iPhoneが使える。クリエイターにも戦略的な視点を

iPhoneが優秀な理由が分かりました。

iPhoneのカメラは優秀

iPhoneのカメラは優秀です。
それは小さなセンサーに合わせて様々な機能が搭載されています。
はっきり言って普通にキレイです。

普通だったら、この小さなセンサーに搭載されている機能を考えれば
非常に高額な商品になっていてもおかしくありません。

搭載されている様々な機能
・顔検出
・ボカシ
・自動光量調整

他にもアプリで様々な効果を追加可能です。

・美肌
・美顔補正
・明るさの調整

このような機能がほぼ無料で使えます。
カメラではこのようなアプリの機能はほぼありません。
少し綺麗な、オシャレな写真を撮るならば絶対にスマホの方が優秀です。

しかしプロの画質は再現できません。

プロ機材にしかできないこと

プロ機材は画質が違います。
画質とはノイズがでず、きめ細やかさと色合いの違いです。

この違いを除けば、iPhoneやスマホのカメラの方が性能は高いと言えます。
場合によっては、エントリークラスの
レンズ交換型のカメラよりも綺麗かもしれません。

しかしなぜ、ここまでスマホのカメラは
性能がよくなったのでしょうか。

そこを考えたいと思います。

なぜスマホのカメラは性能が高いのか

結論スマホは消費台数が多いからです。
買う人が多ければ売上が立ちます。売上が立てば
利益になり開発に回す資金が生まれます。

その循環があるためスマホのカメラ性能は
飛躍的に高性能になったと言えます。

これは他の事でも転用して考える必要が
あるかもしれないと思っています。

イタリアのフィアットグループという一大車メーカーがあります。
フィアットは大衆車を販売していますが、傘下にフェラーリやマセラティ
アルファロメオなど高級車を傘下に入れています。

これはスマホのカメラと同じだと思いました。
高級車メーカーは大衆車を販売するメーカーには勝てず
その傘下に入る、数による優位性に勝てなかったと言えます。

これからの時代にどういうものが求められているのか
何が重要になってくるのかを色々と検討していくのは
重要だと思いました。

関連記事

実践を経験しながらワンオペの
動画クリエイターになりたいという方にオススメです。

営業力を鍛えるための方法も紹介します。

制作する技術+自分を売る技術
セルフブランディングの方法を学べます。

ノウハウは学校のように
授業形式で学ぶものではないです。

自分自身に危機感を感じながら
実践を踏まえる事で代えがたい経験となるからです。

その実戦経験を積みながら自分の生きる術を学んでみませんか?
動画クリエイターズスクール

関連記事

  1. マイクの指向性とは

  2. クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

  3. Macbookpro16が素晴らしい件

  4. カメラ付属のマイクの音が悪い決定的理由

  5. クリエイターとして苦しい時をどう乗り越えてきたか

  6. カメラを止めるなに学ぶ成功法則

  7. カメラマンの新しいメリットを発見

  8. 凡人が持っている才能とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP