バイノーラル録音 ASRMに出てくるこの言葉、顔面マイクから考えるモデリングの世界

これまでにない変なマイク、それがバイノーラル録音

バイノーラル録音とは

耳の形を物理的にモデリングしたマイクです。
人間の耳を模した形を作ることで、より人間が聴いている環境に近い形での収録が出来るマイクになっています。

分かりやすい「学ぶ」形

やはり最初はパクっていくのが大事なんだろうなと思いました。
ついつい自分はパクるのが苦手なためオリジナルに走ってしまう傾向がありますが、
学ぶ上では真似ていくことが最良の選択なのではないかと感じさせてくれます。

バイノーラル録音のマイクはそのまま耳の形をしていたり、
人間の頭部を模して作ることで内部反響を疑似敵に再現したマイクなどがあり
パクるというお手本のような形だと思いました。

初心に帰り、パクる技法を使うのがいいなと改めて思いました。

関連記事

  1. ファーストステップで躓いてしまう時は

  2. 平和について思うこと

  3. 丸の内で撮影してきました。

  4. 次世代のリーダーシップ論

  5. ある一定の解決について

  6. テレビ出演のご報告

  7. 映像制作のバイトで重宝される人とそうでない人の違い

  8. 宣伝会議賞2次選考を通過しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP