Youtuber系動画編集者生き残れるのか

答え、ギャンブルです。

YouTuber系動画編集者が副業として人気です。
大金を稼ぐYouTuberが登場したおかげで
その業務の一端を担う人にもそれなりの収入が得られるようになりました。

得しそうな人
・YouTube動画編集者
・YouTube動画編集をしてみたい人
・副業を考えている人

今回はこれからのYouTuber系動画編集者が
生き残れるのかについて考えたいと思います。

※ あくまで主観や個人の意見です。考える視点の一つとしてください。

動画編集者という仕事

撮影した素材を編集し、納期までに間に合わせるそれが仕事です。
YouTubeの動画編集にもさまざまなタイプがあります。

経験者ならばそのイメージができると思いますが
未経験者ではイメージができないと思います。

理由はビジュアルでは判断できない部分だからです。
要するに内容です。

編集と言っても、編集には様々あります。
隙間をカットするだけでいいタイプの動画編集もあれば
撮影した素材をどの順で並べて見せるか、不要なシーンをどのようにカットしているか
などは実際にやってみないと分かりません。

数年前までは、リアリティー重視のYouTubeが人気だったため
動画編集のスキルについては言葉の合間をカットするタイプが多かったのですが
今では、タイトルやSE、テロップやエフェクトなど様々なことが求められています。

動画編集ソフトはダビンチリゾルブが優秀なのでお勧め

進化し続けるYouTubeの動画編集

YouTubeの動画編集の仕事は日々進化しています。
この状況が落ち着くのはYouTubeの動画がテレビに追いつくまでは
早いスピードで進むはずです。

理由はテレビが動画メディアのエンターテイメントでは優れているためです。
どうしてテレビが出てくるのかと言えば、慣れ親しんだ面白いものの象徴はテレビであり
テレビが今はまだ面白いというのは変わっていないからです。

YouTubeをより面白くするためにはテレビに近づいていってしまうのです。
するとYouTubeの動画編集者に求められることも
テレビの面白さを再現するための技術を求められるようになるのです。

DaVinci Resolve 17 デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル

回転速度の速いYouTube界隈

YouTubeはインターネットのように素早い移り変わりがあり
その速度に対応できるかが求められます。

YouTuber系動画編集者も関係ないと言っていられません。

一番大きな影響を受けるのは、YouTubeの規約変更です。
YouTubeはGoogleに買収されました。

Googleに買収されてから、何度もYouTubeは規約の変更を行っています。
これは一つGoogleのスタイルでもあります。

日本のようにユーザーや投稿者の状況や配慮して
移行の期間を設けるなどをしないタイプのやり方をする企業です。
そして配慮があるかと言えば配慮はありません。

規約に同意できない者は去るのみです。
ですので、常にYouTuberはGoogleの意向に従う必要があります。
すると投稿の内容についても、Googleのルール変更に合わせて

テレビの面白さは編集技術あっての面白さという面もあります。

エンターテイメント的面白さを求め続ける限りYouTubeの動画編集も
テレビのような面白さ求められてくるはずです。

ダビンチリゾルブ最適化計画

ルール変更に左右される世界

YouTubeのアップデートに投稿者と編集者がついていかが課題です。
YouTubeは音声認識と画像認識を自動化して
危険なものは即時停止処置することが可能になりました。

YOASOBIの動画規制のnewsはそれほど古いものではありません。

このことは動画編集者にとって表示されているテロップも文字認識されていると考えておく必要があります。
不適切な表現や、過大な表示はこれから自動摘発の対象になりチャンネルの存続を脅かすかもしれません。

動画編集者はテレビの表現と同じように繊細さを
求められるようになっていくでしょう。

YouTubeのルール変更は突然おこり、内部のAIシステムも告知なしに
アップデートされているものです。

ブロガーがGoogleのクローラーのアップデートに一喜一憂したみたいに
YouTubeにも同様のことが起こります。

一寸先は闇という点は他のメディアよりもリスクが高いと言えます。

Macbookpro16が素晴らしい件

動画編集のスクールに通う価値はあるのか

このような動きの激しい中だからこそ
動画編集のスクールに通う価値に魅力を感じるかもしれません。
しかしそこには注意が必要です。

最先端の事情を学べるというのは期待しない方が良いでしょう。
そもそも構造的に同じものを分かり易く教えるために設計されています。
ある程度のレベル制限を設け、一般化されてしまうでしょう。
さらに言えばその内容を検討する段階で、最新のものではありません。

あくまで一般的なやり方になります。
そのためすぐにYouTube動画編集の最前線に立てるかと聞かれれば
実務をある程度こなして、現在のYouTube編集の特性を理解する必要が出てきます。

するとスクールで習ったこととは違うと
ギャップに戸惑ってしまうかもしれませんが、結局のところそんなものです。
新しいスクールだから最新事情にそくしているかは分かりません。

期待し過ぎないことが大切です。
しかしスクールは基本的なことを学ぶためにはわかりやすく
丁寧なので、基礎的な技術(普遍的な技術)を身につける分には
効率的で良心的なのではないでしょうか。

動画クリエイター向けストレス状態から早く回復する方法

ガラパゴス化するチャンネル

チャンネルのキャラクターはより強い色を求められるなり
そのキャラクターにあった編集スキルが必要になります。
動画編集者も一辺倒ではいられません。

それぞれのチャンネルには特徴があり、何がそのチャンネルの魅力となっているか
視聴者は何を見に来ているかを把握した上で編集に臨む必要があるでしょう。

例えばキャンプ系でもDIYタイプや自然の中で料理するASMRタイプなど嗜好があります。
それぞれにはスピード感や間、BGMの使い所や抜きどころがあり千差万別です。

YouTube動画編集者としてはそのようなタイプ別の編集ができるかなどが求められます。
このようなチャンネルの特質はより広がっていくでしょう。

それぞれの特徴を素早く再現できるスキルが
これからはより求められるのではないでしょうか。

Blackmagic Design DaVinci Resolve Speed Editor

YouTube動画編集者は生き残れるのか

ルールの変更速度、ガラパゴス化に対する要求を
汲み取れる応用力があれば生き残れるでしょう。

一般的な作業で生計を立てて生き残るは難しくなっていくように感じます。
結局のところ、YouTube動画編集としての経験とチャンネルの特質を汲み取れる特殊性を
身につけていく必要が出てくると思います。

そして単純な技術ではない、専門性となる部分が必要になり
参入障壁が上がっていくのではないでしょうか。

HSPでも動画クリエイターとして生きていく方法

 

関連記事

  1. クリエイター流、メンタル保持テクニック

  2. ノマドワークで世界を旅するコツ

  3. 営業活動中の失敗談

  4. 動画クリエイターのための睡眠障害対処術

  5. フレームレートって何?

  6. 動画クリエイターのための効率化術

  7. 美肌動画を最も簡単に作る方法

  8. Canon EOS 5D mk3の表示内容の解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP