商品紹介動画の作り方

商品紹介動画といっても商品によって変わってきます。
今回は、商品のパターンによって見せ方大きな違いの部分を紹介します。

まず、商品の特性からどんな作り方をすれば良いのか
考えていく必要があります。

商品の特性

商品がBtoC向けか、BtoB向けかの違いで一度分類しましょう。
この二つは見せ方が変わってきます。

何故なら欲している人の感覚が違うからです。
BtoB向けは主に商品のことがある程度イメージできる層へのPRが多く
画期的な要素も実際の仕事のフローの中においてはより効率化された内容であることなどであり
メリットを想像できる環境が整っていると言えます。

しかしBtoC向けの商品のPRは商品を知らない人向けのPRがほとんどです。
理由は、過去に自社の商品を知っている人はファンである可能性が高く
動画以外の告知で十分に周知できるためです。

商品紹介動画のターゲットはまだ商品を知らない人や
購入を検討している人向けへのアピールが優先されるためです。

これらの特性をまずは分類して
どのような紹介をしていくのが良いのか考えていきましょう。

工場紹介動画の作り方

BtoB向けの商品紹介のポイント

すでに商品の必要性や役割を理解している人に向けては
何がより良くなっているのか、具体的なメリットを紹介できるようにしましょう。

知りたいのはスペックや性能です。
実際にその商品を導入したことで、状況の改善が見込め想像ができるかが
ポイントになります。

カタログスペックで終わらないように
動画では、その性能が発揮されている様子が映し出せるようにするのをおすすめします。

性能が分かりづらい場合

製品によっては動画では性能が分かりづらいヶ所もあります。
それは製品が動かないものやパーツ単体である場合です。

パーツ単体では、性能を見せるシーンが再現できない可能性が高く
実際の商品が動画になっていても分かりづらいものです。

商品紹介ではそのような場合、動画または写真に説明を加えることで補足します。
性能を示す数値を商品に重ねて紹介します。

数値だけで分かりづらい場合には過去商品などの比較を出し
性能がどのように向上しているかが分かるようにしましょう。

リクルート向け社員インタビュー動画の作り方

何に貢献できるのかを示す

スペックや性能の詳細を紹介すると、次にもう一つの問題が生まれています。
それはスペックがどんな変化を齎すのか分からなくなります。

商品を使っている全ての人が製品の詳細知っているわけではありません。
詳細なスペックは知っている人には響きますが、商品について深く知らない人については
違いの差が分からずイメージできない問題が生まれてきます。

その解決策としてスペックや性能の向上が何をもたらすかを紹介することです。
可能な限り分かりやすい変化で表現できると良いでしょう。

・スピード
・生産性
・効果
・メンテナンス
・費用対効果

上記の要素で表現できるものがあればわかりやいので参考に表現できるものを
探してみましょう。

注意点はBtoB向けの商品でも卸している場合は、BtoBとBtoC両方の表現が必要になります。

BtoC向け商品紹介のポイント

BtoC向けの商品は様々あり一概にこれが大切だと言い切ることができません。
商品には様々な価値感があります。
ズレた価値感で紹介をすると、魅力として響きません。

・商品そのものが価値となっているもの
・幸福感や体験を生み出すもの
・生活を助けてくれるもの
・健康や病気、人を守るもの
・日々の生活で消費されるもの

マズローの5段階欲求を参考に当てはめて考えてみたいと思います。
マズローの5段階欲求は、人が感じる欲求の種類であり、これらは状況において変化するもので
下の段階の欲求が満たされると感じると高い段階の欲求を求める傾向にあるというものです。

日々消費されるものは、生理的欲求を求めるものに当てはまると考えられます。
健康や病気、人を守るものは、安全欲求に当てはまると考えます。

この二つは、マズロー5段階欲求の中では一番下と4番目に当たります。
現代の日本では、生理的欲求と安全への欲求は最低限満たされている感覚が一般的で
その点を考えると、重要度が低く消費的な傾向にあるのではと感じます。

日々消費されるもの

食料やトイレットペーパーなどの消耗品です。
品質は高く、安全性の高いものがすでにおおく販売されておりその違いを
明確に打ち出すのが難しい商品のゾーンです。

日々消費する必要があるため、低価格なものなら高額なものまで様々です。
どのような人にも必要とされるため、ゾーンが広い特徴があります。

日々消費されるものが商品の場合、
それぞれのターゲットに合った言葉で紹介するのが良いでしょう。

難しい言葉避け、可能な限り簡単な言葉で説明する必要があります。
見せ方で注意すべき点は、情報量の整理をするために情報スペースを作ることです。

背景がゴチャゴチャしていると情報が読み取りづらくなります。
だからと言って情報スペースにぎっしりと情報を埋めてしまうと
情報量が多く、混乱を生んでしまいます。

キャッチコピー程度の分量10文字〜30文字以内を目安に
紹介ができるのが理想的です。

この分量で紹介するためには、情報量を絞る必要があり
そのためにターゲットを絞る必要がでてきます。

地域プロモーション動画の作り方

健康や病気、人を守るもの

健康や病気に関する商品は永遠に消えません。

どの時代も生き残る商品が多いですが、時代の変化とともに知識がアップデートすることで
商品が陳腐化したり時代にそぐわないものになり更新を繰り返していくようなゾーンだと感じます。

これらの商品を説明で扱う場合一番の問題点は法律上の表現問題と効果に対する説明です。
説明として一番説明すべき部分が法律の兼ね合いで表現が難しくなっています。

動画においてもこの点は法律的にクリアしてく必要があります。
クリアした前提で説明に補足してく形で効果的なのが
実験の映像などを紹介に盛り込めるかがポイントになります。

商品を研究、検証段階での実験内容や結果、変化などが分かると安心感に繋がります。
利用者の感想などもありますが、優先順位は実証試験などの状況や変化の動画を
入れていく方が説明動画としては価値になります。

実証試験などがCMなどで使われないのは、動画の質が粗い場合が多い問題と
動画そのものが映像として不快感を洩らすものなどがあり良いイメージに
繋がらないなどあるからです。

これらの点を踏まえると嘘をつかないこと
盛りすぎないことが動画作りのポイントになります。

良い点を拡大解釈してしまいがちですが、今の人達は情報にも精通しています。
ポジティブな要素よりもネガティブな要素に強く反応する時代です。

そしてネガティブな要素が後から見付かると
社会の攻撃を受けやすくなります。

そのような状況は避け、誠実な表現をしていくのが
安全性を伴う商品の動画作りのポイントと言えます。

プロフェッショナル風動画の作り方

生活を助けてくれるもの

マズロー5段階欲求では社会的欲求を満たすものに分類できると思います。
今の社会で必要なものはある程度整っている環境の中でより生活を助けてくれるものは
社会的な地位や名誉に貢献する意味合いが強くあると感じます。

現在の主流は健康や時間に関する価値感、ライフスタイルの自由度が評価されている状況です。
これらの要素を叶えるために仕事と生活を両立させ、自由な選択、時間の自由の獲得に貢献できているかが
紹介要素のポイントになってくると感じています。

生活を助けてくれるものであっても付加価値としてこれらの説明ができないものは
日々消費される商品に近い価値感になってしまうかもしれません。

動画作りとしてはイメージ先行型になっていきます。
イメージ先行型とは、商品のある世界です。
商品のある世界で理想的な生活が出来ている状況を再現する動画になります。

ステイタスを感じる生活や選択が動画の中に盛り込まれていることで
理想的な生活のイメージに繋がっていることが想像しやすくなります。

説明内容も機能や性能よりも、想像的な言葉のチョイスが増やし
付加価値が何をもたらしてくれるのかが表現のポイントになるでしょう。

商品そのものが価値となっているもの

商品そのものが価値となっているものの例として
貴金属や宝飾品などが当たります。

これらは商品そのものが価値となっている他の商品と比べると特殊かもしれません。
ステイタスを購入するというのがマッチしている表現です。

そのため、商品そのものに価値を見出してもらわないといけません。
その価値は今までの生きるために必要なものではなく、身につけるだけで
自分の価値感を高めてくれるものに感じさせる必要があります。

そのためには、商品そのものがすでに評価されていること
それを社会的な常識にまで落とし込む必要があります。

ブランディングされた商品はブランディングを行ったのではなく
社会から評価されたことでブランディングされている商品になっています。

このような地位を確立できた商品は、宣伝文句を並べる必要はありません。
ステイタスを感じさせることが動画でも目的になります。

商品の良さは保証されているのが前提になっているからです。
説明が不要なのは、ブランディングされている商品は
商品の良さを理解出来知っているという前提のもの販売されているからです。

ですのでこれらの商品のCMにはほとんど説明の言葉がありません。
よりイメージ的なシーンが存在し、美しさを重視しています。

マズロー5段階欲求では承認欲求に当たる部分や実現欲求を満たされている段階です。
商品そのものが価値になっているものは4段階目の承認欲求がそこに当たります。

商品を手にするだけでステイタスが上がったと感じられる必要があります。
そして、手にしている人は価値の分かる知識と教養を兼ね備えている証明が商品になります。

このような商品の場合、動画で紹介する要素は多くありません。
ですが問題は、この方法を実現できるの商品がそれほど多くないことです。

信頼の技術が社会的に認められるには時間が必要です。
持つだけでステイタスになるには、更に歴史的な信頼を勝ち取る必要もあります。

そこまでの歴史がない場合には、商品紹介で有効なのは
インタビューです。想いや技術を開発者や生産者が自ら語り続けることです。

すぐに効果はありませんが、続けること、心から溢れる思いは
次第にステイタスに繋がる足がかりになります。

生の声を取り入れた商品紹介をすることで
ステイタスに繋がる表現が可能になります。

工場見学動画の作り方

幸福感や体験を生み出すもの

マズロー5段階欲求では一番高い自己実現の段階のものになりますが
価格帯は低いものから高いものまで様々存在し、バリエーションが豊かなゾーンです。
幸福感や体験はほとんどが付加価値なので商品そのもので作り出すのは困難です。
ですので、これらの商品はブランディングを含めた付加価値を加えた商品として
考えるのが良いでしょう。

幸福の定義は人によって千差万別です。
ですので、幸福を与える商品というのは特定できません。

ですので幸福感を売りにすることはできません。
できるのは、きっかけを作る体験を想像させてあげることまでです。

このような付加価値のある商品の紹介動画であれば、体験をイメージさせてあげることです。
多くの人が感じる幸福とはどんなものでしょうか。

一人で感じる幸福なのか、二人や家族で感じる幸福なのか
幸福感のあるシチュエーションを動画で再現し、
幸福感のきっかけが商品によって生まれる流れを作りだすことが大切です。

説明は導入や終わり間際の、余韻の中での問いかを入れていくことで
共感と購入への誘導を行います。

動画を作りたいけど分からない

実際に作りたいけれど商品がどのカテゴリーにマッチしているか分からない
それぞれの要素を含んでいてどこを目指していいか分からない。

そのような場合はご相談ください
相談は無料です。

ソラノウエクリエイティブワークスにご相談ください。

動画の制作依頼しなくても大丈夫です。
もし、一緒にやってみたいと思っていただけた時に改めてご相談いただければと思います。

ご相談は下記の画像をクリック

関連記事

  1. 会社案内ビデオの作り方

  2. 野菜のプロモーション動画の作り方

  3. CMの種類とヒットのパターン

  4. 良質なコンテンツとは

  5. 4K動画の発注は本当に必要なのか

  6. CXのための動画戦略

  7. シリコンパワー全開 Appleは世界を金のなる木に替えられるのか。

  8. WEB動画を使いこなす方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP