動画クリエイター的、運を良くする方法

動画クリエイターの運を良くする方法を紹介します。
運などとと非現実的でなものと思うかも知れません。

しかし運の良さというのもこの世界には存在しています。

ある先生の話

昔ある先生から聞いた話です。
それは音楽系の先生でその方もプロミュージシャンの人でした。

自分はその音楽教室の生徒としていたのですが
その教室では生徒の中にプロのミュージシャンになった人もいるような所でした。

ある時にプロミュージシャンになる条件というような話しを聞きました。
先生は少し考えたように間をとって話したと思います。

成功するには実力だけではなんともならない。
運がいいことも大切

そんな話しでした。
とても実力のある人を知っていると言っていました。
その人は技術だけならばピカイチのものを持っていたといいます。
しかし、その人の現在は輝かしいとは言えない状況で
ひっそりと活動を続けている程度というもので

その人ほどの実力がなくてもメジャーデビューをする人もいたりと
実力だけではないという感慨深いものでした。

クリエイターの徹夜作業で睡眠時間の軸がずれた時は

運も実力のうち

マイケルサンデル教授の本で「運も実力のうち」という本があります。


実力も運のうち 能力主義は正義か?

この本では能力主義についての話しがメインで運というのは親や環境といった待遇、
そして遺伝子的能力の差が最初からあることへの「運」としているのですが、

それとは別に運が良い人がいることも事実だと思います。
タイミングが良い人がいます。発見される力も運によるところもあります。
絶対にコントロールできない相手の環境やタイミングといったものが大きく影響しています。

タイミングの良い人は相手の欲しいタイミングに立っていることの出来る人です。
そして見付けられ、引き上げられていきます。

その力を持っているのは運の力ではないでしょうか。
他には麻雀やトランプなどのゲームでカードや牌の引きが良い人もそうです。

自身ではコントロールできない環境の中で良い環境を引き込む力、
決定的な引きの良さを持っている人を一度は見たことがあるのではないでしょうか。

そのような人は時代がどのようになっても
人生の時々で運によるチャンスを掴み、生き抜くことができるように感じます。

クリエイター流、メンタル保持テクニック

動画クリエイターの運

動画クリエイターにとって運の采配は他の業種よりも重要。
動画クリエイターは定期で同じ仕事を続けるようなパターンは少ないです。

それぞれの要件にあったものを1本というような形で製作したり
番組というような形で枠組みの中で企画があり
企画に合った内容を作っていくものになるでしょう。

映画のようなものでも1〜3年程度で完成させ一つの作品として枠組みされていきます。
ルーティンワークは動画クリエイターは全体を通すと少なく
新しい案件や仕事を見付けていくといった形になっていきます。

その時に仕事を貰えたり新しいチャンスを貰えるかは
運によるところがあります。

運がよい人の方がチャンスを掴みやすいというのは
間違いないでしょう。

HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

動画クリエイターにとっての運の上げ方

動画クリエイターにとって運を上げる方法を紹介します。
実践しづらいこともあるかもしれませんが
運を上げる一つの方法だと思ってもらえればと思います。

満足を作る

満足を作ることは運を上げる方法です。
関わった人達の満足を作る努力をすることが次に運を呼び込む要素です。
これを「運」と言うのかと思うかもしれません。

しかしコントロールできる運やチャンスを増やせる方法はこの部分です。
満足を作れれば、次に相談される可能性をあげることができます。

相談回数をあげることができれば仕事にも繋がる可能性があります。
運をあげるには相手の満足を目指すことで次に繋がります。


GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代 三笠書房 電子書籍

動画クリエイターのための音を良くする機材選び

続ける

大変なものも回数を続けることで運を上げることができます。
信頼は一回で作れるものではありません。

回数を重ねることで互いが信頼できるものになります。
相手の信頼に足りる回数を自分自身が耐えることで
運を引き上げていくことができるでしょう。

真摯である

嘘や誇張表現が多いといずれ勘破されます。
そのような時は素直になることです。
敬意を持って接することが大切です。

真摯であるためには自分の力を知り
出来る事と出来ないこと、代替案などが出せる。
ミスがあればしっかりと謝罪すること。
そしてフォローすることも含まれていると思います。

誠実であることで損をすることもあるでしょう。
しかし、関係性を大事にすることでチャンスの数を増やし
運を上げていくことに繋がっていくと思います。

雑魚クリエイターの戦い方

神頼みをしない

祈りは自分の働く姿で返すべきです。
神に祈っている間、自分の救いを求める行為は
あまり効果的とは言えないのではないでしょうか。

祈りをすることには意味もあると思います。
ですがそれだけに囚われてしまうのは危険なのではないと思うので
あえて、神頼みをしないと強めに表現し

そこに溺れないようにすることが
大切だと思います。

神頼みをする時間を使って別のことをすることの方が
運を上げることに繋がります。

傲らない

自分の状況を勘違いしないことも大切だと思います。
どこかでは常に危機感を持ち続けることが
大切なのではと感じています。

小さなことでも傲ってしまうことはあります。
お酒の席でつい舞い上がってしまうこともあるでしょう。
そんな時に冷静になって自分を忘れないことを
心がけていることが大事なのではないかと思いました。

動画クリエイターのための効率化術

 

関連記事

  1. クリエイターが落ち込む時の対処法

  2. 工場紹介動画の作り方

  3. 映像クリエイター向け営業戦略〜一般向の企業向け〜

  4. 保育園のプロモーション動画の作り方

  5. 動画クリエイターのための音を良くする機材選び

  6. 法人向け営業戦略

  7. クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

  8. 動画クリエイター向けクレクレ君対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP