クリエイター流、メンタル保持テクニック

繊細なクリエイターのために
どうしたら日々のメンタルを保てるかについて考えてみました。

メンタルは繊細さと結びついているのか

ニアリーイコールです。
繊細さはメンタルに影響を与えますが悪くするものではありません。

ポジティブな人や大雑把な人は
楽観的でネガティブな要素を忘れる術や
処理する術を持っています。

繊細な人はその術を持っていなかったり
処理する技術を活かせていない状況です。

とはいえアート性の高い仕事をしている場合には
感情の揺れ動きが重要な場合もあります。

不満や疑問、鬱憤などを凝縮し爆発させるアート作品を
活かしている場合には

感情が揺れ動かないような術を多様し過ぎてしまうと
そのようなアート性は欠けてしまうかもしれません。

アーティストでなくてもクリエイティブな
仕事をしている人にとって感性は大切です。

メンタルがブレないように忘却する術や
感情を遮断する術を覚えるよりも

揺れたときに素早くリカバリーする力

メンタル回復力に注力するのが
クリエイター向けのメンタルテクニックの基本と考えます。

周囲の言葉や評価に影響される場合

周囲の目や声が気になる人
集中できない人がいて自分の本領が発揮できない
場合には参考にしてください。

繊細さは理解されません。

自分自身の繊細さを理解してもらうには
同様の繊細さを持つ人でないと難しいでしょう。

ですので理解してほしい人には理解されない
構図になります。

信頼できる関係として長い時間一緒に居られれば、ゆっくりとした歩み寄りが
あるとおもいますが、ただ仕事の同僚などの関係性というだけでは
仕事の忙しさなどに忙殺されそのような繊細な点にまで気付くことは希です。

まずは自分自身の繊細さを理解してもらうように働きかけるのは
徒労に終わる可能性があります。

それよりも効果的な方法があります。

成果と結びつける

結果を作れば誰も文句を言えません。
その結果が繊細さやセンス、高いメンタルを保つことで
実現できたとなれば配慮されるようになります。

ですが結果作っただけでは周囲の人間は分かりません。
そこで初めて自分自身の繊細さやメンタルについて主張しましょう。

するとそこからは配慮がなされるようになるはずです。
何故なら、あなたが会社や組織全体に利益をもらたしたからです。

結果を出し、注目された時に自分について話しましょう。
自分はどんな人間で、どうされるともっとパフォーマンスを出せるのか。

そのような主張をホットな時に伝えるのがベストです。

誰もが自分の仕事を抱えていて忙しいものです。
思いのほか誰かに気を回していられるほど余裕はありません。

みんな関心を抱いている時に影響を与えておくのがポイントです。

誰かに影響を受けやすい場合にはけん制するような施策をとり
悪影響の種を摘み取り、自分のフィールドに変えていくように
心がけましょう。

日々のメンタルケア

環境を作り替えるのは時間と労力がかかります。

そんな中で消耗してしまわないように
日々のメンタルケアにも取り組みましょう。

メンタルケアには様々な方法がありますが
クリエイターのライフスタイルの特性から判断すると
ジョギングなどの運動するのが良いと感じています。

理由は以下の通りです。
・デスクワークの方が多いため
・遠くをあまり見ない環境のため
・運動不足になりがちなため
・自然環境に触れていないため

メンタルを保つには瞑想が良いと結果が出ています。
瞑想にも様々な種類がありますが、クリエイティブ職の場合
時間に関係なく仕事をしていたり
部屋にいると休みにならない場合が考えられます。

瞑想は一回やれば良いというわけではなく習慣として日々行っていくことで
半年、1年先で成果が出るものなので中々実感値を得づらく
しかも環境を切り換えるのが難しいと
感じている人が多いのではないかと思っています。

クリエイターの場合は強制的に環境を切り換えるのが良いと思っています。
外出する、連絡手段を限定するなどするのがいいでしょう。

メンタルを保つには自然の中にいるのが
効果的という結果も出ています。

その中で瞑想が出来れば理想的ですが
1時間以、時間を確保するのは難しいと思います。

ですので、運動して血流を上げる事で
パフォーマンスを高め、仕事の効率化を図り
長い睡眠時間を確保するように切り換えていくのが大切だと思います。

個人的にはジョギングによって風をきることで
全身の皮膚に刺激を与えるのも良い刺激だと感じています。
冷たさや強さ、風に舞う葉っぱや時折感じる花の香りなど
目と耳に集中していた神経が全身に広がっていく感覚は
自分の感覚をリセットするためにもクリエイター職ならば有効だと感じました。

内省する

自分の日々の気持ちをアウトプットすると心の内側に溜まっていたものが吐き出されます。
僕はエクスプレッシングライティングと5WHYを組み合わせて使っています。

メンタルが不安的な時は、どんな気持ちかをそのまま書き出します。
書き出すことで客観的になり、メンタルが安定していきます。

最初は書き出した感情に揺すられると思いますが、そのまま続けていくのが大事です。
整理する必要はありません。
「ムカつく」とかでも大丈夫です。
そのまま書き出し、次ぎに「何故?」と書いてその理由を書いていきましょう。
ループしてしまっても大丈夫です。
そのままループし続けながら書いていきましょう。

するとどこかで腑に落ちる理由が見付かります。
自分自身に腑に落ちる理由が見付かるとメンタルが安定します。

メンタルの不安定さは自分の中で整理できていない
モヤモヤの部分に原因があって、問題そのものではありません。

問題が理解できれば対処すべき道筋も見えて来るため
気持ちが安定してくるのです。

もし時間がとれない場合は

内省の時間を運動の合間で行うのも良いでしょう。
走りながら自問し、理由を吐き出していきます。
重い場合は、小声で喋ることをオススメします。

声に出すのと、出さないのとでは反芻に違いがあると感じました。
ですので、整理が難しい感情が高ぶっている時は
小声でジョギングの息継ぎの合間に声に出してしまいましょう。

睡眠と取る

精神状態の悪化は単純に疲労している可能性が高いです。
ジョギングなどのメンタルケアは体調が整っている上でのケアです。
自分自身の体力がマイナスの場合はゼロに戻すことの方が成果が得やすいです。

クリエイターはブラックな働き方になりやすく
睡眠時間が短い事が考えれます。

夜、何度も起きてしまってたりと深く眠れないなども
睡眠不足です。

睡眠不足は思考力や効率を更に悪化させるので
よりネガティブなループを作りやすくなります。

まずは寝ることです。
睡眠効果を高めるには、二つのポイントがあります。

・身体の歪みをとる
・身体の歪みを作らない

身体の歪みは骨の歪みです。
骨の位置を正しい位置に戻しましょう。
PCを長く触っている人は
前傾になりやすく首が前に出て猫背になります。

頭部は重要があるので骨の位置がずれると重心が変わり
骨ではなく首や背中の筋肉で支えなければならなくなり
肩こりや腰痛の原因をつくります。

骨が歪むと脊髄の神経を圧迫し、腰痛や麻痺など
身体の支障を来しやすくなります。

歪んだ状態をまずはフラットに戻すことからはじめてください。
骨は全身と連動しているので、一ヶ所を戻すのではなく

・首
・背骨
・骨盤
・頭

この4ヶ所を直すようにしましょう。
全身の骨を適正な位置に戻すと、頭痛がするかもしれません。
自浄作用なので受け入れましょう。

頭を入れているのは頭蓋矯正で鼻のつまりを直したり
顎、首との繋がりを戻し、すぐに身体が歪まないために効果が
あったと感じました。

適正な位置を大人になって知ることで
日々の仕事で歪みが発生した時も素早く気付くこともできました。

素早いケアは自分のパフォーマンスを高めることに繋がり
クリエイティブに集中する時間を増やすことに繋がります。

身体の歪みを作らない

オーダー枕で身体の歪みを防止するのが大切です。

正常な状態で寝ることに価値があります。
自分の身体にあった枕は身体の歪みを作りづらくなるので
投資すべき部分です。

枕の高さや形が合っていないと身体は歪みやすくなります。
寝ている時間は1日短く計算して6時間とした場合
6時間は枕を使用していることになります。
6時間は1日の中で1/4日に相当します。

身体に合っていなければ十分に歪みの原因になっていると感じませんか。

枕に数万を使用するのはもったいないとおもいかもしれません。
しかし、通院費や通院のための交通費や待時間の消費コストを考えると
すぐにお釣が帰ってくる投資だと思います。

枕はオーダーにしてください。
肩の位置と頭の位置、寝返りをうった時の位置がどれも変わらないような
調整ができる枕を購入することをおすすめします。

可能ならばベットや布団も買い換えを検討しましょう。
ベットの買い換え基準は、腰が落ちないかです。
横になって寝る時一番ベットに加重がかかるの腰とお尻の部分です。

ベットがへたるのは必ず腰の位置の弾力がなくなり
横に寝ている身体がくの字になってしまうのです。
すると、腰に負荷かがよりかかるようになり身体が歪み始めます。

経験上同じ位置に寝ている場合
1年で腰の位置は弾力が落ちてきます。

ですので、ケアができるまたは
サポートのあるベッドを購入するのがお勧めです。

自分が使っているベットはスポンジ型ですが
3ブロックになっていて、配置を変える事ができます。
(頭や足の部分にしておくとスポンジの弾力が回復してきます)

僕は半年でスポンジの位置を変えるようにして
長く使えるものにしています。

睡眠を促進させる

サプリメントで
ストレスによる睡眠不足を軽減する方法です。

睡眠不足には身体の歪み以外に日々のストレスや不安で
睡眠効率が落ちていることがあります。

サプリカントはストレス値を下げるものではありません。
自浄作用を高めて睡眠の質を高めるという考え方です。

ストレスが溜まると、腸の働きが落ちてきます。

すると悪玉菌が活性化しやすく酸化しはじめ
身体を傷付けはじめるので
腸の状態を整えることから始めます。

もう一つは興奮状態を落ち着かせるサプリです。
使用には注意が必要です。
常用するものではありません。

不安や怒りなどが寝ても収まらないような状況に時のみ
使うようにするようにしましょう。

このようなサプリは脳のレセプター(受信部)を誤認させ
落ちつかせるものなので、身体に耐性などがつきやすく
依存しやすくなるので最終手段として考えるのが良いでしょう。

メンタル保持テクニックまとめ

まずは、自分の状況をコントロールすることから始めましょう。
睡眠は精神の回復のために最も重要だと感じています。

メンタルのリカバリー、回復力をつけるには十分な睡眠が
ベースとなっていると捉えて
十分な睡眠を効率良くとるにはどうすればいいか。
そこを検討して改善していくのが良いと思います。

次ぎに環境をコントロールすることです。
環境を変えるのは時間が掛かりますし、結果が作れなければ
影響力を与えることも難しいでしょう。

そのため中長期戦になりますが、燃尽き症候群のようなバーンアウト
しないためにも周囲から計らいを受けやすいように
アプローチしていくことは長い人生の中では必要になります。

ぜひとも、メンタルを保ち高いパフォーマンスを発揮できるように
頑張って欲しいと思います。

関連記事

  1. ノマドワークで世界を旅するコツ

  2. センスを磨く方法

  3. UR-RT2の音を試してみる

  4. 映像クリエイター向け、自分自身の「売り」を見付ける方法

  5. 楽しいなんて最初は分からない

  6. iPhoneが使える。クリエイターにも戦略的な視点を

  7. 映像クリエイター向け、仕事のとりかたDM編

  8. Canon EOS 5D mk3の表示内容の解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP