HSPのためのピンチ回避術【動画クリエイター向け】

HSPの特徴を理解しながら仕事に向き合う方法を紹介します。
主にはHSP動画クリエイター向けになると思います。

HSPがピントの時は精神的なダメージが蓄積しての神経衰弱か
ネガティブスパイラルでパニックや行動不能に
陥っているようなことがほとんどなのではないでしょうか。

ですので、その辺りをどのように解決していくか紹介します。

HSPの特徴を再理解

HSPの特徴は感受性が高く疲れやすい特徴があります。
そして一つ一つのコメントでのダメージが大きいというのがあります。
他にも性格的な特徴やHSPの中でも個々に際立って気になる点などもあるでしょう。

大切なのはHSPだと当てはめても他のHSPと同じではないことです。
個々に気になる点やパニックに入ってしまうポイントなど違いがあります。

まずはHSPであることを全体的に理解し
そして個々の特徴を理解することが大切だと感じます。

個々の特徴を理解するためには
複数のシチュエーションでどのような状態に自分がなっているかを把握します。

HSPがネガティブに働くシチュエーションで自分自身がどのような状態になっているか客観的に把握し、
その対策を行うのが目的です。

まずはHSPの基本理解をし、なんとなくの自分自身のベースを作ります。
その後、詳細な自分の特徴を理解する形になります。

自身の心身の変化は個々に自己理解し、自分で対策を打つしかありません。
それは苦しいことの連続かもしれませんが、逃げずに自分と向き合うことで
鬱などネガティブなど自分の状況悪化を防ぐことに繋がると信じています。

その後、シチュエーションで自分自身がネガティブに反応した時の状況を
客観的に捉えるようにし

反応を抑える対策をトライアンドエラーで試していきます。

これらの方法は瞑想やNLPなどの技術を応用した方法になります。
より細かい方法を知りたい方は専門書や実際のコースなどを体験することをおすすめします。

HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

個々の特徴を再理解する方法

まずは休みの状態を正確に描写できるようにしましょう。
自分の身体の状態はどのようになっているでしょうか。

頭、胸、腹、手先や足先、心臓など個々のパーツでの状態を
休みでリラックスできている状態を描写するようにします。

正確に描写するのは難しいです。
ですが最初は正確に捉える必要はありません。

何度がチェックは行います。
まずは何となく理解出来れば問題ありません。
最初はリラックスしている状態で客観的な意識が持つことができればオッケーです。

最初にリラックスしている状態を客観的に捉える方法を試す理由は
軽い鬱状態に近い場合、ネガティブなシチュエーションから始めると
鬱っぽくなりやすく、客観的な描写どころではなくなってしまう可能性があるからです。

もしリラックスしている状態も緊張状態が続いていたり
リラックスできないなどしている場合には、軽い鬱状態になっているかもしれません。

その場合は、まずはリラックスできる状況を自分で作っていくことが大切です。
動画クリエイターの場合休みを作ることが難しく、休みも定期で確保できない可能性が高いため

瞑想教室やヨガなどそういった教室に入るなどして強制的に時間を作るなど
環境を定期的に切り離すことができるようにすると良いです。

瞑想やヨガ教室などでも似たような指導やアドバイスがあるかもしれません。
ですが、瞑想やヨガに集中するためのアドバイスであれば、そのアドバイスを活かすためにも

アドバイスは生活全体を良くするものだと思うようにし
その中で客観的になれる自分を作るようにすると感覚の理解が進みます。

苦しい時の状態を記録する

動画クリエイターであれば、苦しい瞬間に困ることはないでしょう。
苦しいことは頼まなくてもすぐにやってくるはずです。
その機会を最大限活かしましょう。

今置かれている状況が苦しいと感じたならば
その小休止の時に、どこが苦しく感じさせるか自分の身体の反応としてチェックしましょう。

身体の反応の例
・胸から頭に向かい押し上げてくるような圧迫感(焦っている時)
・前頭葉に押しつけるような圧迫感(プレッシャーを感じている時)
・心臓を締め付けるような苦しさ(不安を感じている時)

個人的な反応の例ですが、緊張や焦り、不安などを感じた時は
それがどの部位でどのような形、反応になっているか描写するようにします。
すると、不安や焦りでも個々の反応する場所が違うなどの発見があるはずです。

それらの反応の違いは状況や環境、
自分のネガティブなパターンとしていくつか現れます。

起因理由を探る

これらの反応はHSPの集中出来ないや、周囲が気になることなどの特性が影響しています。
ですのでHSPの特性のベースと照らし合わせながら
自分自身がその反応を起こした時に、その理由はなんだったかを探るようにしましょう。

焦っていると、それすら気が付かずネガティブに陥っている可能性が高いため
一つ一つ逆算的に捉えていくことが大切です。

疲れやすいといった状況は、日々の疲労や睡眠不足や一定のリズムを作れないなどの複合的な要因があるため、
疲労が強い人はまず他の要因から理由を探るようにしてみてください。

いくつかの要因が見付かることで、疲労感がどの要因が強くあり疲労感を感じているかなど
最終的に疲労感の自己解析に役立ちます。

リラックス状態を再度チェックする

ネガティブな状況を理解できはじめてくるとリラックス状態も
自然と具体的な違いとして理解できるようになってきます。

リラックスな状態を探ろうとし過ぎると焦りや不安を招く場合もあるので
気長に、ふと気が付いた時に感じ取るようにするようにしましょう。

機関は半年や1年かけるつもりでじっくりやって問題ありません。

HSPでも成功していく方法

物理的問題解決を図る

原因や自分の状況を把握するだけでも実は解決に近付いています。
心理状態は自分自身の理解度によってメンタリティーが変わります。

理解度が高い場合、変化を感じとれるため言い知れぬ不安から解放され
不安を感じないため強い自分でいられます。

ですが、HSPの場合は周囲への影響や様々な反応に過剰に反応する面があるため
自分自身の反応にも強く出てしまう場合あります。

それらの解決には根本的な問題を解決し自分自身の動揺に早く気付き
自分がブレる前にインターセプトとなるアクションを行い平成を確保するのがポイントです。

慣れてくると個人的な瞑想を行うだけで状況を改善できますが
それらを行うのは、自分自身の理解が深くなり、実際に精神的な瞑想含め慣れておく必要があり
簡単でないため、最初からそこを目指すと挫折してしまうため、
まずは物理的な問題解決を行います。

まずは状況や環境から切り離すことです。
狙いは、短期間で自分のメンタリティーを良い状態に戻すことに慣れることです。

ネガティブな反応は強くでるのですぐに回復させるにはコツや慣れが必要です。
そのために、すぐにメンタリティーを回復できる身体作りを行います。

一番簡単なのは、セーフティーエリアの設定です。
そこでは仕事をしない、スマホなどを持ち込まないなどルールを作り、
自分を癒やすものをおくようにしましょう。

その場所は物理的な仕切りがあると望ましいです。
HSPであれば環境的影響をポジティブにも受け取ります。

そのために物理的な環境設定はHSPのメンタリティーを
回復させるには効果的なのです。

そのような場所を作れない場合であれば、
瞑想やヨガといった教室に反応が出た場合に行くのも有効です。

注意点は教室などは、個人での仕切りを作るよりも中毒性が生まれやすく
その場所でしか自分を癒やせないと言ったポジティブドラッグの要素も出るため
影響を受けやすいHSPの人は依存してしまわないように注意が必要です。

回復のためのトリガーを作る

速く回復できる身体ができるようになればそれをどの場所でも
その回復が行えるようにすることです。

簡単なのは、回復のために使っている環境を頭の中でイメージすることです。
イメージが苦手な人は、そこで座っている時の感触や空気感を思い起こすようにしてみましょう。
音や匂い思い浮かべるのが得意な人もいますので、その人それぞれで得意なパターンで
自分の回復に使った環境を思い出すようにしてみてください。

慣れてくると頭の中や身体の中心でそれらを感じ取ることができるようになり
トイレの中や少し離れた公園など、人のいないところで出来る様になります。

そこでセーフティーエリアでの自分と比較し、
違いを客観的に再認識するようにしましょう。
身体の反応が違うはずです。

その反応を観察し、具体的に身体のどこが反応しているのか
分析してください。反応のパターン化が出来ていればそれが
どんなパターン化も確認できるようにしましょう。

深呼吸で回復する

一時的な回復には深呼吸が有効です。
瞑想ができるのであれば瞑想をします。

深呼吸は、呼吸に意識を向けます。
呼吸が肺に入って全身に行き渡る波のイメージを捉えるようにしてみてください。
足先や手先にまで行き渡るイメージを確認しながら呼吸に意識を向け続けます。

これを数分続けてみてください。
そして最初の状態から自分に出ている反応の変化をみるようにしましょう。
リラックスしている状態にまでいかなくても大丈夫です。

まずは当初の身体の反応が収まり
客観的に自分を観察できるまで落ち着く事ができれば問題ありません。

身体の痺れや心臓の緊張感、頭の圧迫感などが回復し
思考が回るようになればある程度オッケーです。

完璧な回復はもとめず
状況判断できるまでいけば問題ありません。

これらは練習をすることで、より短い時間である程度のラインまで回復させることが可能です。

しかしHSPの特性上色々な面を気にしてしまう面があるため、
リラックスまで回復できるのは現場近くでは難しいでしょう。

ですから、その点は気にせず状況判断不能に陥るようなマイナス値から回復さえ
していれば問題ありません。

大きな状況判断ミスを避ける

大きな状況判断ミスさえしなければ、軌道修正は可能なはずです。
HSPのネガティブスパイラルが発生し、大きな状況判断ミスでさらに自分の首をしめなければ
残りは軌道修正で持ち越す形で現場や状況を乗り切っていきます。

動画編集であれば睡眠などで環境を切り換える時間の確保は可能なはずです。
ですので、目標は頭が真っ白な状態や神経衰弱での判断ミスをしない状態を作れれば
問題はありません。

繰り返しで、発見と回復スピードを速くする

最初から完璧を目指すよりも似たような状況になれテストを繰り返し
自分に合った回復術を確立することです。

状況に振り回されやすいHSPの人は環境の小さな違いや変化で
大きなダメージに繋がります。

動画クリエイターのような仕事は環境をコントロールできる仕事ではありません。

それよりは、自分の変化に気付き、素早い回復を行い
深刻化するのを回避しつつ自分のパフォーマンスが危険なラインに入り込まないことです。

時間や状況の変化で自分のパフォーマンスが回復することはよくあります。
自分が有利なパフォーマンス状態の時に巻き返すようにしましょう。

関連記事

  1. 苦手を克服してきて分かったこと

  2. 映像制作向けデスクトップとラップトップどっちが良いの問題

  3. 動画クリエイター向け コンプレッサーってどう使うの?

  4. 既成概念どんでん返し ストーリーの作り方

  5. 営業活動中の失敗談

  6. コロナ後の採用動画の作り方

  7. セブンルール風動画の作り方

  8. ダビンチリゾルブの有料版で楽出来ること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP