカバーできれば、後輩が迫ってきても
今までの経験とテクニックで乗り越え続けることができるでしょう。
しかし、体力がなければ後輩に追い越される不安に苛まれ
メンタルにダメージが蓄積されるようにもなります。

体力作りで大切なのはバテない力です。
持久力を鍛えましょう。

動画クリエイターにとっての出発力は、それほど必要ありません。
長時間行動できる力と、持続的な集中力を維持するための方法を、鍛えておくのが良いでしょう。

身体を壊さない

身体を壊すと、年老いた時に苦労します。
壊した身体をかばうような生活を続けていくと、
動画クリエイターとしての寿命が短くなってしまいます。

怪我をするまえに、予防する。
耐えるのではなく、乗り切るような工夫を常にしなければなりません。

仕事を入れすぎない

仕事を入れすぎないのもマネージメントスキルでしょう。
今後のことを考えれば仕事を入れすぎて、
身体を壊したりメンタルにダメージが残ってしまうのは
得ではありません。

動画クリエイターの仕事は常にハードなものが多いでしょう。
時間的なプレッシャーや深夜にわたる作業などで生活リズムが乱れることも多い業種です。

労働環境としては厳しい条件の業界です。
だからこそ、長くやり続けるためには仕事を入れすぎないのは、
長く生きていくために必要なことになります。

寝る時間を作る

睡眠は人間にとって身体を回復させたり、脳を劣化させないために必要です。
睡眠不足の仕事はパフォーマンスが上がっていないといった調査結果もあるように、
効率的ではありません。

寝る時間がないと言うのは、寝る時間を見つけられていない可能性があります。

寝て作業ができない不安を払拭しましょう。
しっかり寝て、短い時間で集中して作業ができる働き方を覚えると
動画クリエイターとしてのメンタルを維持しやすくなります。

トラブルの時のメンタルの保ち方

仕事がない不安に対処するメンタルマネージメント

動画クリエイターの仕事がない場合は、支出を抑えることです。
良い生活を望まず、食生活や酒、たばこといった嗜好品を一切せずに節約しましょう。

仕事がない不安は、仕事がないことよりも
毎月の支出を見たり、感じた時に湧き上がってくる失っていることへの不安が原因です。

そのためにまずできるのは、支出を減らし
心のダメージが少なくなるように生活することです。

次に資産を築いておくことです。預貯金を確保するようにしましょう。
仕事がある時に貯金をし、仕事がない時に備えることが大切です。

仕事が常にあるとは限りません。常に仕事が来ない時のために
準備することでメンタルのダメージを減らすことができます。

不安定に対するメンタルマネージメント

安心をどのように築くことができるかが鍵になります。

言葉によるプレゼン能力や、説得も役に立ちますが、
深い関係になる人たちと長期の関係性を築く場合には、
言葉だけではいずれ限界が来てしまうでしょう。

何らかの結果を出す必要があります。
わかりやすい結果や預貯金の額になるでしょう。

もちろん、それ以外の方法もあります。
しかし、動画クリエイターとして派手な生活で
安心させたりするのはリスクでしかありません。

生活不安をさせないというのが、安心材料となり
トラブルを防ぐことに繋がると感じています。

メンタルマネージメントスキルを高める

メンタルマネージメントスキルは自分が今どのような
状態にあるかを把握できる力です。

メンタルの状態を把握できるようになると
何をすべきかが見えてくるようになります。

関連記事

  1. ダビンチリゾルブ17で映像を切る(カットの)方法

  2. ビデオ用のレコーダーの最適なセットアップとは

  3. Canon EOS 5Dmk3の電源の入れ方

  4. トラブルシューティングの方法

  5. UR-RT2の音を試してみる

  6. クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

  7. ダビンチリゾルブでステレオ音声をモノラル2本に分ける方法

  8. クリエイター流ギブの流儀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP