ポジティブドラッグの罠

ポジティブでいることって大変ですよね。

気付いた事

ポジティブな感じがなくなるとモチベーションも下がって、自分が動けなくなる。
そんな事に気付きました。

その時の僕は色々と上手くいかず、落ち込んでいた時でした。
にっちもさっちもいかないので自己啓発の本などを読んだりオーディオブックを聞いて
自分を高めようとしていたのです。

しかし、そこに大きな罠があったのです。

借り物のポジティブはすぐに消える

ポジティブにも自分から沸き上がるものと周囲から触発されておきるものと二つあることに気付きました。
そして、周囲から触発されたポジティブは熱しやすく冷めやすいのです。

まるでストーブのように常に熱(エネルギー)を求めてしまう。

ポジティブがドラック化している

自己啓発系の最大のポイントは触発を促してくれることなのですが、自分のエネルギーではない場合非常に中毒性を生み出しやすいなと感じました。
僕自身、そのような状況になっていました。

落ち込んでいる状況を打破したくてずっと自己啓発の力に頼っていた時期がありました。
触発されてエネルギーをもらいますが、その力が持続するのが一日や二日です。

そしてコンテンツ自体もその鮮度が落ちてきて足りなくなってきます。
するともっと欲しい、もっと学べばきっと打開出来るとどんどんと溺れていってしまう感覚がありました。

これこそ、ポジティブドラッグの罠です

不安を受け入れ行動に変えていく

行動をするしか在りません。何よりも行動し自分を変えていくしかありません。
不安な時は友達に相談し、助けを求めるのも大切です。
答えよりも、助けてくれる人がいることを実感すると安心出来ます。

そうやって一つ一つ自分の底からエネルギーを出せるようになると良いと思いました。

関連記事

  1. テレビ出演のご報告

  2. 映像クリエイター向け営業戦略

  3. 喋り方の反省

  4. 目利きになり説明する力

  5. オーディオブログのタイトル、トゥモロー・ネバー・ダイについて

  6. オーディオブログにシフトしていこうかと思います。

  7. 宣伝会議賞2次選考を通過しました

  8. カメラを使う人の間違った努力とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP